続PUSH3日記 2023/06/20 ケーブルなどを揃える | 無理ない暮らし
当ブログはアマゾンなどアフィリエイト広告を利用しています。

続PUSH3日記 2023/06/20 ケーブルなどを揃える

スポンサーリンク
PUSH
この記事は約5分で読めます。

前回はトラブルだらけでした…

サポートにいろいろ問い合わせた返信がまだ来ないので、サンプリングなどの検証は後回し。たくさん質問して申し訳ないです…

あんまり体調も良くないので、今日はケーブル類などを注文しました。

スタンドアローンで運用することは自分の場合はないと思うのですが、いくつかケーブルを買い足すことにしたのと、スタンダード使う時に必要なアクセサリーについて考えることにします。

もし、自分がPUSH3をスタンドアローンとして持ち出す可能性があるとしたら、ギターのマルチエフェクター的に使うか、鍵盤の代わりに使うことになりますかね。リハスタに持っていくかもしれない。

そういう時は、ミキサーに繋いでということになるのでステレオフォンのケーブルがあった方がいいですね。

3mくらいあってもよかったかな。

あとは、ダメになってたのでOpticalケーブルを注文しました。

PUSH3スタンドアローンの動画を撮る時に、オーディオインターフェースのBabyface Proにつなぐ時に使ってみます。友達のところのFirefaceでも検証しようと思ってます。

ADAT接続できるので、多チャンネルのマイクプリやADAT接続できるミキサー買えば、PUSH3スタンドアローン単体でドラムを録ったりも出来はするんですよね。イメージ湧かないですけど…

ハードのシンセやリズムマシンが多い人が入力多いオーディオインタフェースにつなげてPUSHと繋いだりするのにいいと思います。

また、PUSH3のオーディオインターフェースにはファンタム電源がないから、スタンドアローンで使用したい時につなぐような用途で使うことはあるかもしれませんね。

PC絶対に使いたくない人にはいいかも。

created by Rinker
TASCAM
¥35,889 (2024/02/25 06:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

マシンライブやるような人ならこういうのにつないでADAT接続でPUSH3に取り込んでパフォーマンスもできますね。CVもあるので、そう考えるといろいろ面白いことできそうではある。

PUSH3は普通のMIDIではなくて、TRS MIDIケーブルで接続しなければいけません。

クラスコンプラインアントに対応しているMIDIのものだとPUSH3にUSB接続は出来る。私の環境ではLaunchPad Pro,Linnstrumentはつなげるから正直MIDIケーブルはいらないんですけど、検証のために買っておきます…

Ableton公式でもそのうち、TRS MIDIケーブルは取り扱うとのことです。純正で揃えたい方はしばしお待ちになるといいんではないでしょうか。

あ、本当に不本意ですけど、EV-1-WLはMIDIアウトもあるので、接続できるんですよね。気がついてしまった…

PUSH3のスタンドアローンでコントロールしたい人なら意外にいいのかな。ワイヤレスではなくなっちゃいますけど。

よく考えると、エクスプレッションペダルをPUSH3につなげるとしたらEV-1-WLは直接つなげる唯一のものかもしれません。

PCにワイアレスで接続するがスマートだとは思いますが…

クラス・コンプライアントのMIDIキーボードにエクスプレッションペダルつなげたらできるかもしれないですけどね。

MIDIラーンはPUSH3スタンドアローン単体ではできない。ですけどPCでライブセットを作って、MIDIラーンしてから転送すれば動かせるそうなので、また検証してみます。PUSH3のスタンドアローンでいろいろつなげて使いたい人は工夫が必要ですね。あ、Launch Controlも検証した方がいいですね…

自分はスタンドアローンで運用することはほぼないと結論は出てるんですけど、いくつかアクセサリーは買ったら快適になるかなと思ってます。

まずはスタンドですね。条件に合うもの、結構試さなきゃいけないかもしれない…

傾斜があった方が縦の距離が短くできるのと手首の位置を低くできるので疲れにくい。

今はMOFTの貼り付けるタイプのスタンドを使っていて、重宝してるんですけど、PUSH3のスタンドアローンだとヒートシンクがあることによって、使えなさそうなんですよね。

あと、熱が怖いです…

スタンドアローンではなくて、コントローラーモードで運用するのでそれほど困ることはないと思うんですけど、冷却ファンがあるようなもの考えた方がいいのかな…

PUSH3のスタンドアローンは重量もあるので、64パッドで鍵盤的なプレイしたりする時に揺れそうなのがちょっと心配なんですね。今まで大丈夫だったスタンドが耐えられるのか。

近くにDIYできるところがあるのでスタンド作ってもいいんですけどね。

あとは電源アダプタかな…また移動が増えるとしたら買い足しておきたいですね。

まだAbletonのショップでは扱ってないですけど。

電源ない場所でもやろうと思ったらスタンドアローンのPUSH3とモバイルスピーカーあればパフォーマンスはできるんですよねえ。こういう感じで。

ギター繋げればアンプシュミレーターも使えるし、ダイナミックマイクなら接続できる。

ドラムやシンセもPUSH3なら鳴らせるわけですし、エフェクトはSuiteまでいけば相当無茶はできる。

iLoudならかなりの音量も出せるので、カフェ的なところくらいなら出来そうではありますね。オーディオインターフェースも4アウトだから、音色選びながら即興もできる。

そう考えると凄いシンプルなセッティングでパフォーマンスできる可能性、あるんですよねえ。もしこういうのやるならモバイルバッテリーでも大きめのあるといいかもしれない。

PUSH3、色々可能性ありますね。安定して遊べるのが楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました