Maschine Mikro mk3は買いか?



Maschine Mikro mk3は買いか?

Presonusも150ドルくらいで新しくパッドを出して、いよいよMaschine mikroもmk3が出ることになりましたね。パッドのブームが来てるんでしょうか。

結論から言うと、Maschine Mikro mk3はフィンガードラムやってみようという人にとっては買いでしょうね。

海外では開封動画なども出ていますし、フィンガードラムやろうとする人には非常にいい機材ではないかと思っています。

音源に関しては、Selectではなく、多少絞られた形になっていますが、フィンガードラムなら充分だと思います。

どういうユーザーに向いているか考えてみました。

フィンガードラムをやってみたいという人には、パッドがMaschine mk3と同じなら一番に選択する機材になるかもしれないですね。レビューを見る限りではMaschine mk3の上半分がなくなったようなものですから、同一みたいですね。凄いことです。

鍵盤は持っているけど、パッドは持っていない

特に‪komplete kontrol‬持っている人には凄く便利だろうと思います。Maschine mk3との違いはディスプレイとオーディオインタフェースの有無。

‪komplete kontrol‬持ってる方は、NKSがあるのでディスプレイなくても不便ではないでしょうし、既にオーディオインタフェース持っていらっしゃる方が多い。

パッドの反応の良さは好みはあるにせよ、Maschine mk3は最高クラスですから、パッドが同じなら追加で購入するのはアリだと思います。Maschine mk3はかなり場所とりますしね。

フィンガードラムをはじめてみようという人

MacやiPhoneならMPD218がGarageBandを使えばもっとも安価に出来たわけですが、Windowsユーザーはなかなか難しかった。

ソフトも用意しなければいけないし、オーディオインタフェースも用意しなければならない。

新しいMaschine mikro mk3 なら後はオーディオインタフェースを購入すれば良い。

フィンガードラムするときの最大の難関は、MIDIマップだと思います。とりあえずキット呼び出しさえすれば叩けるし、一音ずつ呼び出すのなら難しくない。レイアウトが面倒ではないのはメリットです。

当ブログにはいろいろMaschineの記事ありますので、購入検討される方はよかったら。

Maschineでプリセットのキットをフィンガードラミング用にレイアウトする時の簡単な方法

MaschineでDrumlabのキットをフィンガードラミング出来るように配置を変える方法

Maschineでサンプルが重なって再生されて困る場合 MPCからの移行組とLive使っている人は注意

MaschineのKitの概念 InstrumentとGroupのkitの違い ステップシーケンサーも挙動が違う

Maschineの使い方を知るのに便利なサイト それとちょっとキーボードショートカット 2018/09/10更新

では、Maschine Mikro mk3が向いている人について考えてみます。

はじめてMaschineを買ってみるひと

Maschineはコントローラーでできることと、PCで出来ることが結構わかりにくい。

でも、もうサンプルの処理はPCでやると割り切ったら、覚えるのも早いと思います。

これと、新しいKomplete Kontrolシリーズ組み合わせたら非常にシンプルなセットアップでいいんじゃないでしょうか。

旧Mikroユーザー

パッドが同じなら買い換える価値はあると思います。私mk3買った時に、Mikroとこんなに違うのかと驚きましたもの。Peform FX使いたい人にもいいと思います。

デスクを広く使いたい人、持ち出ししたい人

Macならオーディオインターフェースなくてもレイテンシーは詰められますし、スペース広く使えると思います。

出先にMaschine mk3持っていくのはマジできついんで、外にちょっと持ち出してみたいう人にはいいですね。

Maschine mikro mk3が向いていないだろう人

Maschine mk3のユーザーは必要ないでしょうね…

あと、コントローラーで高速に編集したいひとには向いてないと思います。サンプルをコントローラで切り出したい人には残念ながら向いてない。

Group切り替えがGroupキーを押しながらなので、ライブのときはちょっときついかも。とはいえ、これだけコンパクトなのは魅力ありますね。

Maschineの場合は編集はPCでやった方が早い事も多いので、それほどデメリットにはならないかもしれないですけれど、PC触りたくないという方にはStudioかmk3が良いのだと思います。特にサンプリングを多用して、コントローラーで編集したい人はMaschine mk3がやはりいちばんいいと思います。

Maschineだけで完結させたいひと。

ちょっと音源は不足するかもしれないですね。‪komplete selectなら、エレピ、生音系とあるのでヒップホップ作りたい人はそれだけでなんとか出来る。とはいえ、Drumsynth,Basssynth,Massive,Monarchとあるので、これだけで出来ないということはない。

これだけで完成させたいなら、Maschine mk3。オーディオインタフェースがあるので、他に買わなくて良いですしね。棲み分けできてますね。アナログを取り込んだりする人ならやっぱり便利。

サンプリングの扱いが大きく違うということを留意すればいいのだと思います。

まとめ

とはいえ、Maschine mk3のパッドと同じなら、この値段は価値がありますね。

私、Maschine mk3持ってなかったら、恐らく買ったと思います。オーディオインタフェースも持ってましたし、Ableton PUSH2もあった。

Ableton PUSH2持ってるのになんでMaschine mk3買ったのか

ここにも書いたように、本当にはじめはあのパッドのために買ったんですから。

それだけの価値がある。

9/18の発売が楽しみですね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です