Studio Oneで自由自在

Studio Oneで自由自在 Studio One
スポンサーリンク
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと  Chorderは便利

AbletonにはChordというMIDIデバイスがあります。 コードをプログラムできるものですね。指一本でコードが弾けるというやつです。昔のシンセなんかにもついていましたね。 6音まで音を追加出来る。STは半音の略です。 ...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと MIDIのルーティング

Scalerなどのコード入力支援ソフトを使う場合、MIDIのルーティングを工夫する必要があります。一本指でコードを弾けても、それをコードとして編集できなかったら絶望ですよね… ちょっとAbletonとルーティングが違います。 ...
Ableton

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと スクラブ(クリップ内部の移動)

スクラブというあまり知られてない機能があります。FLユーザーは使いまくってる印象がありますね。 こういうやつですね。クリップ内部を前後に動かせます。 option+shiftでクリップ内部を前後できます。 Cmd+...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと ブラウザとMusic Loop

Abletonのユーザーライブラリは非常に便利。クリップやトラックをユーザーライブラリにドラッグ・アンド・ドロップすると、MIDIデータ、エフェクト情報、Instrumentsの情報などが保存されます。 トラックをユーザライブラリの...
Studio One

OmnisphereをAtom SQでMIDIラーンする時の方法

Atom SQはAuto Fill inという強力な機能があります。パラメーターが少ないものならAuto Fill inを押してツマミをいじれば快適に使えます。 ですが、Omnnisphereは内部パラメーターが20,000以上ある...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと Abletonからオーディオクリップをドラッグして移動できる

そのまんまですね。ちょっとだけStudio Oneでメロダインを使いたいとか、Abletonのエフェクトを使いたい。そういうときはD&Dすればオーディオなら簡単に移動できます… AbletonからもStudio Oneからも...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと オートメーションの種類

Abletonの場合はオートメーションを書き込む場合はマウスを使ったり、録音ボタンを押してオートメーションを記録します。 ツマミをいじってオートメーションを記録したい場合は、オートメーションアームを押して録音です。 囲ってある...
Studio One

ATOM SQは便利 Studio Oneでの使用感

ATOM SQはAbletonとStudio Oneで使える高機能なMIDIコントローラ。 Abletonでの使用感は以前記事にしました。 Studio Oneを使うようになってから毎日ATOM SQを触ってきまし...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと ステレオからモノラルファイルに変換

Abletonの場合は、ミキサーはステレオチャンネルです。モノラルで処理したい場合は、Utilityを使う必要があります。 キック、ベースと言った低音を担う楽器だけじゃなくて、スネアなんかもモノラルで処理したかったり、モ...
Ableton

AbletonとStudio OneとMASCHINEをどう使うか考える

Studio Oneを導入して1ヶ月半。ほとんどの作業をStudio Oneでやってみてある程度使えるようになってきました。 Abletonをここ何年か一番使っていたわけですけど、Studio Oneを使ってみることで、いろいろ見え...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと マスタートラックのオートメーション

AbletonもStudio Oneもオートメーションを書くのは得意。Abletonの場合、マスタートラックにオートメションのエンベロープを描く場合はAキーを押して表示させてエンベロープを表示させて変形します。 Aキーを押して、オー...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと サンプルのスライス

Abletonはオーディオ編集が得意。Simpler,Drumrackの連携などで極めて快適に使えます。 Studio Oneを使うまでは、サンプリングに強いイメージが無かったのですが、なかなかどうして強力です。Abletonでも、...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと  グルーブを抽出

Abletonの便利な機能に「グルーブを抽出」というものがあります。ドラムループからグルーブの抽出をして、ベタ打ちのドラムに適用したり、色々楽しい機能です。 Studio Oneでも同じ機能がありますが、やり方が違います。A...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと Audio To MIDI

AbletonのAudio To MIDIではなかなか強力です。Studio OneはMelodyneが付属しているので、精度はもっと素晴らしいです… やり方です。 右クリックして、Melodyneを編集を選択。ショートカット...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと パラレルプロセッシング

AbletonにはRackという機能があります。レイヤーを簡単にすることが出来たり、パラレルプロセッシングが簡単にできます。重宝している方も多いんではないでしょうか。Studio Oneでも簡単にできます。 パラレルコンプなんかビン...
Studio One

ATOM SQは楽しい Abletonでの使用感

AbletonとStudio Oneを併用するようになったので、純正のMIDIコンであるATOM SQを導入しました。 ATOM SQについての情報は思ったより少ない。 ですので、Abletonを多く使ってきたユーザーの視点で...
Studio One

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと  2022/01/20更新

Studio Oneを使い始めて快適に使えています。とはいえ、別のDAWなので流儀は違います。 今、100ループを作りながら新しい機能を覚えるということをやっているのですが、その中で気づいたことなどを書いていこうと思います。 ...
Ableton

Studio OneとAbletonをどう使うか考える

Kiteさんにお題をもらって純正のパッドがあるDAWがあるものを比較したところ、譜面機能が強い、情報量が多いStudio Oneがハーモニーを学ぶのに良いDAWではないかと気づいたので導入しました。 もちろん、お題をもらったからだけ...
Studio One

DTM初心者が理論を理解した上で、コード、メロディを打ち込めるように最短でなるにはどうしたらいいのか第3回 Studio Oneを使って思ったこと

ここのところ、DAW初心者がハーモニーを理解して、打ち込めるようになるにはどうしたらいいか考えていました。パッドフレンドのKiteさんにお題を頂いたのですが、非常に深いところまで考えざるを得なかった。 このブ...
スポンサーリンク
うりなみをフォローする
タイトルとURLをコピーしました