やっぱりケトルベルは面白い



やっぱりケトルベルは面白い

ケトルベルのトレーニングを始めてから1年が過ぎ、少しずつフォームは固まってきて、適正なトレーニング量もわかってきたように思います。

どうしてもパワーリフティングのトレーニングに慣れてしまってるので、多くのセット、多くのレップスに慣れなかったのですが、だいぶ体が慣れてきました。

私の場合は体力レベルが低いので、インターバル長めでやってます。

この辺りはパワーリフティング的なトレーニングかもしれないですね。

ケトルベルもフォームが大事だという事を実感してます。基本種目のスイングも深く振り下ろすともっと腹筋使っていることを感じました。もちろん、初めから完璧なフォームは無理なので、思考錯誤しながらやってます。

インターバルの間に動画を見たり本を読んだりして正しいフォームを覚えようとしてますが難しいですね…

だからこそ少しずつ改善していく面白さがあるわけですけど。

ケトルベルの面白いところのひとつは、心肺機能を高めようと思ったら軽い重量でやればいいこと。

いろんな重量あっても困ることないですね。

私は膝が変形していて、足首も何回か折っているので、ジョギングやウォーキングはちょっときついんですね。

でも、軽めの重量にしてスナッチやれば充分訓練出来る。

プールで歩行訓練というのもかなりやったんですけど、仕事が忙しいときはそれも難しい。

ケトルベルなら家でも出来ますしね。

24時間営業のジムも大分増えましたけど、夜に外出したくないという方もいるでしょうし、省スペースで全身鍛えられるケトルベルは持っていると色々使い方あって楽しいです。

新しい種目を覚えたりする時は軽い重量でやればいい。軽いものでもダブル・クリーンなんかだと一気に難しくなる。

体幹もの凄く使いますしね。いろいろな重量を少しずつ買い足していったのですが、どれも使い所ありますね。

ケトルベルの手軽さは、やってみないとわからない。

疲れて帰ってきても、ケトルベルスイングちょっとだけやろうというのは出来ますし、トレーニングするときの閾値を下げてくれるのは、社会人にとっては嬉しいですね。

ダンベルでもトレーニングできますけど、フラットベンチおいたりするのはそれなりに手間ですもんね…

一年やってわかったことは、本当にたくさんあります。

いろんなメリットが自分にはありました。

  • 肩の稼働域が広がった
  • 姿勢が良くなった
  • 今までやったことがない動作を訓練出来た
  • 上半身の筋肉量が増えた

自分にとっては肩の稼働域が広がったことは嬉しいですね。クリーン、ジャーク、スナッチなんかはバーベルではとても出来ないですけど、ケトルベルなら出来ます。

どうしても動かないところをかばうように体は動いてしまうのがなくなって、随分楽になりました。

姿勢が良くなったのは、上背部が鍛えられたからでしょうね。

僧帽筋はデッドリフトやらなくなったので落ちるのではないかと思ったのですが、そうではなかった。

広背筋をものすごく使うので大胸筋とのバランスが取れたんだと思います。あと、ベントプレスで胸郭が大分開くようになったのもあるのかもしれません。

女性だと、猫背や筋力不足で肩こりや冷えも男性よりしんどいと思うのですが、スイングやれば大筋群も鍛えられるし、いいんだろうなと思います。

健康目的なら手軽さがなんと言っても続けるために重要だと思うんですが、ケトルベルはちゃんとしたフォームをマスターするのは難しくても少ない種目で全身を鍛えられる。短時間、省スペース、導入の費用はかかると言っても、ジムにいくよりはずっと安いですしね。

運動習慣がない人や、経験がない人にもいい。家で1畳のスペースがあればできる手軽さは、素晴らしいです。

そして、ウェイトトレーニングをやってきた人にもいいと思います。

ベントプレスやゲットアップは今までやったことがない動作で、ちゃんとしたフォームでやろうとするには、柔軟性がないと出来ない。訓練になります。違った刺激入りますしね。

そして、やったことがない動作というのは身体操作が上手になるんですよね。色々気づくことがあります。

新しい種目をやる時は、本当に軽いケトルベルからやっていって、少しずつ出来るようにしていきました。

正しいフォームでやろうとすると、弱いところがあるとあげられない。

パワーリフティングだと、強いところをどう上手く使って、体全体であげることを考えますけど、また違う。

その過程で今まで鍛えられなかったり、弱かったところも鍛えられてきて、バランスが取れてきたのかなと勝手に思っています。

今まで、上半身は意識的に鍛えてこなかったこともあるんでしょうが、大分筋肉量が増えたなと感じました。

まあ、どんな動作でも上半身使わないものないですからね、ケトルベルの場合は…

負荷のかけ方やプログラムの組み方を工夫すれば筋肉量も増やせるし、絞る事も出来る。

ケトルベル 、奥が深くて楽しいですよ!

created by Rinker
プレスポ
¥940 (2019/09/19 00:06:59時点 Amazon調べ-詳細)

シェーカーを新調したのですが、これ、今までの中のベストです。シェーカーのレビューなんかやっても仕方ないと思うんですが、やってもいいですね・・・

これ、鉄の部分(スプリング?)が入っていて、プロテインがダマになりにくくなってます。DNSのシェイカーとか、マイプロもダマにならない工夫してあるもありますね。ですけど、これは、更に優れている。

分離して取り付けるアタッチメントみたいなものがあって、アミノ酸とかプロテインも入れていけます。会社に持っていくときなんか、プロテインやアミノ酸を入れるのにわざわざ荷物増やすのはダルイですけど、これでだいぶ解消されると思います。

更に、洗いやすい。プロテインシェイカーでこぼれにくくなると、なかなか洗っても落ちにくかったりして嫌な気持ちになったことありませんか?

これ、洗いやすいです。よく使うものの質が上がると生活の質が上がりますね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です