時間を買うこと



時間を買うこと

時間はおよそ何にでも変換可能で、有限な資源だ。

人間はあまりにも多様で共通しているところはほとんどない。が、誰もが、生まれ、死ぬことは共通している。

生まれた瞬間から、死に向かって歩みをはじめ、必ず到達する。

時間が制約条件にならないものは存在しない。

自分が好きな、仕事、音楽、トレーニング、料理といったものも、全て時間が関わっている。人間が時間的存在である以上当たり前だが。

金銭は、さまざまなものに変換可能だが、時間と金銭を比較した時に、時間の方が希少な財となる。

時間と労働を交換することで、金銭を得る。

その財で、時間を買うことはある程度までは出来る。家事労働を減らすことは、時間を買うことにほかならない。

だが、金銭で死から逃れることは出来ない。

もちろん、病気の時に、適切な治療を受けられたり、食事に気を使えたりもするだろう。

が、最後には金銭でも交換不可能な時期がやってくる。

だから、金銭で時間を買うべきだ。

今までもそうやって考えてきたつもりだったが、甘かった。

体が悪いということは、あらゆる面で不利だ。健康な人に比べれば、残された時間も少ない。

その上に体調の悪さに耐えていることが多いので、一日に使える時間も少ない。

だからこそ本当に無駄なく行動する必要がある。

自分が弱者であることを忘れてはいなかったか?

丁寧さを時間を掛けることと勘違いしていなかったか?

仕事のほとんどが時間を管理する仕事なのに、自分の時間の使い方は甘くなかったか?

記録があって、なんとか回るからこれで良いと思考停止していなかったか?

時間を買うことは今までもやってきた。が、それに綻びが見えて来ているのは、時間がないから。

頭を整理して、時間の使い方を考えるのがおざなりになるのは、自分に余裕が無く思考をまとめられていないからだ。

時間がないのは時間に余裕を持てないから。まさにトートロジー。

自分ができる対策は、時間の使い方を考える時間を買うこと。

仕事を減らせば収入は減るが、その分時間は増える。これは時間を買うことでもある。

トレーナーに習うことだったり、自動化できる機械を買うことでもある。これも時間を買うこと。

不快さをお金で解決できるなら、それは金銭を時間に変換したうまい使い方だ。

何が人生の幸福度をあげるか知らない。そんなものは人によって全く違うはずだ。

ただ、自分にとっては、好きなことに使った時間が一日に占める割合が多ければ多いほど、その日は充実していたと言える。

結局のところ、その積み重ねが生きるということだ。

さらに時間を買うには

 

 

 

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です