Ableton

Ableton Ableton

Ableton PUSH2のユーザーなのでPUSHの記事が多めです。
Ableton PUSH2を使うにはAbleton Liveの機能を知ることが必要ですよね。ただでさえ面倒くさいDAW、言葉がわからなくて絶望しないように初心者でもわかるように、使い方、使うためのやり方、考え方などを書いています。

スポンサーリンク
Ableton

Ableton ループブレイスの伸縮

ループブレイスの移動、パンチ・イン、パンチ・アウトやループ範囲、書き出しによく使いますよね。 ノートを伸ばすのはShift+カーソルでできるのに、できなくて絶望しそうになりますが、大丈夫です。 cmd+カーソルで移動できます...
Ableton

Ableton 新規MIDIクリップの作り方

セッションビューしか使っていなかったところ、打ち込みをしてみようと思って、アレンジメントビューでダブルクリックをしても1小節のMIDIクリップしかできない。 4小節のコード進行があったとします。リアルタイムで録音するなら問題ないけれ...
Ableton

Abletonでインストールしたプラグインが見つからない場合にやること

DAWを始めたばかりだとあらゆることが宇宙語ですよね… VSTプラグインを買ってインストールしたものの見つからない。 そんなことがあったら絶望してしまいますね… 大丈夫です! 特にVSTプラグインをインストールする...
Ableton

MX Ergo に登録してあるAbletonのショートカットキー

自分へのメモです。 MX Ergoはジェスチャーを使うと大量のショートカットキーを記憶させられるので重宝してます。作業の時にログを取って定期的に入れ替えてます。自分に取ってはこれが今よく使う設定ですね。 Bのドローモー...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール ブルーススケール

使用頻度が高いスケールの一つにブルーススケールがあります。 マイナーペンタトニックスケールにb5が加わったスケールです。メジャー・ダイアトニックの進行やドミナント7th、いわゆるブルース進行などにも使えて便利です。 マイナース...
Ableton

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと タイムストレッチが機能しない場合

Studio OneもAbletonと同じく、一度録音したものはテンポを変えても追従します。 通常は、タイムストレッチを選んでおけば問題ない。 インスペクタでタイムストレッチを選択する テンポを変えると、でもアレンジメン...
Ableton

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと メモは複数ある

DAWで共同作業したり、大きなプロジェクトで必要になるのはメモですね。 Abletonは「インフォテキストの編集」でメモを残すことが出来ました。 実用的なものはトラックにメモを貼り付けることですが、残念ながら視認性...
Ableton

Abletonのインフォテキストを編集はまあまあ便利

誰かと一緒に作業している時に、DAW上にメモを残したいことありますよね。 このトラックをこう処理してほしいとか、作業の履歴なんかも残っているとはかどりますね。あと、自分へのメモとか。忘れますよね… そういう時にまあまあ便利なの...
Ableton

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと 選択をバウンスとグループ化など

Abelonの場合、サンプルなどを切り刻んで一つのクリップにする場合は、「クリップを結合」すれば問題ありません。 Studio Oneの場合はオーディオイベント(Abletonのクリップに相当するもの)をひとまとめにする...
Ableton

クリップを結合は地味だが便利

ヒップホップをやっている人に限定されるわけではないですけど、サンプルなどを切り刻んで配置を変えることは多いですよね。 ドラムなんか特にそういうことは多いんじゃないでしょうか。simplerでスライスして、ドラム組み替えたりなんかしま...
Ableton

Abeltonでパラアウトする場合の考え方

パラアウトとは複数の楽器がある音源のトラックを個別に出力する方法です。Kontaktみたいなマルチティンバー音源やドラム音源なんかでパラアウトすることが多いんじゃないでしょうか。 一番使うのはドラム音源だと思いますので、Ableto...
Ableton

MaschineをAbletonで使う時に覚えておくと便利なこと ルーティング パターンやプロジェクトを活用する方法 

MaschineのExpansionsなどにはパターンやProjectがあってなかなか便利。 でもMASCHINEで細かい編集は難しい。前回はMaschineのドラムのパターンをAbletonのDrumrackでコントロールする方法...
Drumrack活用法

Drumrackの始点を変更する方法

小ネタです。 cmdキーを押しながらドラッグ、またはCmdキーを押しながら上下カーソルでDrumrackの始点を変更できます。デフォルトではC1ですが、任意の場所をパッドの始点に設定できるということですね。 Maschineな...
Ableton

MaschineをAbletonで使う時に覚えておくと便利なこと ルーティング Drumrackの活用

Maschineは単体でビートメイクもフィンガードラムもできる機材。 でも、長尺の曲を作ったり、構成が複雑なのを作る場合や、生楽器の録音をすることは、できるけれども得意なわけではない。 Maschineのいいところは、PCの画...
Ableton

AbletonユーザーがStudio Oneを使うときに覚えておくと便利なこと スクラブ(クリップ内部の移動)

スクラブというあまり知られてない機能があります。FLユーザーは使いまくってる印象がありますね。 こういうやつですね。クリップ内部を前後に動かせます。 option+shiftでクリップ内部を前後できます。 Cmd+...
Ableton

AbletonとStudio OneとMASCHINEをどう使うか考える

Studio Oneを導入して1ヶ月半。ほとんどの作業をStudio Oneでやってみてある程度使えるようになってきました。 Abletonをここ何年か一番使っていたわけですけど、Studio Oneを使ってみることで、いろいろ見え...
Ableton

Studio OneとAbletonをどう使うか考える

Kiteさんにお題をもらって純正のパッドがあるDAWがあるものを比較したところ、譜面機能が強い、情報量が多いStudio Oneがハーモニーを学ぶのに良いDAWではないかと気づいたので導入しました。 もちろん、お題をもらったからだけ...
PUSH勉強会

PUSH勉強会終了のお知らせ

2018年11月からやってきましたPUSH勉強会、年内を持ちまして終了いたします。 参加してくださった皆様、心より御礼申し上げます。 勉強会に参加してくださった皆さんのおかげで200回を超える勉強会を行えました。 楽しく...
Ableton

R&B的なグライドするパッドをAbletonのWavetableで作ろう

こういうやつですね。 昔のBoogieとか、Electroで使われてた音、最近また聞くようになりましたね。グライドするパッドとでも言えばいいんですかね。 ちょっとノスタルジックな感じがするやつで聞いたことがあるんじ...
Ableton

詳細ビューのちょっと便利なショートカット

小ネタです。というか、超小ネタやな… シフトキーを押しながらマウスホイールすると横スクロールです。ラックが巨大な時便利です… 詳細ビューでピアノロールが表示されている時、Hキーを押すとサイズに合...
スポンサーリンク
うりなみをフォローする
タイトルとURLをコピーしました