叩いて覚えるコードとスケール 第12回 ハーモニック・マイナー・スケール



叩いて覚えるコードとスケール 第12回 ハーモニック・マイナー・スケール

さ、分量減らしてどんどんいくで。

音源作ろうと思ったんやけど、徒然草の100日の鯉ではないけど、毎日ビートを作ることにしたので、音源はまた後にするわ。こういうコード進行のやつだとちゃんとMaschineで作らんとあかんから、それなりに時間がいるのよ…

まあ理由がそれだけじゃないんよ。

ハーモニック・マイナー・スケール、メロディック・マイナー・スケールのダイアトニック・コードの特徴とも関わるところでね。ハーモニック・マイナー・スケール単体のコード進行を作ってもあんまり実用的じゃないんやね。マイナー3種全体やってからコード進行の例をあげたほうがわかりやすいしね。

んじゃ、解説に行くよ。

Cハーモニック・マイナー・スケール

はい。これがCハーモニック・マイナー・スケール

C D Eb F G Ab B
R M2 m3 P4 P5 m6 M7

うーん。中近東というイメージかな。なかなかにメロディーだと使いにくい印象があるかもしれんね。

んじゃ、Cナチュラル・マイナースケールと比較してみようか。

C D Eb F G Ab Bb
R M2 m3 P4 P5 m6 m7

違うのは、第7音がm7(短7度)からM7の長7度になっているということだね。

スケールを覚えるときには、何かのスケールとの共通性を考えて覚えるのが大事やと思うよ。もちろん最終的には覚えるんやけれど、どこが違うかということを考えていくといろいろ見えるところがあるんやよね。

これ、なんでm7がM7になったか理屈を考えればよい。それは、ドミナント・マイナーは弱い進行だったね。

それは前回説明した。

叩いて覚えるコードとスケール  第11回トニックマイナー、サブドミナント・マイナー、ドミナント・マイナー

ドミナント・マイナーととドミナント7thの違い

ドミナント・マイナーは解決が全音2つという形で弱い。ドミナント7thはトニック・マイナーにも半音の動きを作り出せるから強い。

だから、ハーモニーを強化したものなんやという理解してくれるといいね。

あと、普通にトニック・メジャーに転調するのも簡単。半音2つの解決の動きがあるからね。

マイナーⅡⅤ

そして、大事なのは、マイナーⅡーⅤと言う頻出の動きは覚えて欲しい。ある種非常にジャズらしいと感じるパッドフレンズもおると思う。

コードネーム Cmmaj7 Dm7(b5) Ebmaj7(#5) Fm7 G7 Abmaj7 Bdim7
構成音 C,Eb,G,B D,F,Ab,C Eb,G,B,D F,Ab,C,Eb G,B,D,F Ab,C,Eb,G B,D,F,Ab
構成音を度数で表すと R,m3,5,M7 R,m3,b5,7 R,3,#5,M7 R,m3,5,7 R,m3,5,7 R,3,5,M7 R,3,b5,7
ローマ数字表記 Ⅰmmaj7 Ⅱm7(b5) bⅢmaj7(#5) Ⅳm7 Ⅴ7 bⅥmaj7 Ⅶ7dim7

4和音で書いてみたよ。

はい。このモードにしてくれる?それでパッド叩いてほしいんやよ。いきなりトニックのマイナー・メジャー7から怪しさ炸裂やな。

あとEbmaj7(#5)もお箸の国の人にはびっくりするような響きやと思うね。新しいジャズだと普通に出てくるからパクチーみたいなものかな…

ちなみにオーギュメンティッドメジャーセブンスと呼びます。オーギュメンティッドはいまだとARという言葉が使われるからイメージはしやすいかな。5度が「拡張した」ということ。ディミニッシュは「減ずる」だから5度が半音下がったと理解するとこういう宇宙語も理解しやすくなるね。まあ、英語やと分詞の形容詞的用法やからディミニッシュドやね。

こんなん慣れやからね。本当、用語は統一してほしいと思うけどなかなかうまくいかんな。辛抱して。できるだけわかりやすいように説明するからね。

そして、このコードは慣れるまでは気持ち悪いかも。ポップスではまず使われないけど、聴いてくるとなれてくる。

この中でパッドフレンズが良く使うのはマイナーⅡVだね。

これ、メジャーのⅡⅤに比べるとめっちゃ強い進行に感じたフレンズおるかもしれんね。

Ⅱm7(b5)からⅤ7はなんや、ワシの甥は「こういうのエモいっていうんやろって」と言ってた。まあ、中学生からしたら「エモい」すら古いらしいな…

精神年齢が実年齢+60歳のワシにはわからんな…

ただ、そんなワシでも理屈は説明できる。これ、G7の構成音のD,Fをオクターブ下げたのね。そうすると半音2つの動きがあるのは分かるよね。

そして4度上の動きは超強かったね。D-Gの動きやね。ドミナントからトニックの動きがなぜ強いかはここで説明した。

叩いて覚えるコードとスケール 第5回 トニック、ドミナント、サブドミナント

トニックへの半音の動きが入ってるわけではないけど、半音の動き2つはいっているということはやっぱり強いんだと覚えておくといい。半音で動きは今後ボイシングを考える上で重要になってくるから頭にいれておいてね。

パッドフレンズが曲を作っていたら、Ⅱm7ーⅤ7の進行を使っていたら、Ⅱm7(b5)-Ⅴ7に変えるのもありよ。

実際、これはハーモニック・マイナー・スケールから出来たものだけれど、メジャーキーでもたくさん使うんだよ。

だからね。ハーモニック・マイナー・スケールから作られたコードだけで曲を作ることは少ないんだよ。

実際にはマイナーの曲の場合は、ナチュラル・マイナースケールのダイアトニック・コードと組み合わせることも多いんや。マイナー1625とかになると、メロディック・マイナー・スケールからの組み合わせもあるので、実際マイナー・スケール3種のダイアトニックを組み合わせてマイナーの曲は作られることが多いんやね。

そして、サブドミナント・マイナーなんか、メジャー・キーの中で一時的転調として使う例もたくさんあるからね。

トニック・メジャーのCmmaj7もそれ単体でつかうのはジャズではあるけれど、どっちかというとクリシェで使うほうが多い。クリシェってのはコードの構成音を半音ずつ移動していくようなコード進行やけどね。そう言うので使う方が多いんよ。

なので、別項目に分けます。

さ、次のメロディック・マイナー・スケールでマイナー・スケール3種も終わり。終わったら、マイナーのコードでよくある進行やマイナーのクリシェなども説明するからね。

コードもスケールも分かると楽しいな!

 

斜めの関係

「エモい」は古いらしい甥の話はこちら。

気分良く暮らす技術 

精神年齢+60歳のくだりは、この記事で書いてます。もはや意味不明ですね。すみません…











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です