Djay2とWhosampledはフィンガードラミングのネタ探しに最適 



フィンガードラミングはいろいろスタイルあって楽しいですよね!

XPRESSPADSや、QuestForTheGrooveに代表されるようなリアルドラム志向もあれば、ウワモノを使ったフィンガードラミングもある。

Ableton Push2でのフィンガードラミングの可能性ー XPRESSPADSは楽しい

Quest for the grooveは無料で体系的にフィンガードラミングを学べるサイトで控えめに言っても最高

いままで、このサイトではそれほど取り上げてきませんでしたが、サンプルを使う時にネタ探しをどうするかという話をしようと思います。

みなさん、どうやってされてます?私は、良いなと思う曲はGoogleSpreadsheetにBPMやキー。場合によってはコード進行も書いてます。どういうところが良かったとか、サンプルできそうな部分とか。私はアホなので、いちいち記憶できないんですよ…

DJの人の記憶力は尋常じゃないんで、びっくりします。音源そのものが楽器だからなんでしょうね。

BPMなんかDAWで調べられるし、Liveならそもそも考えなくても良いという考え方もあると思います。私はそうでした。

私、甥っ子がいるんですけど、ヒップホップが好きで、DJしたりフィンガードラミングする時にええっ!って思う音源使うんですね。

中学生なんで、使えるお金がかぎられているからストリーミングはSpotifyつかっているのは知ってました。

「お前何で勉強してるの?」

「アプリで」

で、聞いてみました。

Djay2とWhosampledは良いと。もう、アプリは中学生にはかなわんな…

SpotifyもAppleMusicも歌詞が見られるので、良いそうです。実際、こういう方が覚えるでしょうね。本人は英語の勉強している感覚もないでしょうが。

斜めの関係

Djay2はBPMの確認とオートミックスラジオが強力

BPMの確認はDAWでも出来ますけど、やる気が無い時ありますよね。私はすぐやる気が無くなります。

あと、通勤や通学で時間がない時。音楽に時間を使いたいけど、気力がない時にネタ探しは前進している感覚があるので、私は結構好きなんですね。

Djay2はSpotifyと連携できます。で、オートミックスラジオが強力なんです。ストリーミングサービス使えば、自分の持っている音源だけより広がりますものね。

これ、左側はkool&the GangのToo hotが選ばれてますね。中央のAutoMixボタンを押して、オートミックスラジオを押すと、近い雰囲気の曲を探してくれます。今までだったら、このBPMに近いもので、ジャンルが近いものって整理したりしていたものが勝手に流やってくれます。

自分にない発想だったりもしますし、学習速度は早くなりますよね。キーについてはまあ、ご愛嬌という感じですが、BPMについては便利ですね。やっぱり。

甥っ子は、それに私が持っているディスクガイドやらで聞いているのでとんでもないもの聞いてたりします。ローランド・カークは中学生にも来るらしいです。本当かよ。

djay 2 for iPhone
240円
(2018.03.24時点)
posted with ポチレバ

で、甥っ子が勧めるのはWhoSampledです。アプリになってたんですね…。普段PCに向かっていると感度が低いですね…。

これも画面を見てもらったほうが早いですね。先程のToo Hotで調べてみます。

曲名を入力するとiTunesのリンクと

誰がサンプルしたの?

誰がカバーしたってのが出て来ますね。

で、誰がサンプルしたか見てみましょう。28あるわけですね。うーん知らないのたくさんありますね…

じゃあ、2PacのTearz of a Clownみてみましょう。

これでどこからサンプルされたかも分かりますし、Youtubeでそのまま見られます。

便利ですよね。spotifyで聴けなくて買えないものは買うんだそうです。

WhoSampled
480円
(2018.03.24時点)
posted with ポチレバ

ビートメイクする人にとっては当たり前の情報だと思います。でも、フィンガードラミングからサンプリングやってみようと思う人は調べる方法は今まで敷居が高かったと思うんです。

でも、これなら簡単ですね!

そして、同じくらいのBPMでどのようなパターンが機能するかはドラマーにとっては重要です。テンポちょっと違うだけでグルーヴさせるの難しかったりしますし。

私はDjay2を持久力の練習に使ってます。掛けながら叩けば楽しいし、勉強になる。持久力はドラマーほど要求されないかもしれないですが、長時間プレイしている間にもたったりするのはみっともないですしね。ワシのことやけどな!

いつも楽しく練習できれば良いですけど、そうじゃない時は、こういうのを使うと、モチベーション維持できて楽しいですよね。良いネタ探しにもなりますし。

私はルーディメンツの練習したりする時も使いますね。メトロノームの練習する前に曲で遊んだりしてます。

MPD218とカメラコネクションキット、iPhoneあれば外でも気軽に練習できますし。私は怠け者なので、楽しく練習できる方法をいつも探してます。いい方法あったら是非教えてください。

フィンガードラミング、楽しいですね!

追記:2018/02/27

本格的ではないですが、フィンガードラミングにも使えます。

フィンガードラミング、やってみようかなと思う人にはおすすめできますね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です