クリップビューについて知ろう Notesボックス



クリップビューについて知ろう Notesボックス

はい、では、今日はNotes ボックスやろうか。

そんなに説明するところはないんやけど、ちょっとした操作を知っておくと、編集が楽になるからね。

トランスフォームツール

ここのことをトランスフォームツールっていいます。当然、トランスフォームツールって言うくらいやから、変形させるツールだね。主に編集で使うんやけど、Ableton Liveは演奏中にもいじくり倒せる。

音域変更

上の、C3-A#3と書いてあるのは音域。これ、便利なのは移調が簡単なんだよ。これ、移動させたいノートを選択してカーソルの上下で動かせばいいんやけど、前やったように、セッションビューを演奏するときは、鍵盤にマッピングして弾いてもいいよね。

鍵盤持ってないんやけどというフレンズは、セッションビュー再生しながらやってもいいかもしれないね。

セッションビューは楽しい リアルタイムでコード進行を作ろう

:2と*2

クリップをノートを半分にするのと、2倍にする方法。バリエーションを作るときに便利。

:2だとテンポが倍になったような効果、*2なら半分になったような効果を出せるから、パフォーマンスのときに切り替えるのも一つの手だよね。単純だけど強力だよ。盛り上げるときにも使えると思う。

残念ながらキーマップもMIDIマップもできないけど、ラップトップでパフォーマンスするひとならありだと思うよ。

Rev

RevはReverseだね。逆回転効果だね。メカニカルなフレーズだったりするとかなりの飛び道具になると思う。シーケンスフレーズ(繰り返しのフレーズ)なんかは演奏中に切り替えるとスリリングになることもあるよね。

Inv

Invはinvertだね。展開ってこと。音程の最低音と最高音を入れ替える。アルペジオやコードのときに使ってみると便利かな。

Legato

これは打ち込みのときに超便利やね。音を繋ぐってことだから、たとえばこういう風に打ち込んだとするよ。

でも、最初の1拍だけ弾いてるのを、3拍目の頭まで伸ばしたいとするよ。

もちろん、マウスでドラッグしても出来るけど、つなげたい音をマウスで選択して、Legato押したら一発でつながるよ。こんな感じになる。

鍵盤やPUSHがない時の打ち込みだと、ワシはパッドサウンドがほしいときに開始時点だけ打ち込んで、Legatoで全部つなげたりするね。地味だけど超強力です。

Dupl.Loop

Duplicate Loopの略だろうね。

Loop範囲を二倍にする。これは結構使うんちゃうかな。バリエーションを増やすときにも便利だしね。

即興でどんどん作っていくようなときには、最後だけ変化させるとかに使うと便利だと思うよ。

あと、初めに打ち込む小節が決まってるときのときとかに使うかな。

4小節のループを作ろうと思ったりしたときに初めに設定したりする。

録音してあとから小節の長さ変えるのも面倒くさいしね。

普段はAbleton PUSH2使うからあんまり使ってないけど、ない時はよく使うね。

バンクチェンジとプログラムチェンジ

これはシンセの音色を変えるときに使うな。これはそれぞれのソフトの設定を見てという感じだけれど、同じようなパッドとかシーケンスサウンドでも音色を変えて変化をつけたいときがあるよね。そういうときに使う。

ワシはクリップをトラックにいくつも複製して、プログラムチェンジしたりするな。

注意しなきゃいけないのは、切り替えが始まるのはクリップ再生したときだからね。

MIDIループとリージョン

長さをコントールするところだね。Loopを押さないとワンショットになるね。

ちょっと注意するとしたら、Endのところは、終わる小節を指定しているから、4小節で切りたい場合は5小節目の頭の5.1.1に設定する必要があるということ。

一方ループの方はPositionがループの始点を指定。Lengthは長さだから、4小節のループにしたい場合はLengthを4.0.0にすること。

まあ、マウスでドラッグすればいいけどね。

小節、拍、16分音符単位になってるから、ワシは拍のところをドラッグしたり、カーソルで設定している。

ループ範囲を変えると簡単にポリリズムを作れるから、そういう使い方することもあるね。

ここは、MIDIの編集に関わる分野で、打ち込みやるときにはかなり使う。

特にLegato、:2.*2、Dupl.Loopは理解すると打ち込みはずいぶん楽になるし、パフォーマンスのときにも面白いことが出来る。

スタートマーカー変えたり、エンドマーカーを変えることでも偶発性を作曲にも組み込めるよね。

セッションビューは楽器やから、こういうところもちょっと覚えると、アイデアがたくさんでるね。

わかると楽しいな!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です