64パッドでフィンガードラムのレイアウトをするときの注意点 



64パッドでフィンガードラムのレイアウトをするときの注意点

64パッドのDrumrackはスペカンメソッドでは必須になる。

特にAddictive Drums2などをアサインする場合、みんなが混乱するのは64パッドの並び方。16パッドなら難しくないけど、64パッドは混乱しやすい。

というのは、並び方が分かりにくいんや。

ということで、資料をつくってみたよ。

64パッドのDrumRackの並びかた

Ableton PUSH2でやるとこういう感じ

 

 

この配列みて、わかったかもしれないけれど、横に行けば音程が上がっていくわけじゃないんだよね…

16パッドのDrumrackだったらこうなる。

ちょっと雑だけど、こういうイメージで全体の音程が上がっていくということなんだよね。

普通にDrumrackにサンプルを読み込むだけだったら、別にマップなんて考える必要はない。

問題になるのは、Introなどで、外部音源を使おうする場合やね。

Live IntroでAddicitiveDrums2をPUSHで鳴らす方法

ここではDrumrackとドラム音源を組み合わせてやる方法が書いてある。Addictive Drums2やBFDを使ってやる場合はマップしなければいけないからね。

割と間違いやすいポイントかもしれんからね。スペカンメソッドでは楽な動きでどんどんレイアウトを変更していくから、注意してな。64パッド、楽しいな!

PUSHの64パッドのドラムラックで簡単に配置する方法

こちらの記事にPUSH単体で、レイアウトするときの動画があります。

created by Rinker
Ableton
¥96,800 (2019/08/25 01:28:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です