Maschineで同時に音を鳴らさない方法と同時に音を鳴らす方法 Chokeグループとパッドリンク



Maschineで同時に音を鳴らさない方法と同時に音を鳴らす方法

やっと叩いて覚えるコードとスケールとスケールも一段落したので、Maschineの記事を書くことにします。

最近、Maschineの操作方法で検索してきてくれる人が結構いて、多分、こういうことで困っていると思うので記事を書きます。質問してくれたら、的外れじゃない記事作れると思うので、気兼ねなくおっしゃっていただければ。

「Maschineで同時に音を鳴らさない方法と同時に音を鳴らす方法」と検索してくださった方は、自分でドラムのキットを作ってこれとこれを鳴らしたくないと思ったんですよね。おそらく。

その仮定で記事を書きます。

同時に音を鳴らさない方法というのは、おそらくChokeグループのことだと思います。例えば、ハイハットオープンとクローズは同時に鳴らせないですし、ペダルも一緒に鳴らせないですよね。

もともとのドラムキットで説明しますね。

Chokeというグループをみてください。1になってますね。1になっているものは同時に鳴らせません。

おそらく、自分でキットを作られて、同時になって困っていると思うんですが。違ったらごめんなさいね。

オープン・ハイハットもChokeグループは1ですね。

ペダルも1です。

ですから、この3つは排他的です。どれか一つしか鳴らせません。

同時に鳴らすは、レイヤーのことなのかもと思ったんですけど、「Maschineで同時に音を鳴らさない方法と同時に音を鳴らす方法」という検索語句から類推すると、クラッシュとキックとかを同時に鳴らすように設定したいのかなと思いました。

クラッシュ叩く時は、普通、キックを同時に踏む場合が多いですね。なので、クラッシュとキックを同時に鳴らす設定にすれば、フィンガードラミングする時も簡単ですよね。

では、やってみます。

初期設定ではこうなってるはずです。

Linkというところを見てください。

先程のChokeと同じく、Groupを同じに設定すればいいわけです。

こうですね。では、バスドラを設定してみます。

これでLink1に設定すれば、クラッシュ叩いても、キック叩いても、同時になります。やったー。

と、これうまくいく場合もありますけど、多分それだけじゃ足りないですよね。フィンガードラミングする時、キック叩くたびにクラッシュなったら頭がおかしくなります。んじゃどうするか。

MODEをSLAVEにすればいいんです。MASTERが優先するものですね。先程はクラッシュもキックもMASTERだったから、どっちもなったわけです。でもSLAVEにしたらクラッシュ叩いた時はキックがなりますけど、キック叩いてもクラッシュ鳴らないですね。

これ、フィンガードラミングでは割と有効だと思います。私なら、上ネタとクラッシュとキックをリンクしたりすることで、フィンガードラミングしながらドラムが鳴り続けるようにしますね。もちろんレイヤーサウンドを作ることもありですけど。

フィンガードラムの曲を作ろうと今してるんですけど、フィンガードラミングで曲を作るのと、フィンガードラミングの曲を作るのでは全然違って面白いですね。Maschineはどう好意的に見てもマニュアルはわかりにくいし、直感的ではないけれど、出来ることは本当に多い。フィンガードラミングのマシンとしてはやはり最高だと思います。

まあ、リアルタイムでいろいろやろうとすると、Maschine JamとKomplete Kontrolが必要になるので、NIは商売上手だなと思うんですけど。私としてはJAMまではフィンガードラミングとして許容できるんですけど、Komplete Kontrolまで使うと邪道だなと思ってしまうんですよね…

Maschineもわかると楽しいですね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です