愛の条件は孤独



愛の条件は孤独

さすがに疲れが出てきて、ちょっと体調を崩していた。

ベッドで横たわりながら、愛の条件はなんだろうかと考えている。

普通の愛ってあるんだろうか。

ある程度の傾向はもちろんあるだろう。

同じ人間で、手が2つあって、脳がある。生物としての制約条件がある。

バッタに愛があるのかは知らないけれど、あったとしても自分たちとは違うだろう。同じやったらどうしようか…

日本に生きる人であれば、義務教育がある。その時点である程度の均質化はされる。

教育の究極の目標は、市民を作ることだ。教育を受ける権利が社会権に分類されるのは当然だと言える。

市民には、共通項が必要ということだ。対話可能性を作り出すということだろう。

だが、個人としては、人間は全く異なる。

さ、ここからが問題だ。

全く異なる個人であるところに成り立つ愛って、対称性はないよなと。

当たり前の話である。

誰もが、恋人であれ、パートナーであれ、愛する人間の側にいたとしても無限の孤独を感じることはある。

人間は、相手の感情、自分の感情を完全に共有することは出来ない。

相手に自分がどれだけ、相手のことを思っているかを伝えられたら良いかと人は望む。

が、それは無理な話である。まあ、全部わかっても地獄だろうけど…

愛は可視化出来ない。

だから、人は工夫する。写真を撮ったり、記念日を祝ったりするのはそういうことだろう。

だったら、やっぱり普通の愛って定義は無理だ。

互いに理解は出来ない。だって別の人間だからね…

その時のその人でないと愛は成立しない。その時間と空間に規定される。愛に普通はない。どれ一つとして。

だから、周りからの理解なんかなくてもいい。

それは、あなたと相手でしか成り立たないものに、他者の判断基準を介在させることだ。

愛情というのが非対称性に基づいているんなら、理解しようとしても理解し得ないところにしか愛は存在しない。

本質的に、人は孤独だ。孤独しか共有できるものはない。

だが、それは愛の条件でもあるんではないのか。

愛が可視化されたしよう。ゲームの世界みたいだけどさ。

ちょっと考えてみる。

相手の自分に対する好感度、自分以外に対する好感度が全部見えたとする。

ご飯食べにいって、相手の好感度が下がるとか、他の人への好感度があがってるとか。全部見えたらどうですか?

嫌や…

完全にわかってるものを愛すんだろうか。もしそうなら、それって自分を投影してるだけじゃないか。世界を自分で埋め尽くす。他者がいない。

それもまた地獄。マジで愛って無理ゲーやな…

理解できないことがあるから、愛は成り立つ。

孤独であるからこそ成り立つと言える。

つながるツールが増えれば増えるほど、孤独は増幅するってのは、そうだなと思う。

いつでも繋がれるはずなのに、完全に理解することは永遠に出来ないわけだから。

どこまでいっても完全な理解はない。

だが、孤独は悪いことだけではない。

孤独だけが共有できるのであれば、全ての人は孤独を共有するということによって、愛は成立しうる。

「一人じゃないよ。一緒にいるよ。私も孤独だよ」

こう始まるMavisの歌は、愛と孤独について考える切っ掛けをくれる。

 

You’re not alone
I’m with you, I’m lonely too
What’s that song
Can’t be sung by two?

A broken home, a broken heart
Isolated and afraid
Open up this is a raid
I wanna get it through to you
You’re not alone

You’re not alone, every night
I stand in your place
Every tear on every face
Tastes the same

A broken dream, a broken heart
Isolated and afraid
Open up this is a raid
I wanna get it through to you
You’re not alone

An open hand, an open heart
There’s no need to be afraid
Open up this is a raid
I wanna get it through to you
You’re not alone

I wanna get it through to you
You’re not alone
I’m gonna get it through to you
You’re not alone

Mavis Staples -You are not alone

 

created by Rinker
¥1,220 (2019/09/19 16:01:21時点 Amazon調べ-詳細)

犀の角のようにただひとり歩め。折にふれて読み直す。歳を重ねて、自分の考えを作った本や音楽は実は少数のものだと気づいた。究極の自由もまた孤独にしかない。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です