叩いて覚えるコードとスケール 第6回 代理コード 



さ、今日は代理コードや。代理コードってどんなやって思うパッドフレンズもおると思う。

前回、トニック、サブドミナント、ドミナントというものをやったな。

叩いて覚えるコードとスケール 第5回 トニック、ドミナント、サブドミナント

ダイアトニックスケール上のコードは、基本的にこの3つの機能に分かれるんやったね。

コードネーム CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(b5)
構成音 C,E,G,B D,F,A,C E,G,B,D F,A,C,E G,B,D,F A,C,E,G B,F,D,A
構成音を度数で表すと R,3,5,M7 R,m3,5,7 R,m3,5,7 R,3,5,M7 R,3,5,7 R,m3,5,7 R,m3,b5,7
ローマ数字表記 Ⅰ△7 Ⅱm7 Ⅲm7 Ⅳ△7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm(b5)
コードの機能 T SD T SD D T D

 

4声で書いてみた。

Tはトニックの略、SDはサブドミナントの略、Dはドミナントの略やね。

トニックで考えるとCM7の代理コードはEm7,Am7になる。

じゃあ、パッドで確認してみよう。これは、Cメジャースケールに設定して確認してね。

次にEm7を見てみようか。

な、CM7とE,G,Bが共通してるね。4声の場合(4つの音から出来ているコード)3つの音が共通していたら代理関係にあるということや。

じゃあ、Am7を見てみようね。

オクターブはあがっているけど、CM7とAm7はC,E,Gをおなじ音として持っている。

4和音なら3つの音が共通してたら、代理、3和音なら2つの音が共通していたら代理ということやね。

じゃあ、サブドミナントの代理について考えよう。

サブドミナントFM7の代理は、Dm7やな。

パッドで確認しよう。FM7

次にDm7見てみようか。

F,A,Cを共通してるね。4和音の代理は3つの音が共通したらってわかるよね。

んじゃ、最後にドミナントの代理。先に言っておくと、これ、理屈の上では代理関係になるんやけど、使用頻度は少ない。違った形にすることが多いんだよ。

ではG7

では、Bm7b5

ね。B,D,Fと置き換えてある。3つ同じなら代理関係にあるということやね。

ちょっと短くして、これくらいしておくね。次回は、展開型と代理関係。その次に実際に、単純なコード進行を代理コードで置き換える練習をしてみよう。一応、マイナー編が終わったら、叩いて覚えるシリーズは完結して、押して覚えるシリーズに移行する予定や。4声まではMaschineで分かるしね。

アベイラブル・ノート・スケールについては考えている。このコードでどのスケールが使えるかってやつやね。Maschineだと、リアルタイムは無理やな。ほぼ。ただ、ああ、最近のヒップホップとかで、妙ちくりんなメロディーやなとフレンズが思ったりするのは、スケールわかったら一発だったりもするんで、ちょっと考えさせて。

さらにハーモニーを考えたいフレンズはMaschine JamかAbleton PUSH2に移行すればええ。押して覚えるシリーズは、全てクロマチックモードでやる。ジャズ的なハーモニーもやるし、パッドで即興演奏に挑戦するところまでいけたらええと思う。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です