Maschine雑感 自分の使い方でPUSH2と比較してみた。



Maschine雑感 自分の使い方でPUSH2と比較してみた。

Maschine mk3を購入して一週間ほど。Maschineはフィンガードラミング中心で使うつもりですが、Maschine mk3とPUSH2のレビューってあまりないんですよね…。私の使い方で両方試して、気になったことを書いてみました。参考になると良いんですが。

私はドラムはかなりエディットします。

打ち込みを比較すると

フィンガードラミングやる場合はそのまま残す場合もありますけど、打ち込みではかなり作り込みます。

リアルタイムで叩くのなら、Maschine mk3はめっちゃ良いです。このパッドだけでも売って欲しい。

このパッドがワシを狂わせたんや。変態みたいですね。

フラム、ロール、ドラッグ。すごくやりやすいです。特にフラムの高さがそれほどなくても出来るのは嬉しい。私のフィンガードラミングの腕だと、Maschine mk3でしか出来ないことはありますね。

下の記事のメリット1でPUSH2のドラムの打ち込みについて述べてます。いろいろリズムマシン使いましたが、これ以上高速に打ち込めるのは今までなかったです。これだけでもAbleton PUSHを買うメリットあると思います。

Ableton PUSH2は楽しい レビューです。随時更新してます。 2018/08/25 更新

編集機能について

 

Ableton PUSH2は、64キーあるのもそうなんですが、操作系統のキーが単独であるのはすごく楽です。

Ableton PUSH2に向かっていると、PCに向かう時間はかなり減りました。

Maschine mk3はもう、失敗したらリアルタイムでどんどんやり直すほうが向いている気がしますね。

 

音色について

音色に関しては、Ableton付属のものよりはやっぱり作り込まれてます。私は自分でいろいろ音色作りたい方なので、Abletonで問題ないですが、さっと気持ち良い音で曲を作りたいというときには、Maschine mk3は重宝すると思います。Komplete Selectとはいえ、ツボを抑えてますしね。

ただ、Live10になって、packはすごく良くなりました。packの音色は、公式サイトで確認すると良いかと思います。よく検討して購入したほうが、使い方も覚えるし、楽しくなる可能性が高いと思います。

即戦力ならMaschineだと私は感じました。

コードについて

私はジャズ上がりなので、割りと転調が多いものを作るんですね。

Ableton PUSH2の最大のメリットは、クロマチックモードで自由に演奏できることだと思っています。

クロマチックモードのメリットは何回も書いてます。

Ableton PUSH2はベーシストとギタリストに優しい

Ableton PUSH2でシングルノートを演奏する場合のフィンガリング

Maschineはコードを弾けるんですが、基本的にダイアトニックなんですね。なんで、部分転調が多いような曲には向いていません。

ただ、コードのパターンは豊富なので、叩きながらコード進行を作るのは面白いものが出来る可能性はありますね。キメが多いものとか。あるいは弾き語りみたいにコードを鳴らしながら歌えば、意外に作れる幅は広いかなと言う印象です。

もちろん、キーを変えればMaschineでも転調は対応できます。

ただ、PUSHならコードフォームを覚えてしまえば、いくらでも移調できますし、理屈さえわかれば、テンションも簡単につけられるので、コード、あるいはメロディーの演奏に関しては圧倒的にAbleton PUSH2が私にとっては使いやすかったです。

ただ、自由度が低いのは悪いことばかりではないです。Ableton PUSH2は理論がわかってないと、コードフォーム一つだけで弾いてしまうかもしれないですね。展開型を考えないとか…。

自由度が高いということは、同時に自分の能力の上限が自由の限界ということになりますから。ううっ。自由から逃亡したくなる時はあるものです。

私は好きなボイシングやコード進行というのがあるので、マンネリを感じた時はMaschineで作っても良いと感じてます。

追記:2018/07/02 コードも弾けます。叩いて覚えるシリーズではコードの弾き方、理論などについて書きました。この記事を書いた当初と異なり、Maschine mk3に慣れて、制限があるからこそ工夫するのが面白い感じるようになってきました。

叩いて覚えるコードとスケール番外編 Maschineでメロディーとコードを弾く時の設定

指ドラム(フィンガードラミング)ならMaschine mk3が一番

じゃあ、どれが快適なのか考えてみました。自分がいまやっている音楽をMaschine mk3でやろうとするなら、Maschinemk3+鍵盤が楽でしょうね。

今の私ならAbleton PUSH2に加えてフィンガードラミング用のPADが欲しいので、Maschine。馬鹿じゃないかと思うんですが、パッドは大きいんですよ。パッドは!(逆ギレ)

フィンガードラミングそそこまで重視しないならAbleton PUSH2+MPD218でも充分すぎると思います。Ableton PUSH2でも普通は充分でしょうね。私は偏っているので。

操作は若干複雑なものの、パッドを叩くこと中心で形を作りやすいのがMaschine mk3、操作は覚えたら高速で出来るものの、自由度の高さが難しさにもなるAbleton PUSH2。

どちらもそれぞれのソフトのコントローラーなので、全然違うんですよねー。Maschineの良いところは、必ずしもそれで全部作らなくてもよいところだと思うんですね。ある程度作ったら、Ableton liveにコピーすれば良いわけですから。

追記:2018/07/02 Maschineで面倒くさいとしたら、レイアウトの変更だと思います。レイアウト変更関連の記事はこちら

MaschineでDrumlabのキットをフィンガードラミング出来るように配置を変える方法

MaschineでBatteryを使ってフィンガードラミングする方法

 

サイズは?

二つもあっても私は困らないと思います。デスクがあれですけどね。スペースはそれほどでもないですけど、横に広さが欲しいですね。机探してます。

結論から言えば、どっちも楽しいんで、目的にあったものを選べるといいですね。え、あなたもフィンガードラマーでLIVEも好き?
それなら2つあればもっとハッピーです!(破れかぶれ)

Ableton PUSH2もMaschine mk3もどっちも楽しいですね!

追記:2018/05/21 3ヶ月後のレビュー。共存できるもんですよ。意外に。

Maschine mk3とAbleton Liveを組みあわせると快適 Maschineを3ヶ月使ってみてのレビューです。

ちなみにこの後にMaschine JAMを買ったので、その比較もしてます。身銭を切ってはじめて分かることもあるんや!(逆ギレ)

Ableton PUSH2とMaschine Jamの比較 PUSH2持ってるのになんでMaschine Jamを買ったのか。レビューです。

買った時の動機ですね。フィンガードラミングが好きだからとしか言いようがないです…

Ableton PUSH2持ってるのになんでMaschine mk3買ったのか

追記:2018/07/02 Maschineが楽しくなったので、情報をまとめることにしました。

とりあえず、ここにまとめてある情報をみていったら使い方はわかると思います。

キーボードショートカット、

意外に便利ですよ。外部プラグインの設定する時キーボードショートカットなら一発ですし。

Maschineの使い方を知るのに便利なサイト それとちょっとキーボードショートカット 更新 2018/08/05

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です