Ableton Analogで音作りして遊ぼう LFOって何?



Ableton Analogで音作りしてあそぼう LFOって何?

前回は、エンベロープについてやってみた。

Ableton Analogで音作りして遊ぼう エンベロープって何?

え、封筒って何?と思ったフレンドもいると思うけど、エンベロープってシンセやDAWで使われるときは意味が違う。時間的変化のことだった。

Analogのパートは7つに分けられる。アナログシンセの基本的な構造はこっちの記事にあるからね。

Ableton Analogで音作りして遊ぼう アナログシンセの基本構造

まあ、でもエンベロープとLFOはほとんどのシンセについてる。前回のエンベロープでやったように、時間的な変化がなかったら、ただ、音を出すだけだよね。

じゃあ、ほとんどのシンセについているLFOって何って話やよね。

LFOとは

LFOはLow Frequency Oscilatorの略。約すと低周波発振器。

低周波治療器はしっとるけど、発振器ってなんや!

あ、宇宙語が来た。UFOとLFOと何が違うんや。もういやや、絶望や!

いや、絶望もしたくなるよね。でも、低周波治療器って連想できた人はわりとええ線いってるよ。

低周波って、要するにゆっくりした波なんだよね。波ってことは周期性がある。エンベロープとの違いは、同じ時間的な変化だけれど、エンベロープは基本的に一回限り。LFOは繰り返すってことや。そうじゃなくする方法あるけど、まずはこれを覚えるとええよ。

これをみたらわかるかな。

HZってところいじったら、波の山と谷が密になったよね。Hertzは一秒間の振動数。Hzが高くなればなるほど音だと高い音になるよね。

RateでHZを変更できる。

周波数が高くなればなるほど、早くゆれてるよね。

音符マークを押すと、Ableton Liveのマスターテンポに合わせてくれる。だから、8分音符とか、音価にあわせてLFOをコントロールできるんやね。

これMax For LiveのLFOでやってるんだけど、最大値が40hzということで、物凄く低いことがわかるよね。

ちなみに、このLFOの波の深さをコントロールするのがDepthだね。OperatorはAmountと表記されている。

amountは「量」って意味。深さの量ってことだね。同じことってわかったら、混乱しないね。

AnalogのLFOにはRateはあるけど、DepthやAmountは存在しない。これは、VCOやVCF,VCAでコントロールするからら。シンセによって違うんや。絶望はどこにでもあるね…

LFOはなんのために使う

このLFOは、オシレータではあるんだけど、VCOと違って、他のVCO,VCF,VCAを揺らすために使うんや。

日本語のシンセの本だと、「くすぐる」と表現してあることが多いかな。

英語だとmodulateが動詞。modulationが名詞型。

混乱しやすいのは、このLFOで他のパラメーターを「動かす、揺らす、くすぐる」というのをこういったりするんや。そりゃ混乱するよね…

  • 変調する
  • モジュレートする
  • モジュレーションを掛ける

modulateって動詞なのにするって、変って思うかもしれないけど、こう説明してあるのもあるからね。全部同じことだと理解すればええよ。

更に謎の言葉、Target,Desinationとは

LFOはいろんなところに掛けられる。ちなみにどこに掛けるかというのは、こういう言葉だったりする。

  • Target
  • Destination

Destinationは「目的地、行き先、送り先」だから同じことやね。destinyと語源は同じと理解すると覚えやすいかもしれんよね。

ターゲットを、VCO,VCF,VCAとかにするってことだおね。

しかも、これ、operatorでは省略されて,Destとか表記されてる。もう禿げそうになるね…

ね。混乱するよ。そりゃ…

Wavetableではこうなってます…

同じ意味だってわかってたら混乱しないね。

LFOをVCOに掛ける

これはビブラートになるね。ピッチを揺らすってことだから。

宇宙や!LFOでUFOサウンドも作れるんやよ。

LFOとUFOは近かったんやって思うかもしれないね。

LFOの下の数字はどれくらいLFOがオシレーターに掛かるかってことだね。LFOの強さを調節する。

さっきちょっと書いたけど、AnalogのLFOにはDepthやAmountがない。ここで個別に調整するってことだね。

LFOをフィルターに掛ける

フィルターに掛けると音色が変化するね。音色を揺らす、つまり変化させることやよね。

それぞれのフィルターの特徴によって、いろいろなものが作れる。オートワウなんかLFOとバンドパス・フィルターの組み合わせで作れるよ。

Freq Modとなっている下のところでLFOの強さをコントロールしているね。

詳しくは、またフィルターのところで説明するけど、カットオフ周波数をここでいじる。フィルターが効く周波数だね。

ここではいじってないけど、周波数を強調したい場合にはレゾナンスをいじればいい。ただ、ワウは原理的に、レゾナンスは固定で、カットオフ周波数を動かすものだからね。

LFOをVCAに掛ける

ボリュームに掛けたらトレモロになるよ。音量を揺らすってことだね。

ボリュームが波打ってるよね。

パンに掛けたらオートパン。PANって要するに左右のボリュームのことだからね。

トレモロに関しての記事はこっちにもあるよ。

Ableton LiveでTremoloを掛ける方法

リトリガー

これ、多分シンセを使ったことがないひとやわけわからんよね。宇宙語ばっかりやけど我慢して…

retriggerと書かれるものだけど、まず、triggerの意味を考えよう。

Triggerは引き金って意味あるけど、

  • 発射する
  • 動作させる

って意味がある。

Launchって言葉と同じことだよ。混乱するよね。

retriggerはなにかというと、LFOを波形を、新しく音を弾くたびに初めから適用するかどうかやね。再び始めるということ。

 

これ、オートパンがかかってるものでやった。

パンはずっと一定の周期で掛かっていてほしいから、リトリガーされないほうがいい。

リトリガーすると、毎回、パンの位置がはじめからになっちゃうからね。めっちゃ情緒不安定な感じになる。それがいい場合もあるだろうから、フレンズの好みにあわせて調整してね。

セッションビューでもトリガーという言葉は使われる。このあたりの言葉は覚えてもらうしかない。でも、実際に音を確認するとわかりやすいよね。

Ableton LIVEで押している間だけ鳴らす方法 セッションビューとサンプラーの再生モードの言葉の説明

LFOのDelayとAttack

ここはWavetableとOperatorではないところ。

Analog独自のところだね。

  • DelayはLFOがかかるまでの時間
  • AttackはLFOが最大になるまでの時間

たとえば、ギターや管楽器だったりすると、ロングトーンにビブラートを掛けるときは、初めは掛けない。しばらくしてからビブラート掛けて、最後の方はビブラート早くしたりするよね。

こういう効果を得たかったらこの2つを使うといいね。

今回は、ビブラートがしばらくしてから掛かって、それから、強くかかるというのをやってみたよ。

ビブラートだから、オシレーターにLFOを適用させて、DelayとAttackを調節した。あとからビブラートが強くかかるんだから、Attackの方が遅いよね。

時間的変化をあらわすエンベロープを理解すると応用がきくね。

ADSRの概念がわかっていると、エフェクターでも理解はしやすくなる。

まとめ

LFOは周期性があるもの。なので、いろんなことに使える。

ディレイのディレイタイムを揺らすことで、コーラスもフランジャーも作れる。フェイザーはもっと短い時間というか位相を動かす。

コーラス、フランジャー、フェイザーがモジュレーション系エフェクトと分類されるんやけど、これらはいずれもLFO使っているということだよね。

これらのエフェクターに使われているRATE,DEPTHってのは要するに、LFOの速さと波の深さってこと。

言葉、宇宙語だらけでわかりにくいと思うけど、実際の音の変化聞いたらわかるよね。

基本がわかって、どういうふうに音が変化するか分解して聴くようにしたら、いろいろ音色も作れるようになって楽しいよ。

次回はグローバルパラメーターやね。ここまで説明したら、ある程度音色作って遊べるようになると思う。

Ableton Analogも楽しいな!

Ableton Analogで音作りして遊ぼう グローバルパラメーター


自分の冗長な説明よりこっちのほうがわかりやすいはずよ…

言葉の説明をひとつひとつしているから、どうしても長くなってしまうから。

シンセサイザー入門 音作りがわかるシンセの教科書 松前公高

DAWやるひとにはKindle Unlimitedはおススメ Kindle Unlimitedで読める音楽本など

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です