コードを分解して覚える重要性 ドミナント7thのテンションを全音下の4和音の組み合わせで作る



コードを分解して覚える重要性 ドミナント7thのテンションを全音下の4和音の組み合わせで作る

勉強会やってきて、ちょっとコードワークの整理もしておいたほうが良いと思ったので書いておく。

インプロの基礎にもなるところだし、さっとテンションコードを弾けるようにしておくと、作曲の時のツールボックスもふえるはずやしね。

PUSHでコードを分解して覚える重要性 

今回の記事は、前回の記事の内容が元になっている。こういう考えがあるんだなと、理解しておくと64パッドでハーモニーを勉強するのは楽になるんちゃうかな。

今回は全てⅡm7(9)-V7-Imaj7の流れで動画は弾いてある。よく使われるコード進行で、ドミナント7thだけが変化していくという形。流れの中で理解すると簡単だからね。

ピアノロールとAbleton PUSHの手形を載せておくよ。キーはCでクロマチックに設定してある。

追記:2019/06/17

この記事で書いてあること覚えたら、これくらいは簡単にできるようになると思います。手の分担がちょっとむずかしいかもしれないですけど…

Ⅱm7-V7(9,13)-Imaj7

まず、最初のDm7(9)はルートのDを弾いてから、短3度上のmaj7を弾いている。

R+短3度上のメジャー7th=マイナー7(9)ということ。

構成音は、D,F,A,C,E

R,m3 ,5,m7,9というストレートな弾き方だね。

Cmaj7はC+Emトライアド。

R+短3度上から始まるマイナー=maj7

この場合は、左手でルートをオクターブで弾いている。

これが基本形。そして、これの第一転回型を弾いてる。

全音下のコードを弾くことで7thのテンションを作る

で、G7(9,13)は全音下の、Fmaj7(#11)を弾いてる。

つまりR+全音下のmaj7(#11)=7th(9,13)ということだね。

ドミナント7thコードを作るの必要なのはトライトーン。G7で言ったら、3度と7thのBとFになる。

これは、つまり、コードの全音下に、b5(#11)が入っているコードを弾けば7thコードになるということ。当然転回系もすべて使える。

全音下ってことは、Fになるね。そして、減5度ってことはBになる。

動画では、ルートの全音下の4和音を弾いてテンションコードを作り出すパターンについて話している。だらだら話していてなんやけど、勘弁してくれ…

あと、トライトーンサブスティテュートについても話した。勉強会では結構くどいくらい繰り返しているけど、コードのボキャブラリー増やすのにいい方法だから、ちょっとずつ覚えると良いと思うよ。

G7=Db7だから、ベースを減5度にしてもなりたつ

ドミナント7thが成り立つのは、トライトーンである、3度と7度の音があればいい。G7でいうと、FとBだよね。

Db7って、Fが3度でBが7度になる。だから、交換可能なんや。

じゃあ、さっきのコード進行Dm7(9)-G7(9,13)-Cmaj7(9)のコード進行のG7(9,13)のベースをDbに変えてみるよ。

ピアノロールだとこうなるね。

はい、2番めのコードを見てくれるかな。ベースがDbになっているね。ピアノロールだからC#と表記されているけれど。

これ、コードで言うとDb7(#9,b13)というオルタードテンションになる。

ルートが減5度上移動したので、全ての構成音が減5度変わったということになる

どういうことか

この場合、上が、F,A,B,Eという構成音で、Gからみたら、7,9,3,6だったということだね。

それが、Dbがルートになったらどうなるか。3,b13,7,#9になる。

まあ、一音一音確かめてもらってええけど、こういうフォームがこういうコードネームになるんだと理解したほうが実用的やろうね。


追記:2019/03/28

つまり、長3度上にディミニッシュの音程があるものを弾いたら、ドミナント7thコードを作れる。どれも共通してるね。

Gがルートなら構成音はG,B,Eb,F,Bb

度数でいうと、R,3,b13,7,#9

つまり、R+長3度からのmaj7(#11)は7(#9,b13)というコードになるということだね。

これは、全音下と、長3度上に、トライトーンを持っているコードを置くとドミナント7thのテンション入ったコードが作れる。全音下と長3度って、つまりトライトーンて覚えておくとええかな。


 

そして、これはツーファイブで練習したらええよ。

そうするとⅡm7-Ⅴ7-Ⅰmaj7がⅡm7-bⅡ7-Ⅰmaj7となる。リハーモナイズの基本的な手法だし、実践的だからね。動画作ってあるから、余裕があると見てくれたら嬉しいな。

コードのダイアグラム

Dm7(9)

度数でいうと、R,m3,5,7,9

G7(9,13)

度数でいうとR,7,9,3,6

Cmaj7

度数でいうと、R,オクターブ上のR,5,M7,3

Db7(#9,b13)

ベースをGからDbにすると、Db7(#9,b13)

度数でいうとR,3,b13,7,#9

ゆっくり弾いてある。ベース音を変えるだけでも、ずいぶん雰囲気が変わって楽しいよね。無理がなく弾けるような指使いにしてある。

PUSH勉強会では、もっと細かいことやってるから、動画もあと3つくらい作らないとこのシリーズは終わらないな…

余裕があったら転回形でも練習すると、いろいろわかるところあるんちゃうかな。9月までに情報全部書いてしまいたいので書けたら書くね。仕事しなきゃ楽勝で終わるけど、なかなかね…

ハーモニー、わかると楽しいな!

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です