PUSHでコードを分解して覚える重要性 



PUSHでコードを分解して覚える重要性

PUSH勉強会では『ギターで覚える音楽理論』を使ってコードやスケールを勉強している。

Ableton PUSH2でコードを弾くときは、特に、コードを分解して覚える必要があるという話。

右手と左手で分解して覚える必要がある

動画で説明しているように、PUSHの場合は音域の問題上、右手で低音を弾かなければならないことがある。もちろん。縦方向のポジションで弾く方法もあるんだけれど、テンポが早い場合は間に合わない。

作曲なら問題ないけれど、生演奏しようとしたときには、横方向に広い両手のポジションで弾いたほうが簡単な場合がお多い。

動画では、マイナー9thは左手でR+7,短3度上に5度を抜いたmaj7を持ってくれば弾ける。知っているフォームを組み合わせることで簡単に弾ける。

9thコードなら、左手でR+7,長3度上に5度を抜いたm7を持ってったら弾ける。

動画では、Ⅱm7-Ⅴ7をⅡm7-bⅡ7の裏コードした例で弾いてる。そうすると、左側が演奏できなくなるから、右手でR+7を押さえる必要が出てくる。分解して、度数で覚えていれば自由に演奏できるからね。

分解して覚えるメリットはまだある PUSHでギターのボイシングを置き換える場合

Cmaj7(9)というのをC+Em7に考えることが出来るなら、4和声までのコードを覚えていたら基本形だけど9thまでのコードは弾けるってことだよね。

Bm7(b5)はB+Dmと分解したら簡単。

ギターのボイシングはおそらく、PUSHしか演奏してことがない人だったら、ローコードのAなんかさっと押さえるのは難しいと思う。

でも、これ、R+5とR+3+5と覚えたらすぐ弾ける。

ローコードのCだってR+3と5+R+3(つまり第2転回型)と整理したらギターのボイシングを応用できる。高い音域で弾こうとしたPUSHで演奏できないと思っても、転回型を練習していたら、さっと弾ける。

まとめ

ピアノやってた人は、トライアドアホみたいに練習してたり、転回型をピアノという楽器をマスターする中でたくさんやってきているから、身につけやすいんだよ。

でも、これは、PUSHがはじめてのコード楽器だったらそうじゃないと思うからね。あと、ギターだけだと特に身につけにくいんだよね。

押して覚えるコードとスケール 度数で覚える意味と練習の仕方

こういうの、勉強する時にちょっと意識するだけでもマスターしやすくなるからね。

ちょっとした工夫でいろいろ覚えられて楽しいな!

Scalerを使ってAbletonPUSHでコードを覚える方法

ボキャブラリー増やすのに、Scalerもいいと思います。

ギターで覚える音楽理論 養父 貴











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です