ストレッチポールを買った



ストレッチポールを買った。

昨日、ストレッチポールを買ってきた。

コアというと胡散臭いイメージがあって敬遠していたのだが、ストレッチする道具としては思っていた以上に優秀。

しばらく使ってみたら、使用感をまとめる。

私と同じく可動域が狭くなって、不快感がある人はジムなどで試してみたらどうでしょう。

脊柱起立筋や僧帽筋の下部など、なかなか自分では固まった部分をほぐせない部分が緩むので、随分体の不快さは軽減できた。意外だったのは、肩が緩んだこと。

可動範囲が広くなれば、良いフォームにできる可能性も広がるだろう。左右の筋力バランスの悪さは、可動域も原因はある。

とはいえ、専門家ではないのでトレーナーにまたチェックしてもらってから一つずつ悪いところを潰していく。

複合的な要因でわるくなっているのは確かで、これも当然すぐにはよくならないが、少しずつできるところからやっていこう。

まだDVDも見ていないので、しばらく動作を練習してみる。学ぶことが多いのは楽しいことだ。

Jim Wendlerの5/3/1にもコンディショニングの重要性は書かれていたけれど、あまり自分では重視していなかった。

流石にこれだけ怪我が多くなってくると、以前より気を使うようにはなったけれど、まだまだ甘いのを実感。

トレーニング時間が限られているから、できるだけ効率よくトレーニングしようとアップも充分な時間が取れていなかった。

効率を求めるのは当然だとしても、目的が何かを忘れない。

まずはトレーニングで最大の効果を出すために、出来る限りの事をしてみる。

コンディショニングの向上で、睡眠の質は上げられた。寝具についてもよく調べて入れ替えていく。

一日で使っている時間が多い部分が快適になれば毎日が快適になる。睡眠は重視していたつもりだが、まだまだ改善できるところはある。

体の不快さを感じ取る能力が低いのだと実感する。痛みに強いのは美徳でもなんでもない。

現状認識がとにかく甘いのだ。

自分は多くのリソースを持っていないから、どこに自分のリソースをどこに配分すれば効率が良いかを徹底的に考える必要がある。

その前提として、何が問題点であるのかを正確に認識しなければ、改善のしようがない。

だから、まずは自分の問題点を認識することが必要。

GTDはそう考えるとやはりよく出来ている。GTDも長いことやっているが、大体うまくいかなくなるのは、週次レビューが形骸化していること。じっくり時間をとって実際の行動に変換するところが甘くなっている。

あとは、Inboxに収集することも甘くなっている。

そういう意味では、ブログは便利だな。頭を整理することと、inboxを兼ねている。

それにしても無理ない暮らしを志向しているのに、どんどん迷走していってるな。

2018/01/07 追記

3週間使って、かなり体が楽になるのを感じた。ストレッチポールで検索してこちらのサイトに来た方もいるので、気づいた点を。

私が使っているのは、MXと言って結構長いやつです。私の身長が173センチで、普通の男性なら使いやすいと思います。女性でジムでは使っている人がいるので、長いほうが安定感があって良いと思います。あんまりにも短いと、リラックスするより乗るのに精一杯になると思います。

リラックスできます。付属DVDもありますが、基本転がって寝て小刻みに動けば良いだけです。SOHOや在宅で仕事している人には空き時間に横になるだけでも楽になると思います。

PCに向かっていると、私は僧帽筋や脊柱起立筋が固まってくるんですが、上に乗って転がっていることでだいぶ楽になります。一日の終わりやトレーニングが終わった後に使うと、リラックスできるので睡眠の質が良くなりました。そう考えると私にはすごく良かったですね。

ただ、手や胸、足などをほぐすなら、他のほうが良いと思いました。私はラクロスのボールを使っています。そういう目的の方なら、他のもののほうが良いと思います。

これで、ダイエットなどという文言を見ましたが、それは違うと思います。結果的に体の痛みが減って活動しやすくなるのではないかと思っています。

椅子代わりにして座るのも悪くなかったですよ。

追記:2018/03/11

ストレッチポールを買っておよそ3ヶ月。

いい買い物だったと思う、自分にとっては。

今は繁忙期なのと、体調があまり良くないので、トレーニングを1週間オフにした。

普段、トレーニングしないと、首、肩、腰が固まってしまってなかなか寝付けなかったのだけれど、ストレッチポールに横になってゴロゴロしているだけでも、かなり緩む。

前腕などの疲労は、ゴルフボールやラクロスのボール、テニスボールで圧迫するやり方が自分には良かった。睡眠の質が良くなったことは自分にとっては大きなことだった。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です