Battery4をAbletonPushでコントロールする方法



BatteryをAbletonPushでコントロールする方法

先日、PUSH勉強会をやってきた時、Kurtさんは、ドラム音源はBatteryを使うとおっしゃってたんだよね。

PUSH勉強会13回目

なんで、PUSHでBatteryを使う方法を2つ説明するね。

正統派のやり方はExternal Instrumentsで一つ一つアサインしていくやり方。

これはマジで面倒くさい…

みんなすぐ叩いて、形にしたいよね。フルコントロールが出来るという意味では、時間があるなら一番のおすすめはDrumrack化することや。

考え方はこの記事にあるよ。

Ableton Push(全てのパッド)でフィンガードラミングをするための方法

もう一つの方法は、ルーティングを工夫してやる方法や。AD2の記事でも説明している方法の応用になる。

Live IntroでAddicitiveDrums2をPUSHで鳴らす方法

そして、Batteryは普通のAbleton Liveのアサインの方法やとパラメータのコントロール出来ないんだよね。なんで、絶望してるPUSHフレンズ多いはずだから書くよ。

Drumrackシーケンサーで、Batteryで打ち込む方法

ルーティングを工夫すればOKや。

これでOK。まず、空のDrumrackを読み込む。もう一方にBatteryを読み込む。

注意するのは、Battery側のMIDI FROMをDrumrackにすること。それと、Monitorをinにすることやね。

はい。これでPUSHで打ち込むことが出来る。めでたしめでたし。

とはならんわな…

これ、リアルタイムでフィンガードラムするならこれでもええんや。

レイアウトに関しては、とりあえずは本題じゃないからおいておくよ。

この方法の場合は、Battery側でレイアウトは考えてもらうことになる。希望があったら書くよ。

でも、実際にBatteryを使う時はオートメーション描いたり、いろいろしたいよね。まあ、Batteryは普通の方法でアサインできんからね。

BatteryのパラメーターをPUSHにアサインする方法

普通の場合は、Configureキーを押してから、コントロールしたいパラメーターをクリックしたら出来る。

これが一番基本やよ。

Ableton PUSH2で他社製プラグインをコントロールする方法

でも、Batteryはそうじゃないんや。すまん…

Amplitubeとかと同じタイプなんでちょっと面倒くさい。

Ableton PUSH2でAmplitubeをコントロールする方法

こうやって設定していくよ。

下むいた三角の「デバイスパラメータの展開」ってのを押して、それからConfigureを押す。ここまでは同じや。

普通なら、これで、クリックしていけばパラメーターはアサインできる。

で、クリックするとこう出る。

絶望や!

大丈夫やよ。やりかたあるからね。

この場合は、Attackをアサインしたかったとするよ。そうしたら、アサインしたいパラメータ上で右クリックしてみてくれる?

そうすると「Enable Host Automation」と出てくるよね。でこれを選択すればええ。

要するに、Battery4をプラグインとして使う場合はこれで選択してくれたらええってことやね。

はい、出来た。やったー。これで同じ手順でやっていったら、どんどんアサインできるよ。

IDナンバーが重複しないようにどんどんアサインしてくれたらええからね。

これで、Drumrackで高速に打ち込めるようになったけど、でもパラメーターオートメションで掛けられん。どうしたらええの?絶望や!

大丈夫や、やり方はある。

使える人からみたら、こんなことくらい調べろってなるかもしれないけど、それがわからんからみんな困るんやよ。大丈夫、ワシは永遠の無能。永遠の初心者やからわからん人の味方や。みんな気兼ねなく質問してな。

クリップをコピーする

Macなら、optionキーを押しながら、DrumrackにあるクリップをBatteryを立ち上げてあるトラックに複製する。

まあ、あるいはAbleton PUSH2なら、セッションビューのモードにしてクリップをDuplicateしてもええね。

で、オートメーション掛けたいとするよ。

当然、Drumrackでやっているわけではないから、ドラムシーケンサーは使えない。

その場合はこうすればいい。

まあ、邪道やけど、メロディックシーケンサーを立ち上げればいいんやよ。フフフ…

再生するときにはBattery4を立ち上げてあるMonitorをAutoに戻してな。

あ、これはシーケンサーでオートメーションをステップ単位でコントロールしたい場合ね。

やり方はこう。

センドリターンを使う場合

  1. Clipキーを押して、オートメーションを掛けたいステップを長押しする。
  2. 長押ししたまま、MIXを押して、センドでコントロールしたいパラメータをいじる

こんなのになるね。

アサインしたBatteryのパラメーターをいじりたい場合はこうして。

  1. Clipキーを押して、オートメーションを掛けたいステップを長押しする。
  2. 長押ししたまま、Deviceを押して、センドでコントロールしたいパラメータをいじる。

はい、これで、コントロールできる。

ね?

意外にメロディックシーケンサーや32ノートシーケンサーでこういうオートメーション掛けられるの知らない人多いみたいなんやよね。

すごく便利やからね。

全部DrumrackでExternal Instrumentsつかってコントロールするのが一番ええのは間違いないけどさ、でも、LiteやIntroのユーザーならこれでも使えるやろ。

そして、これは手順としては簡単やからね。

空のDrumrackではパッドの色が変えられなくて困るって。

解決法はありますよ。フフフ…認定トレーナーの森谷さんが凄い解決法考えてくれた。

フィンガードラマーならExternal Instrumentsすらいらんかもね。

Batteryも使えると楽しいな!

created by Rinker
Ableton
¥96,800 (2019/03/20 20:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です