Drumrackでレイヤーする方法 simplerを使った方法



Drumrackでレイヤーする方法 simplerを使った方法

そりゃないよマルさんと15回目のPUSH勉強会やったとき、マルさん(@maruoneloveが、「うりなみさん、レイヤーもっと簡単な方法ありますよ」といってくれたんやよね。

自分ではDrumrack活用編で書いたつもりやったんやけど、その記事、多分、修正しているうちに消えてあげるの忘れてたんやよね。マルさんに感謝や。

基本的なテクニックだから、みんな覚えておくといいよ。

Drumrackでキックをレイヤーする方法

キックをレイヤーする場合ってどんなんやろうか。アタックつよいところと余韻があるところの2つを合わせるみたいな感じちゃうかなと思うんで、加工を含めて説明しておくね。

まず、simplerを立ち上げる

それから、立ち上げたいキックをドラッグアンドドロップする。

今回読み込んだキックは余韻が長いタイプ。余韻は気に入ってる。

んじゃ、アタックが強いタイプも読み込んでみようか。

WinならAlt、MacならCommandキーを押しながらドラッグアンドドロップする。

そうすると、Instrument Rackというのが出来るね。Rackというのは、複数の楽器やエフェクターが組み合わさったものをRackというんやったね。Drumrackの中にさらにRack入れられるんかっていったらいれられるんやよ。

手っ取り早くレイヤーしたいならこれでもええ。

更に編集したい場合

ちょっとコツがあるんやよね。今回の場合、一番最初に読み込んだKick2のアタック部分はいらん。もちろん、アレンジメントビューで編集することも出来るけど、だるいよね。

で、Instrument Rackに読み込まれてkick_2を選択する

デバイスアクティベーター(そういう名前らしいよ。要するにデバイスのオン・オフやよ)の隣にある三角(拡張ビューって言うらしいよ)をクリックする。

そしてControlsというところをクリックする。で、Fade inで頭のアタックをなくす。

これでやるのが一番カンタンちゃうかな。海外のTipsでは割と取り上げられているテクニックではある。

聞きながら調整する時、PCMIDIキーボード使ったほうが、編集は速いと思うよ。

Ableton Live10からはMキーでPCの鍵盤で出来るからね。ここに説明あるからね。

Ableton Liveは打ち込みも快適 コンピューターMIDIキーボードがあれば会社でも打ち込みができる(駄目です)

ちなみにマルさんはめちゃ速い。普通の人やと、Ableton PUSH2でやったほうが速いんやけどね…

PUSHだと、MODEがONE-SHOTモードだったらMain(デフォルトで開くページ)に出るから編集はめちゃ速いよ。

この上のノブを動かせばいい。One-shotはドラムに適したサンプリングのモードだから、こういうのも示してくれてるんやよね。

Drumrack、わかってくると楽しいな!

Ableton Liveでサンプリングして遊ぼう slicingモードを使ってフィンガードラムの下準備

3つのモードの概要に関してはこっちに記事あるよ。

認定トレーナーのakimさんが、Drumrackについていろいろ動画作ってくれとるよ。

ちなみに、simplerの3つのモードについてはこっちにも書いてあるからね。

Ableton Liveでサンプリングして遊ぼう slicingモードを使ってフィンガードラムの下準備

Ableton Liveのセッションビューの考えがわかったら、MPCから移行しても分かりやすいと思う。

元ネタをループさせるだけなら、セッションビューで充分なんだよ…

Ableton Live のセッションビューは楽しい

Ableton Live のセッションビューは楽しい セッションビューの録音の仕方と考え方

セッションビューは楽しい 再生の考え方がわかるとAbleton Liveの可能性がわかる

セッションビューは楽しい 再生の機能説明 

セッションビューは楽しい リアルタイムでコード進行を作ろう

まあ、リアルタイムでコード進行を作るなら、simplerにコンバートしてWARP設定してAbleton PUSH2で弾くのもあり。

サンプリングを使ったやり方はめっちゃいろいろあるからね。

Ableton Liveでサンプリングは楽しいというコーナーでコツコツ説明していくよ…

 

 

 











4 件のコメント

  • 上記大変参考になります。
    追加で基礎的なことかもしれませんが、作成したドラムラックを別のプロジェクトでbrowserから読みだせるように(保存?)するにはどうしたら良いでしょうか?

    • クニチアさん、はじめまして!ユーザーライブラリーにDrumrackごとドラッグアンドドロップすれば保存できます。意外に知られてないんですが、便利です。
      こちらの記事の後半に、動画付きで説明してありますので、よろしかったらご覧くださいー。
      https://murinaikurashi.com/push-workshop15/

      • 早速回答頂きありがとうございます。
        簡単にできるんですね!
        帰宅後リンク先の動画と合わせて
        確認さて頂きます

        • はい、簡単にできます。他のエフェクトでも出来ますので、ぜひ、クニチアさん、楽しんでください。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です