無理ない暮らしをするための4つのチェックポイント 2月は苦しかった



無理ない暮らしをするための4つのチェックポイント 2月は苦しかった

正直今月は振り返りたくもないのだけれど、ブログは自分の記録であり、マニュアル。

自分にとっては大きなダメージがあったけれど、立ち止まらなかったことが収穫。

体の痛み、心の痛み、経済的にも厳しいとそれ無理ゲーやろという中でも、主体的であることが出来さえすれば自分は生きられる。

なんというか、どんどん人間らしさを失っている気もするが、これが自分の本質なのだろうと感じさせられた。

柔らかい機械になりたい。

今月は無理やりブログや勉強会で前進する感覚をもらった。ありがたいことだ。

ツイッターもほとんど見られなかった。

先月はこちら

無理ない暮らしをするための4つのチェックポイント 新年も限界に挑戦

では、振り返ろう。

快適な時間を長くするか不快な時間を短くする

厳しかった。自分の人生の中での長期的なものが崩れた。

誰かと生きる事が幸せの前提となるのはもろい。

人の関係も脆いものだが、人の命も本当に脆いものだということも再確認させられた。

正直、回復したとは言えないが、落ち込んで状況が変わることはないのだから出来ることをやるだけだ。

では、どうするか。東京を離れ、家で片付けと残務処理の日々でどう無理ない暮らしにするか。

ブログを書くのは無理だろうし、音楽をやるのも難しいと思った。

が、他の状況が変えられないなら、変えられるパラメーターは何かを考えてそこを改善する。

変えられないものは仕方ない。ならば変えられるところを変えるだけだ。

一刻も早く仕事や片付けを終わらせるという考えを捨てた。自分は、まず足元を固めるのを重視してきた。

が、それは正しかったのか?

特に夏からは必死で働いたが、それが上手くいったとはとても言えなかった。それも色々ダメだったわけだ。

改めて、人生のもろさを感じた。今、自分がやりたいことをやらなくてどうする。

いろんなものを諦めて生きてきた。

なりたいものにはなれず、得たいものは得れず、誰かと生きることは出来なかった。

ままならぬ肉体。

それでも、まだ、無理なく生きるという試みを諦めたくない。せめてこれだけはやらねば、何のためにここまで生き延びたのだと思う。

前のめりで死ぬというのは、主体性を手放さないことだ。

何も成せなくても構わない。もう、そんな時期はとうに過ぎた。

どんな状況であれ、前進するために、ブログと音楽には一日の中で必ず時間を割くことにした。

仕事は厳しい。一日の3/4が仕事というのはもう限界を超えているとは思う。

が、勉強会とブログは前進している感覚を自分に与えてくれた。

苦しみが多くとも、楽しみがあれば耐えられる。当たり前のことだ。

自分の内面に立ち返る機会があったのは良かったかもしれない。

無理ある暮らし

状況が変わったので自分との対話

立ち止まらない技術

ブログに関して

この記事をあわせて27記事。去年の6月からほぼ毎日更新という形でやって来たが、今月はやはり毎日更新は無理だった。ストックも使い果たした。

ほとんど家にこもって仕事ばかりしていたので、音楽の記事ばかりになった。

苦しい状況であればあるほど、書くことはある種の治療であると感じた。

捨てるに捨てられないものが本質というなら、音楽と、生きることについて考えることが自分のテーマということだ。

無理ない暮らしを考えるという事。

正直、書くという行為がなかったら、今月を乗り切るのは厳しかった。

とにかく書く。書き残したものをないようにしたい。時間が出来てきたら、読書や映画など今までそれほど書けなかった記事も書いていきたい。

音楽について

PUSH勉強会を全力でやった。前進する感覚が得られて、毎日のきつい状況を乗り切れたのは勉強会があったから。

この状況で11回は良くやれた。

音楽に関しては作ること、プレイすることは一旦置いておいて全力で資料をまとめることにした。特にボイシングの練習法については、ピアノやギターと違う方法論はほぼ出来た。出来れば9月までに書ききりたい。

2019年3月のPUSH勉強会について

トレーニングに関して

全くダメ。5キロ落ちてしまった。トレーニングしないとあっという間に落ちていく。

調理もしなかったし、酒の量も増えた。

2月はブログと勉強会はコントロール出来たので、3月は自分でまだコントロール出来る分野であるトレーニングに少し時間を割きたい。

コストを減らす

今月は特に工夫らしいものはないか。

あ、実家に戻ったことで、公共料金をカードで落とすようにした。これくらい。

飲みにも行かなかった。

処分したものとしては、東京を引き払う時にお世話になった人に機材を渡した。

ベースはakimさん、Stomp I/Oはレンさんにもらってもらった。

iRig Stomp I/Oは楽しい レビューです ライブモードは便利

実家の片付けで使ってないマイクやマイクスタンドがあったので、junさんにもらってもらった。

家の片付けがなかなか進まない。

捨てるのに確認を取らなくて良くなったものの、ゴミを捨てるのも大変で難航している。

ものが多くて雑然としていると、自分はどんどん集中力がなくなる。

すぐに片付けるのは諦めて、今、仕事をしている寝室にうず高く積まれている本だけは、1日15分ずつ梱包して、やっと一昨日少しスペースができた。

9月までに片付けたいが長期戦になるだろう。

毎週ダンボール数箱処分かな。一気に片付けたいけれど、それは無理なのだから、少しずつ。記録をみると、進んでいないと思っていても着実に進んでいるのだから。

お金で時間を買う

家事代行を頼んだ。家族の送迎など、今の自分には時間がさけない。調理する時間があるなら仕事、ブログ、音楽に使う。

ただ、頼んでいる人がいつも来てもらえるかどうかはわからないので、こちらで頼めるサービスは探していきたい。

あと、スキャンスナップを見つけたので、電子化されていないものを取り込むようにしてもらっている。

買ったわけではないが、パッドフレンズのメグさんに、トラックボールをいただいた。右手の腱鞘炎がひどくなっていて、マウスがきつくなっていたので助かりました。メグさん、ありがとうございます。

MX ERGO M570tは腱鞘炎持ちの人には助かる レビューです

壊れない

まあ、さすがにダメージは大きかった。肉体的にも精神的にも苦境にある。食欲は無くなったし、酒の量も増えた。

だが、止まらなかった。そこだけは評価出来る。でも、まあ30点かな…赤点。

明後日に半休にして、もう少し生活周りを整えましょう。

来月の自分への伝言

やっと3/2に半日時間がとれるので、サーバーの移転も出来ますね…

時間が取れるかもと思っていても、2月はやっぱり難しかった。

勉強会とブログを書くのは、自分を保つためで睡眠や食事みたいなもので、これをうりなみさんは欠いては駄目ですよ。

東京にいなくても出来ることはある。3月はやっとそちらに時間を割けますね。

腹をたてるのも悩むのも無駄と先月のうりなみさんが言ってましたが、激動の月でしたね…

悩みはしなかった。苦しくて、悲しかった。でも、それだけです。

こんな状況より苦しかったことはあるでしょう。

あなたは、どんなに賢ぶってもボンクラ。永遠の無能。

でも、ボンクラなうりなみさんはその度にボロボロでも必死でやってきたでしょう。

無能は変えられないんだから、せめて不屈の無能であろうとしましょう。

前のめりで死ねるように。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です