Beats Fit Proは料理するときや運動するときに快適 | 無理ない暮らし
当ブログはアマゾンなどアフィリエイト広告を利用しています。

Beats Fit Proは料理するときや運動するときに快適

機材・ソフト
この記事は約5分で読めます。

AirPodsProがちょっとヘタってきて、イヤフォンをBeats Fit Proにしたんですけど思っているより便利でした。Airpods Proより安いですし。人によっては、Airpods Proよりハマるかもしれません。

自分の使用用途ではBeats Fit Proで充分に快適に使えています。

自分がイヤフォンを使う場面は主に散歩中、料理中、運動中です。あまり長時間イヤフォンはしません。長時間イヤフォンするとしたら、出張の移動時くらいですかね。

まれに、外でミーティングするときに使います。

Beats Fit Proのいいところ

  • Airpods Proより安い
  • USB-Cで充電できる
  • AirpodsProと同じく、Apple製品との連携がスムーズ
  • 運動のときにAirpodsより落ちにくい構造になっている
  • ANCは強力

ワイヤレスイヤフォンは消耗品。そしてなくしたり、選択しちゃったりして駄目にすることもあるので、安ければ安いほうがいい。

第2世代のAirPods Proと比べると1万5,000円くらい安いです。

USB-Cで充電できるのもいいところですね。出張時にLightningケーブル2つ持ち歩きたくないので…

Apple製品との連携がスムーズなのはAirpodProと同等です。iPhoneにすぐペアリングしてくれることもそうですけど、Macにもスムーズにつなげます。オンラインミーティングでPC使うような場面でも便利でした。

ケースはAirpods Proより明らかに大きいですね。ウイングがあると落ちないのは嬉しいですね。Airpodsが調理中に外れて、Airpods煮込みを作ったボンクラでも安心です…駅のホームから片方だけ落としたこともありました。絶望ですね…

自分が使ってみていいなと思った一番のポイントは、耳からとにかく外れないことです。

Airpods煮込みを作ったこともあるし、片方だけ電車のホームに落としたりしたこともありますからね。絶望しました…

ウイング型と言うんですかね。耳の形が変なのか、Airpodsだとやたら落ちちゃうんです。

でも、Beats Fit Proは全然外れないです。イヤーチップも2つずつ付属しているのもいい。

ホールド力があるので、ジョギングしたりトレーニングされる方には安心して使えると思います。

Apple Watchとの連携がいいのもポイント高いですね。

ジョギングされる方で、携帯も持ちたくない方はAppleWatchで使いやすいイヤフォンとなると、Airpodsしか事実上選択肢がなかった。

ですけど、Beats Fit Proは連携に関しては同等の性能があるのも嬉しいですね。

AppleWatchからSpotifyにつなげても問題なく使えます。Apple WatchとBeats Fit Proだけで出かけられるのは身軽ですし。耐汗仕様なのもスポーツ向けです。

ノイズキャンセリングは強力ですね。Airpods Proの第2世代の方が強力なようですが、散歩のときに音楽を聞いたりするには十分。

個人的にうれしかったのは調理のときに音楽を聞ける。

換気扇や食洗機が回っていてもうるさくてどうしようもないということはなくなる。

スピーカーだと聞こえない環境でも問題ない。キッチンに立ってスピーカーだと全然低音わからなくなっちゃうんですけど、ノイズキャンセリングあればちゃんと聞こえますし。

キッチンに初代iLoudを持っていって使っていたんですが、キッチンのコンセントが足りないので充電したりするも手間でした。イヤフォンだと移動しても問題なく音楽聞けますしね。

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥49,800 (2024/07/25 23:13:31時点 Amazon調べ-詳細)

Airpods Proより明らかに低音重視のチューニングがされてるので周りの音が気になる環境ではプラスですね。

デメリット

充電、ワイヤレスでやりたいんやという方にとっては、純正のケースでないのは残念でしょうね…

私は、充電時間が短いほうが便利だという結論になって、充電はワイヤレスでなくても不便ではないんですね。それでもワイヤレス充電をされたい方には、こういう商品もあるみたいです。

あと、ケースは大きいです。スーツの内ポケットにしまったりする人なら気になるかもしれない。

ボンクラなので、このくらい大きいほうが間違って洗濯したりしないからいいんですけど、人によっては気になるかもしれませんね。普通にデメリットか…。

まあ、これもケースはカラビナ付きのやつとかいろいろありますしね。大きなデメリットではないかもしれませんね。

Lighningケーブルでなくて、USB-Cケーブルで接続するのは人によってはデメリットかな。

Beats Fit Proは耳から落ちにくい構造になっていて、密着感は非常にあります。ですので長時間イヤフォンしていると痛くなります。

長時間使用されるなら、Airpods Proのほうが快適だと思います。長いフライトでノイズキャンセリングのイヤフォン使うなら、Airpods Proのほうですね。

まとめ

イヤフォンをするのが主に散歩のときと調理の時。最近はあんまりトレーニングできてないんですけど、トレーニングでも外れないホールド力は安心です。

音楽をまとまって聞く時間を捻出するのが難しいので、こういうときに使えるのはありがたい。

リビングで仕事していて、食洗機を回したりすると、なかなか集中できないことはある。ロボット掃除機回してるときとかも気になります。家で仕事してるとどうしても音が気になることは割けられないですしね。

集中力を要する作業をするときにノイズキャンセリングがあると、気にならなくなるのはいいですね。

長時間イヤフォンをする前提で、Apple製品との連携を求めるならAirpods Proですけど、それほどイヤフォンはしない。でも外れにくい、ちょっと集中したいというときにはいい。

調理するのが最近しんどかったんですけど、なかなかいいですよ。Beats Fit Pro、無理ない暮らしに役立ってます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました