アウトドアで指ドラムしよう モバイルDTMは楽しい。



アウトドアで指ドラムしよう

昨日はスペカンさんと打ち合わせという名目で、ダラダラ遊んできたんや。

指ドラムもっと楽しんでもらえるにはどうしたらええんかと話してた。

もう途中で疲れてきたんで、LPD8WIRELESSで遊んでみたら、楽しかった。ちょっと屋外でセッションできるようなセットアップを紹介するよ。ワシは引きこもるのが好きやけど、気の合う友達と外でセッションするのはなかなか楽しいよ。

おしゃれさんにはマスト。高感度な若者はカフェで指ドラムしている。おしゃれカフェでみんなやっとるはず。

横浜では5人のうち2人はフィンガードラマーやよ。ワシら以外、テラス席に3人いたからね…。嘘は言ってないんや。事実の側面を強調してるだけや!

カフェのお姉さんの目が冷たかったけどな…

これ、別に公園でもできるだろうし、友達と一緒にちょっと遊ぶこともできる。ワシは引きこもりやからキャンプにいったり海にいったりせんけど、そういうところにいったらちょっと楽しいよな。

LPD8がどんなのかはスペカンさんが動画で紹介してくれとるな。

これ、GarageBandの音源で叩いてる。設定の仕方も載ってるんで、これみてやってくれたらええかな。

LPD8 WIRELESSを使ってiPhoneのGarage Bandでフィンガードラミングをするための設定

屋外でセッションできる機材

まあ、スピーカーあるないで結構変わるな。

スピーカーなら何かというと一番ええんはiLoudやな。電池駆動できるからね。多分、びっくりするくらい音デカイと思うよ。

iLoud Micro Monitorレビュー 一年使って便利さ再確認 iLoudとの比較

iLoudも持ってたけど、甥にプレゼントした。IK製品はモバイルでは圧倒的にええな。

斜めの関係

複数の楽器を使うんなら、Go:MIXERがあればええやろう。

新しいのは、コンデンサーマイクも使えるし、便利やけれど、複数の電池駆動のマシンをもっていくなら、GO:MIXERでええと思う。やすいしね。あ、長時間が駆動したい時は、モバイルバッテリーで動かせます。

電池駆動できるし、マイクもつなげるしな。ダイナミックマイク持っていって、iLoudに繋げば電池駆動できる簡易PAシステムの完成や。

GO:MIXERレビュー 安い・軽い・手軽 スマホで撮るのはアホみたいに簡単

電池駆動できるパッド

この動画で取り上げたのと違うけど、LPD8もええんちゃう。

MPD218は一台あると便利 現在3台目ですがまだまだ現役 レビューです

全くの初心者が指ドラム(フィンガードラム)をやるのに知っておきたいこと 第7回 MPD218の設定

レイアウト知りたかったら、こっちを読んでくと指ドラムもわかって楽しいと思うよ。

全くの初心者が指ドラム(フィンガードラミング)やるのに知っておきたいこと 第1回 一番安くできる方法

鍵盤を加えて遊びたい場合

おすすめはMicrokey Air25やな。これは自分がつかってるからおすすめできる。電池駆動するし、この大きさだとリュックやカバンに入るからね。ケーブルないとテーブル狭くてもええし、持っていくものも減らせるな。

あと、音源はアプリで2つおすすめあるな。
KORG Module
2,400円
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ
ピアノ音源やクラビネットあるから楽しい。予算があったらKorg Gadgetをおすすめするわ。
KORG Gadget
2,400円
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

ギターやベースを加えたい場合

ワシがつかったことがあるのはiRigくらいやな。ギターケースにいれられるし、ここからGo:Mixerにつなぐとかしてもええよね。

iLoudはちょっと高いなというときは、やすいパッシブのスピーカーを買えばいいと思う。100均でも今は買えるしな。
AmpliTube
2,400円
(2018.08.07時点)
posted with ポチレバ

iRig Stomp I/Oは楽しい レビューです ライブモードは便利

STOMP I/Oは外では使えないけれど、Amlitubeの使用感はわかるんちゃうかな。

究極のモバイル環境フィンガードラム

これはね。MacBookProとMaschine持っていけばええよ。

MacBookProだとレイテンシー詰められるし、ワシの一つ前の2017モデルなんだけれど、それなり内蔵スピーカーの音量は大きいからね。まあ、私とスペカンさんはファミレスで既にやってるけどね!あ、その時はヘッドホン分配器使ってます。やろうと思ったら、PUSH2もバスパワーで動くからできるけれど、液晶が暗いんで、残念ながら除外です…

前はファミレスで、これにつないで、スペカンさんが指ドラム。ワシがカッティングの打ち込みなんかをMaschineを交互に操作してやった。

状況に応じたモバイルフィンガードラムのまとめ

iPhoneやiPadがあるなら、カメラコネクションキットだけかって、パッドを足せばええな。8パッドならLPD8。16パッドならMPD218用意すればいい。

他の楽器を鳴らしたいなら、Micro KeyAirとKorg GadgetやModuleを加えて遊ぶのがいい。これならiPhoneやiPadから音が出せるからね。

スピーカーを繋ぎたい場合はiLoudとGo:Mixerがいるね。まあ、正直、iLoudつないで鳴らしたら、カフェでちょっと音を出してみましたというレベルじゃなくて、カフェでライブとかとおなじになると思うけどね…

バンドの子たちがやるなら、ギター、ベースはiRig+Amplitube、ボーカルはダイナミックマイクをGo:Mixerに繋げばいい。もう、それやとライブやけどね…

PCなしなら、MPC LIVEを加えるのが手軽やな。

PCありなら、Maschine+MacBook Proで、内蔵スピーカーから再生させるのなら、仲間内でサイファーしたりするくらいの音量で遊べると思うよ。

今はモバイル環境が整っているので、たまにはちょっとお気に入りの機材をもって、気のおけない友達と指ドラムも楽しいな!

追記:2018/08/08

Winでやりたい人もいるよね。音量はそれぞれのノートPCで違うかもしれないけどできる方法はあるよ。

Ableton Liveは打ち込みも快適 コンピューターMIDIキーボードがあれば会社でも打ち込みができる(駄目です)

Asio4ALLを入れてやれば、ノートPCでもレイテンシーは詰められる。ということはAbleton Liveがあれば、ノートPCでフィンガードラミングしながら一人でラップすることも可能…

やり方によっては格好ええ気もするな…

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です