Ableton Liveは打ち込みも快適 コンピューターMIDIキーボードがあれば会社でも打ち込みができる(駄目です)



Ableton Liveは打ち込みも快適 コンピューターMIDIキーボードがあれば会社でも打ち込みができる(駄目です)

ちょっとまた出張やら出かけることが多くなって、PUSHやMaschineすら持ち運べんことがあるんやよね。

まあ、病院の待ち時間にPUSHやMaschine持っていったらちょっと異様やね。でも、みんな指ドラムしたいやろ・・・

オフィスにMaschineやAbletonPUSHを持ち込むツワモノもおるかもしれんけど、まあ、それは会社から「あの人、やっぱりやばい人…」と言われて社会人生命の危機に扮するかもしれない。

ダメ、ゼッタイ!

これはパッドフレンズの危機と思ったのでお役立ち記事や。

コンピューターMIDIキーボードは使える

Ableton Live10になって、ショートカットキーが変わったんだよね。

MキーでコンピューターMIDIキーボードに切り替えられる。

まあ、ノートPCを使っているパッドフレンズも多いと思うので、認定トレーナーの森谷さんの素晴らしいセミナーで解説してくれとる画面の記事も読んでみてね。

Live10セミナー 森谷さんの説明が上手くて驚愕 参加できなくて残念 自分なりのまとめ

あと、マウスの記事ね。外でもマウスはあるとええと思うよ。ホイールが使えるようになってすごく便利になったよ。

Ableton Live10で楽しよう マウスにショートカットキーを設定すると超便利 あとテンプレートにMIDIラーン

ショートカットキーの覚え方とか。

Live10 新ショートカットキーです。アレンジメントビュー中心。Sonic Bloomさんの紹介と公式の紹介

本当、音楽やる時間が少ないときも、これあるだけでもかなり便利なんや。

  • ZとXでオクターブ調整 Zが1オクターブ下げる。Xが1オクターブ挙げる
  • C とVでベロシティ調整でベロシティを20下げる Vで20あげる
  • AからKまでで1オクターブ
  • 3音までは鳴らせる(ゲーミングキーボードなら、もっと鳴らせるかも、未検証)

やろうと思ったらフィンガードラムもできるよ。

これはDrumrackを使って作ってみた。まあ、ちょっとレイテンシーを詰めてないから苦しいプレイやけどね…

Ableton Push(全てのパッド)でフィンガードラミングをするための方法

この記事みてもらったら、設定はできるはずや。

Macなら、本体でもかなりレイテンシー詰められるから、単体でもかなり遊べると思う。

もちろん、パッドでやるのが一番だけど、そうでないときにちょっとしたメモを取ったりするのには便利。

もちろん、メロディやコードを弾いてもいいよね。

Winの場合はドライバが必要

問題はWindowsの場合やよね。

これはAsio4Allを使えばいいと思う。Winはレイテンシーの問題があるんだけれど、Asio4Allだとレイテンシーは詰められる。

こちらがダウンロードできる公式サイト

DTM Matrixさんのところに解説してくださってる記事があるね。

ワシがAbleton Liveを好きな理由は、こういうちょっとした工夫なんよ。ショートカットキーを使いこなしたら、ラップトップだけでも音楽できる。基本的に1画面完結のレイアウトだから、PCしかなくても音楽できる。

Asio4All使ったら、とりあえずノートPCだけでも作れる。ワシは結構助かっとるよ。パッドフレンズも、生活忙しいと思うけど、ちょっとの時間でも音楽できるとええよね。

Ableton Live、楽しいな!

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です