アレンジメントビューでもAbleton PUSH2は使える



アレンジメントビューでもAbleton PUSH2は使える

PUSH勉強会をいろいろやってきてわかったことは、みんなセッションビューを使わんということやな…

セッションビューがAbleton Liveの最大の特徴で、わかったら面白い。

まあ、だからこういうシリーズを書いてるわけやね。

Ableton Live のセッションビューは楽しい

Ableton Live のセッションビューは楽しい セッションビューの録音の仕方と考え方

セッションビューは楽しい リアルタイムでコード進行を作ろう

沢山記事書いてる。

興味がある人は、セッションビューは楽しいというカテゴリーあるから読んで欲しい。

でも、まあ、他のDAW使っていたりした人にはセッションビューはちょっとやりにくいのはよく分かる。

Ableton PUSH2の能力を発揮するのはセッションビュー

これは間違いないね。ノンストップでどんどん録音して行ってオートメーション掛けていくとか、セッションビューで他のクリップ再生しながら自分の演奏をオーバーダブするみたいなのは、PUSHが一番得意や。

なんで、ワシも今までAbleton PUSH2は基本的にセッションビューで使用するものだと言って来た。

波形編集して切り貼りみたいなのは、アレンジメントビューでマウスを使ってやるほうが早いからね。

でも、アレンジメントビューでもAbleton PUSH2は使える

自分は、アレンジメントビューでもかなりPUSHを使ってるのね。

当たり前だけど、MIDIコントローラーとしての有能さは変わらないよ。

PUSHで全部の操作が出来ないだけなんだよね。

よく考えたら公式でもアレンジメントビューでPUSHを使っているのはあんまりやってないから、アレンジメントビューで全く使えないと勘違いしている人おるんちゃうかと言うことに気づいたんだよね…

いや、普通に使えますよ。

まあ、マニュアルにはPUSH単体で使うときの動作しか載ってないから、そう思う人おるよね…

アレンジメントビューでもPUSHができること

  • Macroのアサイン
  • シーケンサー各種の使用
  • Add Device
  • Add Track
  • Mute
  • Solo
  • Mix
  • Clip 注意
  • Delete
  • Undo、Redo
  • Convert
  • Double Loop
  • Duplicate
  • Quantize
  • アームのオン・オフ
  • Automate 注意
  • Capture

うん。大体出来るよね…

メリット パラメーターをいじるのが簡単

あの、PUSHのメリットは、プラグインのパラメーターの数が少ない場合、自動マッピングされるのよ。

これ、Abeltonだけじゃないからね。

他社製のものも自動的にマッピングされる。だからプリセット呼び出して、ちょっとだけ微調整みたいなのは簡単に出来る。

すごく簡単に言うと、Komplete KontrolとかにあるNKSと同じような感じなのよ。

パラメーターのアサインが出来なくても、Ableton LiveはMIDIマッピングが超簡単なので、PUSHでコントロールできるのは大きなメリットあると思うよ。

メリット ギターと同じ感覚で、ピアノロールを打ち込める

特に、クロマチックの4度のモードなんかは鍵盤使いたくない人にはええよね。

Ableton PUSH2はベーシストとギタリストに優しい

live10 レビュー 新しいシーケンサーは天才。ギタリストとベーシストは小躍りするかも

もちろん、普通のMIDIコントローラーとしても使えるわけだから、リアルタイムに演奏しなくても使える。

手形を左手で押さえて右手でカーソルを操作すれば普通に打ち込めるからね

PUSHのシーケンサーよくわからないけど、ピアノロールはわかるという人だと、めちゃくちゃ高速に打ち込み出来るよ。

微調整はPUSHでできる

これ、ワシがPUSH勉強会であった人はほとんど知らんかったかな。

セッションビューに録音して、ナッジしたりベロシティ調整したりするのはPUSH、アホみたいに簡単だよね。

これ、すごく便利だよね。

じつはアレンジメントビューでも使えるんですよ。フフフ…

アレンジメントビュー上でクリップを選択してからPUSHでClipキーを押せばいい。そうしたら、そのノートのベロシティ変更やナッジ、レングスなど調整できるからね。

そうすると、Drumrackのシーケンサーも使えるしね。

あ、基本的なことだけど、アレンジメントビューで、入力したい範囲を選択して右クリックして「MIDIクリップを挿入」する。

そうして空のMIDIクリップ作ってからなら、PUSHのシーケンサー全部使える。

Drumrackのシーケンサー使えるから、ドラム超高速に打ち込めるからね…

オートメーションが掛けられる

うん、掛けられるんだけど、セッションビューで録音する方法とは違うよね。当たり前だけど。

Automateキーを押すのは同じやけど、MIDIアレンジメントオーバーダブを押して録音。そうすることで、ノートが消えずオートメーションが録音されていくからね。

まあ、裏技ってほどじゃないけど、PUSHでやろうとする時にハマる人は多い気がする。

まとめ

アレンジメントビューはPUSHだけで全部やろうとしたら無理よ。

でも、マウスや鍵盤併用したら普通の鍵盤使うより早いし、セッションビューに実際移すの難しくないよ。

クリップを選択してTABキー押せば移動できるからね。

これ、アレンジメントビューでも、セッションビューでも簡単に出来る。

ワシは基本的にPUSHはセッションビューで録音してストックしてから、選択してTABでアレンジメントビューに持っていくワークフロー。

でも、アレンジメントビューに持っていってから、部分的に修正とかPUSH使ってやる。

シーケンサーすごく優秀だしね。

そして、緻密な打ち込みするなら、ピアノロールを使いながら、PUSHで打ち込むほうが簡単。画面大きいしさ。

PUSHは確かにセッションビューが強いけど、アレンジメントビューでも使えるよ。

サンプル切り刻んでナッジしたりリバースしたりするのは、PCでやったほうが早い。

でも、こうやって、使えることどこにも書いてなかったからね。

特に、シーケンサー使えるの知ってたら、普段のワークフローに組み込めるからね。これからはそういうことも強調していくよ。

アレンジメントビューでPUSH使えると楽しいな!

追記:2018/12/12

アレンジメントビュー用にマウスの複数のプロファイル設定できるゲーミングマウスは持っているとええと思うよ。

ワシはセッションビュー、アレンジメントビュー、クリップビュー用にショートカットを登録してある。

かなりの部分PUSHでやるようになってしまってるから、アレンジメントビューでマウス使うことが多いかな。

Ableton Live10で楽しよう マウスにショートカットキーを設定すると超便利 あとテンプレートにMIDIラーン

created by Rinker
Ableton
¥87,696 (2019/01/17 19:29:16時点 Amazon調べ-詳細)











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です