付属のインストゥルメントの一部の設定を変えたい場合 | 無理ない暮らし
当ブログはアマゾンなどアフィリエイト広告を利用しています。

付属のインストゥルメントの一部の設定を変えたい場合

スポンサーリンク
Ableton友の会
この記事は約2分で読めます。

Ableton友の会であった質問です。

超初歩的な事なのですが、付属インストルメンタルのプリセットをロードしてその一部だけの設定だけ変えたいのですが、緑色のポチがついてるノブ等は変更ができません。
多分これがマクロってやつなのですかね?マクロマップの見方もよく分からなくて…
この赤丸の中の緑ポチのノブとかを変更したいです

絶望ですね…

でも、大丈夫です。ちょっと理屈を説明しておきます。

Ableton付属のインストゥルメントは、既にマクロが設定されていることが多いです。

マクロとは、複数のパラメータ一つのノブで他のデバイスのノブでコントロールしたり、複数のデバイスをコントロールする機能をもったものです。

複数のデバイスのつまみをいじろうとするときに、スクロールしたりするのは大変ですよね?

そういうときにグループ化してRackにして画面左側のツマミでコントロールできたら楽ですね。

この、左側のつまみをマクロコントロールといいます。

PUSH等なら素早くこれで音作りが出来る。

と、大変便利なマクロコントロールですが、当然このマクロコントローでいじっているパラメータを動かしたいのであれば、マクロコントールを解除(削除)しなければいけないわけですね。

Ambient StarfieldのArp Rate上で右クリックすると、この一つノブ(マクロコントロール)に複数のパラメータがマッピングされていることがわかります。

こちらからマッピングを削除しても良いのですが、どのパラメータなのか直感的ではありませんね。

どのパラメータがコントロールされているかマクロコントロールの側ではわかりにくい。絶望や…

大丈夫です!

削除したいパラメータ上で右クリックします。

今回はRateをマクロコントロールから解除したいので「マップを削除」を選択します。

無事、解除されました。

安心ですね…

ちなみに緑色の点は、マクロコントロールされていることを示します。オートメーションは赤色の点ですね。

Rackの概念が理解できると思います。
Macroの活用などがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました