ケトルベル ジャークは楽しい



ケトルベル ジャークは楽しい

そう言えばトレーニング記事、しばらく書いてなかったですね。

トレーニングは変わらず続けています。ケトルベルのトレーニングも、完全に日常生活の一部になったなと思います。

一昨年までは、今ほど移動が多くなかったので、トレーニングはうまく出来た。

自宅でトレーニングするのは今までやったことなかったんですけど良かったですね。月の半分近く出張だったりするんですけど、家で出来ると、それなりにトレーニングできる。

24時間オープンしているジムもありますけど、家でできる手軽さは魅力です。

最近はケトルベルジャークがやっと出来るようになってきました。

こういうやつですね。

これがなかなか難しかった。

肩の可動域が厳しいのでこれは無理かなと思っていたんですが、右手は出来ました。

4ヶ月かかったのかな。

ケトルベルはもちろん上半身鍛えられるんですけど、パワーリフティングと近いところがあって、いかに一箇所だけの力だけではなくて、挙上するかなんですね。

股関節の力を上方向に爆発的に発揮させる。上半身の力だけでやってるわけではない。

もちろん、三角筋や上腕三頭筋、広背筋は鍛えられるけれど、動作を限りなく洗練させるんだろうなというのが見えてきた。

動画見ると、やっぱり上手な人には共通した原理が見えるんですよね。

初め8キロという物凄く軽い重量でやっていたんですけど、軽すぎて腕だけの運動になっていて良くないなと感じていました。

で、重いほうが股関節の力をうまく使えるんじゃないかと思って、ちょっとずつ重量上げて16キロくらいからコツが分かってきた。股関節と背中の力で跳ね上げるのがわかってきた。

で、やっとこの一ヶ月20キロに重量を上げて練習してました。

一回だけですけど、ああ、これだという挙上ができた。自動的に正しい動きができた。

脳が正しい動きを覚えたんでしょうね。

怪我で出来ない動作は日常生活の中でもあるんですけど、新しい動き方で対応できるのも結構あるんですよね。

私は筋力なくなると寝たきりになりかねないので、死ぬまでトレーニングは続けます。

ケトルベルは、今まで訓練してなかった動作で面白いです。

スイング、クリーン、スナッチ、ジャーク、ゴブレットスクワット、サイドベント、ローをトレーニングメニューでやってるんですけど、30分掛からない。

出張行く前にも出来ますし、帰ってきてからでも簡単に出来る。

時間がなくてもできますし。費用も掛からない。

出張あるので、適度に休みも入るのも悪くないんでしょうね。

動作を洗練させるのは一生掛かるんだろうなと思います。

重量をあげるとロックアウトやフィクセイションが甘くなるし、上手な人見てると、凄いなと楽しくなりますね。

そこまでにどれくらいの修練があったのかわかるようになってきたのは楽しい。

ケトルベル、はじめやすいけど奥深い。楽しいですよ!

created by Rinker
FIELDOOR(フィールドア)
¥5,780 (2019/11/17 16:55:35時点 Amazon調べ-詳細)

彼女にプレゼントしてもらいました。24キロまで片手でやってから、両手に挑戦するか考え中です…

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です