Maschineの使い方を知るのに便利なサイト それとちょっとキーボードショートカット 更新 2018/08/05



Maschineの使い方を知るのに便利なサイト ちょっとキーボードショートカット

Maschine慣れてくると楽しいし、快適なんですが、とにかく情報が少ない。

日本語の情報は少ないのですが、発信してくださっている方がいらっしゃって勉強になりました。

やっぱり、海外サイトの情報量が圧倒的ですね。Maschineはいろいろバージョンがあって、概念は同じでもコントローラーの違いで、できる操作と出来ない操作があるのが難しいところで、動画は手元を移してくれる動画が参考になるので、特にそういうものを選びました。

これも少しずつ更新していきますね。Maschineの場合は、マニュアルのPDFもダウンロードしないといけないので、大変ですよね…

マニュアルのダウンロードはこちら

あと、使い方の応用編みたいものは公式以外はそれほど取り上げていないです。また、これもPushと同じく更新して充実させていきます。

動画でもわかりやすいとか、手元が見えるとか、他ではあまりされていない解説があるとか、それぞれのメリットを考えて紹介しています。

サイトと勉強になった点

 

1いっかいさんのサイト。

Drumsynthの使い方など役に立つ記事がいっぱいです。Maschine以外にもDAWや機材の記事もたくさんあって勉強になります。

Sleepfreaks

Maschine,Maschine Jamなどの情報もたくさん。Maschineの場合は、Kompleteが付属することで関連するソフトも理解する必要があります。

SleepFreakさんのサイトをはじめから終わりまで見れば、操作は大体わかるはず。

私はSleepfreaksさんの記事で書いていないところを書くようにしてます。重複してたら無駄ですし、Sleepfreaksさんのサイト見てもらったほうがわかりやすいですから。
本当、日本語での情報少ない中で発信してくださって助かってます。

フィンガードラマーとしては、Drumlabの使い方はおさえておきたいので、音色の作り方などはごらんになるとよいかと。

Drumlabをフィンガードラミング用に設定するための方法はこちら

どん底からの週末音楽生活

ご利益ギタリストピロ太郎さんの(@project0t )のサイト。Maschineについても記事を書いてくださってます。

Logicを使っていらっしゃるので、Logic+Maschineの方には特に勉強になると思います。

youtubeの動画も参考になります。ギター動画も楽しみですね。

 

イケベ楽器さんの「まいにちMASCHINE! Day1♪〜 MASCHINE STUDIOで覚える曲づくりのきほん〜 」をみるとキットを使ったドラムの打ち込みまでわかると思います。

Duplicateキーの使い方をおぼえると、応用が利くのでいいですね。Maschine Studioで説明してありますが、基本は同じです。

Group,Soundの概念などの説明もあります。

音の鳴らし方も。

音楽制作ブログさんの記事 おすすめ!

Native Insruments Maschine2の使い方

こちらにも、Group,Soundの概念を説明してくださってます。PatternとSceneの概念も説明してくださっているので、役に立つと思います。

Native Instruments Maschine2 / 音色の選び方①

Project,Group,Sound,Sampleの定義など。SoundはSampleを加工したものなんですが、わかりやすい表現で説明してくださってます。

Native Instruments Maschine2 / 音色の選び方②

私のサイトで、「maschin mk3 最初の音出し」と検索された方、音色の選び方がわからないようなら、こちらをみるとわかると思います。Group,Sound,Sampleの概念が分かれば簡単です。

Native Instruments Maschine2 / ハードウェアからの音色の選び方

Kitの概念の説明はこちらに書きました。わかりにくいですよね…

MaschineのKitの概念 InstrumentとGroupのkitの違い ステップシーケンサーも挙動が違う

追記:2018/06/11 MaschineでBattery4を使うときに戸惑っていらしゃる方もいたようです。こちら

Batteryを使ってMaschineでフィンガードラミングする設定を書きました。MaschineからBatteryのパラメータをコントロールする方法も説明してあります。

MaschineでBatteryを使ってフィンガードラミングする方法

 

オタイレコードの

初心者向け!MASCHINE徹底解説

概要説明から実際に使用の流れになっています。体系的に機能説明するのもいいですが、実際に作るまでの流れをみて実際に操作することでわかったことも多いです。

追記:2018/06/10 A Smooth Architect(@asmootharchitec)さんから情報提供いただきました。ありがとうございます。

A Smooth ArchitectさんのYouTubeチャンネルはこちら

A Smooth ArchitectさんのSoundcloudはこちら

a weblog of THE WATERMELON BOOTLEG

楽器屋で使い方を確認するなら抑えておきたいところや、リンク集などまとめてくださってます。

Maschineはコントローラーによってかなり操作が異なるので、いろいろな情報があったほうが利便性は高いんですよね。私は、コントローラーに関してはmk3とMaschine Jam、それとソフトの方を紹介していこうと思っています。情報提供、お待ちしています!

追記:2018/06/30

Maschine Jamの概要についての動画です。シーケンサー周りの解説もあります。

まあ、Shiftキーの使用が多いと思うかもしれませんが、こういうものだと思ってください。パッドの上に文字が刻印してあるのは、基本shiftキーを押すと機能します…

更新:2018/07/12

MASCHINEだけでトラップのヒットチューンを制作|MASCHINE MK3チュートリアル

SoundRopeさんの記事

特にSceneの関係性がわかりやすいと思います。スイング(跳ねさせる)機能などの説明もしてくださってます。

全体の流れを考えるとSoundropeさんの記事がよく分かるかと。

自分が書いた記事

手前味噌ですが、いろいろバラバラに散らばっているので、ここにもリンクを置いておきます

叩いて覚えるシリーズ 現在マイナー編まで。

叩いて覚えるコードとスケール Maschineでコードがわかると楽しい

コードとスケールの選択についてかいてあります。他で書かれていないクロマチックモードの使い方なども

叩いて覚えるコードとスケール番外編 Maschineでメロディーとコードを弾く時の設定

コード譜は読めると便利。インターバルも。でも音楽知識がない場合に、コード譜を読むのも大変です。なんで、読み方やイメージ。やろうとおもったらMaschineでも相当いろいろ出来ます。

叩いて覚えるコードとスケール 番外編第3回 Maschineでコード譜を使うには。

Komplete Select付属のDrumlabのレイアウトについて書いてあります。強力なソフトですけど、そもそもMaschine付属のソフトではないから、コントローラーで全部設定は出来ないんですよね。レイアウトについての記事はなかったので書きました。

MaschineでDrumlabのキットをフィンガードラミング出来るように配置を変える方法

 

Maschineのサンプラーなどの発音方法についての説明。Maschineの場合、Ableton Liveとは挙動が違ったり、微妙に言葉が違ったりします。

リサンプリング、サンプリングモードの記事は書いたほうが良いな…

Maschineで押した長さだけ発音して困る場合の解消法

MaschineとAbleton PUSH2の違い。MaschineユーザーでDAWがないなら、JAMあるとものすごく快適だと思います。Ableton Liveのセッションビューと同じ使い方ができる。ノートのシーケンスが高速にできるようになったことで、外部プラグインの使用がスムーズになりました。これ、メリットとしてもっと強調されてもいいですね。

Ableton PUSH2とMaschine Jamの比較 PUSH2持ってるのになんでMaschine Jamを買ったのか。レビューです。

Maschine Jamの利点についても述べてあります。Instrumentの扱いについての記事ですが、Maschineで悩んでいる人多そうなので書きました。

MaschineのKitの概念 InstrumentとGroupのkitの違い ステップシーケンサーも挙動が違う

MPC LIVE使っていて移行した人だと、サンプリングから切り出すときも手順が違って戸惑うと思います。私はAbleton Liveが一番得意なので戸惑いました…

Maschineで一曲から複数のネタを抜き出す時のやりかた。もっと早い方法はないのか・・・ ありました!

Samplerのデフォルトがモノでなくて死にそうでした…

Maschineでサンプルが重なって再生されて困る場合 MPCからの移行組とLive使っている人は注意

パッドリンク。便利なのに使われていない。パフォーマンス機能だからですかね・・・

Maschineで同時に音を鳴らさない方法と同時に音を鳴らす方法 Chokeグループとパッドリンク

Ableton Liveの外部コントローラーとしてMaschineを使うと快適だよって話です。多分、日本語の記事で設定書いてあるのは他にないかな…

Maschine mk3とAbleton Liveを組みあわせると快適 Maschineを3ヶ月使ってみてのレビューです。

追記:2018/06/30

Maschine JamでもAbleton Liveのコントローラーとして使えますよ!

こういうのNIがもっと宣伝してくれたらいいんですよね…

Maschine JamをAbleton Liveのコントローラーとして使うと便利

追記:2018/07/02

Maschine StudioでAblton Live9をコントロールしている動画です。9でも10でも基本的にできることは変わらないので、Studioの人は重宝すると思います。

追記:2018/07/12

Maschineのルーティング ヘッドフォンとモニターで違う音を鳴らすための設定

ライブのときには必要です。それと、音がでないとおっしゃっている方は、ここのところの設定が違うかもしれませんね。

MaschineでマクロとLOCKを使うと楽しい

マクロ。つまみをいじってぐりぐりしたいパッドフレンズもたくさんいると思います。サイトで検索してくださったキーワードから書いています。ツイッターかサイトで質問していただけるとピンポイントで記事が書けると思います。

なんとかして、情報がない状態は避けたい…

検索している時間は音楽している時間ではないですからね。

追記:2018/08/05 2.7.7にアップデートされました。

Maschine 2.7.7 アップデートでの変更点

英語の動画

やっぱり、圧倒的に英語の動画が多いです。そして、わかりやすい。最新情報を反映するのも早いですしね。

andrewchellmanmusic

もやしんさん(@moyasin_eに教えていただきました!

はじめにこれを見ておけばよかった…

基本操作から説明してくださっているので役に立ちます。英語ですが、わかりやすいですね。

 

公式サイト

マニュアルすらついていないスパルタなMaschineですが、公式サイトの動画は充実してます。マニュアルは辞書的に読んで、こちらの動画をみるといろんなテクニックを学べます。一通り操作がわかってから見てもよいですし、動画が2分前後と短いので、好きな順番に見てもいいです。JAMに関してもかなり動画あります。

Maschine Tutorials

英語ですが、Maschineについての動画が豊富にあります。

項目別に分かれているので、知りたい動作を覚えるときには特に便利。

POINT BLANK

Ableton PUSH2やAbleton Liveの操作を学ぶときにも役に立ちましたが、Maschineでも役に立ちます。

大量に動画があるのですが、特にステップシーケンサーを実際に操作したりmk3での操作を学ぶのに役に立った動画を貼っておきます。

この2つ見たらかなり分かると思います。

ADSR 

Maschineの解説動画では、おそらく一番数が多い。Drumsynthは強力で知名度もありますが、BassSynthもいいですよね。多分、Basssynthについて解説してある動画ではこれが一番わかり易いと思います。

2.7でMaschineは大きくアップデートしたのですが、特に再生しているオーディオにピッチをつけるようなことを説明してくれています。

DAVE Digital and Vinyl Expert

おすすめはこれ。コントローラーをかなり使ってくれるので、操作が覚えやすいです。特にMk3はSTUDIOと違って、shiftキーを使ってたくさんの機能を使う必要があります。

矢印キーの使い方これで覚えました。ステップシーケンサーそもそもそんなに使わないのは4Dエンコーダーで選択するのが面倒だし、PCでやったほうが私は早いですが、コントローラでDAVEさんはやってくれているので、コントローラーの操作、すごく参考になります。

shiftキーの使い方もこれで覚えられます。

追記:2018/08/05 公式の動画です。プロジェクトファイルを落とせば使い方がより理解できると思います。IDEA VIEWとARRANGEMENT VIEWについて、ソフトウェアで説明してくれてあります。前の動画はMaschine mk3のコントローラーを使った動画ですが、これはソフトウェアなので、どのMaschineでも応用ききます。私、コントローラーでやったことないです…

キーボードショートカット

 

WキーでGroupviewとKeyboardviewの切り替え
SキーでSampling Viewのオン・オフ
DキーでSoundとGroup切り替え
Eキーでペンシルツールのオン、オフ 追記:2018/08/05 消しゴムツールは廃止
TabでMixerとScene切り替え
Alt+矢印でナッジ おすすめ!
Alt+ペンシルツールで複製 おすすめ! 追記:2018/08/05 当たり前に使っていましたが、すごく便利です。Maschineで編集するよりはるかに早いです・・
Ctrl+D 複製
F4 Loopなどの画面のオン・オフ
F12 ベロシティなどの画面のオン・オフ

Ctrl+1でidea view
Ctrl+2でsong
Ctrl+3でミキサー

LでLoopのオン・オフ
/でレコーディング開始
Ctrl + Shift + Space でカウントインのレコーディング 追記:2018/08/05 2.7.7で追加
スペースで再生

あると便利なアクセサリ

Ableton PUSHと同じく、フットスイッチあると便利です。録音するときに手で押さなくて良くなるだけでも、私はストレスが減りました。

角度つけたり、デスクのスペースが狭い人にはあると便利ですね。このタイプでは一番安価ですが、作りはしっかりしてます。

Maschine、やり方が分かってくると、高速に形にできるし楽しいんです。せっかく買った機材でみんな楽しく音楽作れると良いですね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です