チキンソテーとカルリーニョス・ブラウン 



料理は作るのも大好きなのだが、よく考えたら記事にしたことがなかった。

安くて食った気になれる料理といえば、鶏肉でしょう。ソテーは出来ると食卓が華やかになる。つまみにして良し、メインにしてよし全く有能な食材だ。近所のスーパーで2枚298円のもも肉を買ってきた。ブラジル産。ブラジル繋がりでカルリーニョス・ブラウンです。想像力が貧困や。

細かいレシピは必要ない。すべて調味料は目分量。勘。

必要なもの

  • 音楽
  • 塩コショウ(クレージーソルトでもOK,塩コショウ)適当
  • ニンニク 適当
  • 鶏肉

ソテーを上手く作る時のコツは3点

  • 常温に戻す
  • 塩コショウをする
  • 皮目から焼く

これだけである。肉を焼くときのコツは、結局のところ常温に戻しておくことだろう。火の通りが均等でないのはまずいし、柔らかく焼けない。

塩コショウをするのは味を染みさせるため。臭みが気になるなら、ペーパタオルでドリップ(肉汁)を拭き取っておくとよい。塩コショウ適当にして常温に戻るまで放置しておけば良いだけ。

酒は必要だろう。なぜなら焼けるまで時間が掛かるから。音楽を掛けながら酒を飲みながらやるだけである。

塩コショウして、ボールに。ボールは耐熱ボールを持っていると何かと重宝すると思う。このあたりで酒を飲みながらカルリーニョス・ブラウンを聞いて踊っていた。

ニンニクは必要だろう。ニンニクの皮の簡単な向き方は、包丁でつぶすこと。このように包丁で潰せば簡単に皮はむける。一枚あたり一つあっても良い。

オリーブオイルを熱して、にんにくを投入。香りが上がってきたら肉を皮目から入れる。

火加減は弱火。

うちのマンション、ガスコンロが二口なのは良いけれど、小さくて数品作るのは面倒。とにかく弱火!このあたりで更に酒。

バーデン・パウエルのアルバムSolitude on the guitarがかかって我に返りそうになる。Baden Powellは亡くなる前に見たことがある。痩身で、大丈夫かしらと思ったが、ギターを弾いたらやっぱりとんでもなかった。ギターでサウダージを感じるのはBaden Powellだな。

あ、チキンソテーですね。

もも肉はカロリーがと思われる人も多いと思うのだが、鶏肉で一番多いのは皮のカロリー。フライパンでも箸でもよいが押さえつけて焼く。鶏の臭みは皮の油もあるので、適宜ペーパータオルでふきとれば、カロリーも減らせる。パリパリの皮にするならフタは閉めないほうが良い。

これくらいの弱火だと20分以上は掛かるかも。酒と音楽が必要なのはこの時間に耐えるのが必要だから。最後数秒だけ裏返して焼く。

完成。

パリパリに焼けた。とりあえず木のまな板に乗せれば美味くみえると思ったのですが、ご飯載せたら残飯にしか見えなかったですね。美的センスはやはりないな。

色が寂しいならパセリとかローズマリーも悪くない。

安くて簡単。なんだかしんどいなと言う時に、とりあえずちゃんとした飯食うと元気出ませんか。料理、下手でも楽しいですよね!

うち、キッチン狭くて、熱いまな板にしたら快適になりました。美的センスがあれば結構綺麗に見えるかも
貰い物の包丁とプチナイフとこれ一本でやってます。一本だけならこれで充分。切れる包丁が一本あると料理は楽しくなります。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です