Live10がオーソライズされない場合の対処法



Live10にアップデートする際、オーソライズが上手くいかない場合いくつかの対処法があります。

公式サイトが日本語訳を掲載していないので、重要なところをかいつまんで書いておきます。

オーソライズ(認証)が上手くいかない場合

Windows版です。Mac版も希望があったらやります。

  • Chrome使うのやめてね。
  • キャッシュを削除すると良い。
  • 他のブラウザを使うと良いよ。
  • アンチウイルスソフトが承認を上手くいかないようにしてるかもしれないから、一時的にオフにしたり、ファイアーウォールをオーソライズ中には切ってね
  • それからアンチウイルスソフトの例外に登録しておいてね。
  • Ableton liveのデモ版だと、バグが直ってる場合があるから、それで試してね。
  • 管理者権限で実行してね

私もLive10にアップデートした時、スムーズにいかなかった記憶がありますね。

Macは上手くいったんですけどね…

回避策1 オーソライズをオフラインでしてね。

回避策2 以下の行をoptions.txtに加えてオンラインのオーソライズを試してね。

-UseWin95StyleFileTypeRegistration

options.txtはここにあります。

Users[username]AppDataRoamingAbletonLive x.x.xPreferences\

これらデフォルトでは隠しファイルなので、設定変えてみてください。options.txtはいろいろいじれて面白いですよね。

隠しファイルについてはこちら

ハイフン入れて一行に1つの要領で書いてとのことです。

回避策3 以前のableton liveのバージョンを全てアンイストールしてね

これ、私の場合は当てはまりました。

オンラインのオーソライズが上手くいかなかったら

オフラインで試して

それでも問題があったら、問題の全文書いてサポートに送ってね。とのことです。

オーサライズしないと使えないわけですから、そのトラブルは本当に困ります。

FAQを充実させるのは私達ユーザーの満足度を高めます。チャットサポートはありがたいですけれど仕事や学校の都合で無理な人もたくさんいると思うんですね。

FAQはしっかり日本語でやってほしいです。もちろん、経営リソースの問題もあるでしょうけど…

私たち、別に音楽がやりたいわけであって、ソフトやPCに詳しくなりたいわけではないですからね。

使ったらみんな楽しくなる良いソフトで、簡単な操作が売りなのに、ここがわかりにくくて、Ableton Liveを使うのをやめたり、嫌いになったりしたら残念じゃないですか?

Abletonのサイト見ると、開発秘話も楽しく読める。私達ユーザーもAbletonのコミュニティに属してると感じる、稀なソフトだと思います。

他のソフトにはないいいところ、たくさんあります。

いい製品なのは間違いないんですから。だから、ユーザーグループもある。私だって、Ableton PUSH2があるから、毎日凄く楽しく過ごせてるんです。Push研究会とかそんなものはじめちゃうんですから。

だから、もうちょっとだけ力いれてもらえるともっと人に勧められます。

Ableton は私を雇うと良いと思います。笑

人に勧めた以上、公式がやらないなら私が訳します。本業やらんでなにやっとるのという感じですね…

Ableton Live,楽しいですよ! 希望があれば、FAQ訳します。リクエストあればtwitterでお気軽にどうぞ。

追記:2018/03/28 オフラインのやり方です。

オンラインで上手く行かなかったら、オフラインすぐ試したほうが時間の短縮ができそうですね。保存用のメディアがいるので、どうしてもオンラインに比べたら手軽ではないですけど。

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です