石橋 肉バルMoooh!! ランプ肉が食べごたえ抜群



石橋 肉バルMoooh!! ランプ肉が食べごたえ抜群

またもや人生の転換期である。

東京を離れたと思っていたら、今度は大阪で仕事をする機会が増えることになった。

暮らしやすい土地を探す 大阪はファンク度数が高めで暮らしやすそう

転換期が多すぎる。

おそらく自分は一処に落ち着くことは出来ない。そう生まれたんだろう。

面接の後に、ちょっと石橋で飲もうかということになった。

昔のチームのメンバーと飲むのは久しぶりである。

疲れたと連呼していると、「肉食べましょう。肉」となった。

ということで、石橋に。

石橋は好きな街だ。石橋もどこか昭和の薫りがする街だ。

カウンターも有り、一人で飲むのも悪くなさそう。店内の雰囲気も悪くない。

元気が無いときは肉を食う。シンプルだが効果的なライフハックだ。

元気が無いときは酒を飲む。人類の英知とも言えるライフハックだ。

元気がある時にも酒も飲む。

え、いつ飲んでもいいって、凄すぎない?!

何このエリクサー…

まずはビール。突き出しは鳥のコンフィだろうか。シンプルでうまい。

体に気を使ってサラダ。野菜を食べれば酒はいくら飲んでも大丈夫だと信じている。

信じることから何事も始まる。

生ハムとサラミ。スパイシーなのもうまかった。酒が進む。なくても飲むけど。

ステーキ。結構ボリュームがあった。肉肉しいですね。肉を食べるの無口になりますね。

当然酒は飲みますよね。

二人で食べたので結構お腹いっぱいになった。

ピザ。しっかりした味付け。当然、酒のおかわりは頼みますよね。

出歩くのも久しぶりだったが、昔のチームのメンバーと飲むのも久しぶりである。

といっても、一緒に飲みに来たのは、エクセルの魔女と恐れられていた加藤さん一人だけである。酒乱でもあった。

変わらなくてびっくりした。

加藤さんはありとあらゆる書類をエクセルで作り、最後にはエクセルでテトリスを作るようなクレージーな女性だった。

経費精算の複雑なマクロは誰も触れることが出来なかった。

進捗管理もエクセル。堪忍してくれ。

勤務時間中に、「うりなみさんが、出張してる間に、CD-ROMドライブ(わかります?)をエクセルで開閉できるようになったのよ。フフフ…」と嬉々として報告してくれたことがある。

病膏肓に入るとはこのようなことか…

どう反応すればよかったのだろうか。

自分が会社をやめてから、チームのみんなに連絡はとらなかった。

同業他社への転職が出来ないことになっていたこともある。その時も生き方を変えたいと思った。

いろいろあった。自分もいろいろあったし、加藤さんもいろいろあったろう。チームの面々もいろいろあったろう。

それにしても、東京で一緒だった人達が、大阪に集まるというのは、人生というのはわからんもんだ。

時間はうつろう。周りにいる人も変わる。変わらずにはいられない。

ただ、変わらないものもある。

仕事が終わった後に飲む酒は、世界中のどこでも自分の居場所を与えてくれた。

一つの場所に落ち着くことは出来ないかもしれないが、世界中のどこでも酒があれば落ち着くことは出来る。

それ以上望むのは贅沢がすぎるというものだろう。

ごちそうさまでした。また来ます。

肉バルMoooh!!バル・バール / 石橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です