Ableton Live10のCreative Extensionsは楽しい レビューです



Ableton Live10のCreative Extensionsは楽しい レビューです

Ableton LiveにはPackというものがあります。

これ、他のDAWの人たちからしたらわかりにくいですよね…

プラグインや音源がまとまったものなんですけど、これ、時々Abletonが公式サイトで配布していました。

特にMax for Liveで面白いものが多いんですが、公式サイトに行ってダウンロードするのが面倒くさいという人もいたと思うんですが、Live10になって、アプリケーションからダウンロードできるようになったんですね。

で、遊んでみたんですが、これ、物凄い面白いですよ。

Creative Extensionsに入っているプラグイン

音源系統が

  • Bass
  • Poli

です。

この2つ、思っていたより強力です。Live10になってから、Packは割と普通の音源(失礼、過激なのばっかりじゃなくなったと言えばいいんですかね…)も入るようになったんですね。

いっぱいプラグイン持ってる方には不要かもしれませんが、軽くていいですね。Poliのパッドは思ったより音作りの幅も広いし、コーラスがついていたりして面白いです。

Poliも文字通り、ポリフォニックのシンセです。オシレーター5つ付いていてボリュームコントロールできる。リングモジュレーターもあるし、やりすぎ感満載で気に入りました。

Bassはその名の通りBass音源なんですけどオシレーター4つ付いていてそれぞれボリュームコントロールできるんで、見た目はそっけないけれどかなり悪いこと出来ます。これも一回記事にしてもいいかな。

エフェクター系統は

  • Color Limiter
  • Pitch hack
  • Spectral Blur
  • Re-Enveloper
  • Melodic Steps
  • Gated Delay

です。

これねぇ。本当に悪いですよ。フフフ。モジュラー使う人達とかはとんでもないことやるんでしょうね。Abletonの人たちはこういうぶっ飛んだの作るの好きですよねー。Live10でおとなしくなったかと思っていたら安心しました。

Melodic Stepsはスケール指定してフレーズ自動生成してくれるんですけど、Re-syncが付いてるので相当面白いもの作れます。これなんか、一発ものにして遊んでも面白いと思います。物凄く使いであるな。これだけMIDIエフェクトです。

Pitch Hackは一言で言うとアホやな…

これ、ピッチシフターなんですけど、リアルタイムでリバースを掛けてくれるんですよ。

確率変化でそれこそMelodic Stepsと併用すると、常におかしいことしてくれるバンドメンバーを加えたような気になりますね。

人間だったらちょっと距離置きたいですけど、まあ、火星人と思えば大丈夫。

音源系統は普通ですけど、エフェクター系統になるとAbletonの良い意味でぶっ飛んでる文化が出ていると思います。

Gated Delayもアホやな…

でも、これ、ライブパフォーマンスなんかだとものすごく強力だと思いますよ。Echoも嬉しかったですけど、これもまるまる一つ記事かけます。

今、Melodic Stepsでフレーズ自動生成しながら、それをBassで鳴らす。Pitch Hackでリバース確率50%にして、Gated Delayを掛けて演奏してるんですけど、火星人がファンクやったらこんな感じかなという感じです。

一定の論理は持ってるのはわかるんだけれど、自分のボキャブラリーになくて面白いですね。まあ、でも火星人だったら仕方ないかと思えます。こういうのだと、ワンコードで即興するのは楽しい。

Color Limiterは唯一普通ですね。サチュレーションがいい感じですね。Ableton Liveの内蔵エフェクトでLimiterはもともとありますけれど、それよりもっとアナログ的な質感あるので、選択肢が増えて嬉しい。

Re-Enveloperはマルチバンドのトランジェント・シェイパーって言えばいいんですかね…

これも使いでは物凄くあると思うんですけど、使いこなせてません…

凄いPackだと思います。Liveが実質アップデートしたかのような感があります。使いこなせる人はとんでもないことやるんだと思います。

わたしみたいに適当にやっている人でも楽しめる良いパックです。Melodic Steps,Gated Delay,Pitch Hackでいくらでも遊べるな、これ…

Ableton Live楽しいですね!

おまけ

Octaveをいじったりして遊んでます。Transposeいじったり、もっとパラメーターいじったら面白いのできそうですね…

 

 

 

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です