街を部屋と考える

スポンサーリンク
無理ない暮らし
この記事は約10分で読めます。

暮らしやすい土地については今まで考えてきました。

今までも振り返りつつ、場所、部屋ということについて考えを整理したい。もう一度動き回ろうと振り返りで考えました。

年度末に引っ越そうと思っていたんですが、自分がどう生きたいかによって当然条件も変わってくる。頭を整理しておきたいのでとりあえず文字にしてみます。今までのことも少し振り返ったら見えるところがあると思うので書き連ねます。

この5年で、三重→東京→三重、大阪と住む場所が変わりました。生活も変わった。

持病があるので、生活で不快な時間を短縮しようとして、東京に引っ越した。東京の仕事も増えていた頃でした。

何度も引っ越してるんですが、この時期に、街を1つの部屋と考えたら楽しめるんじゃないかと考えました。

部屋が狭くてもそれなら全然楽しく過ごせる。

カフェは書斎、コンビニは冷蔵庫。維持するコストは少なく楽しく暮らせることがわかった。近くに練習スタジオあるなら、プライベートスタジオと考えればいい。どうです、楽しくないですか…?

で、状況が変わって三重に戻った。

また住む場所を探そうと考えていた。大阪、京都、神戸、福岡、仙台、札幌が候補でした。

まだ、海外に行くことも考えていたので、大阪、福岡が候補だった。国際空港へのアクセスが良くて、東京でないところを候補にしていた。もう、東京はいいかと。

ブログをやめていた期間中、福岡にも移住するつもりで民泊使ったり、どんな街か知ろうとしていました。

大阪から仕事の話が来たこともあって、仕事もいろいろ整理しました。翻訳を辞め、引き継いだ教える仕事も教室を閉め、自分の事務所も閉めた。で、大阪に移住したわけです。

大阪に移住したときは、いくつかの仕事を並行してやる予定だった。だったんですけど、大きな仕事がコロナウイルスでまるごとなくなった。ハハハ。オンラインで出来るようにしなかったら詰んでましたね…

大阪は暮らしやすい

2年近く住んで、大阪は水にあっていたんだなと思います。関西で暮らしたことはなかった。1ヶ月位仕事で京都に住んでたことはありますけど、1ヶ月ではとても暮らしたとはいえない。ほとんどクライアントのところにいましたし…

数年前は仕事で週に2日は大阪にいたんですけど、ホテルに泊まってるだけで全く大阪のことを知らなかったわけです。仕事終わったら宿舎に戻って出歩かなかった。

生活して良いと思った点はたくさんあります。

  • 食べ物が旨い
  • 食文化が違う
  • 酒が旨い
  • 物価が安い
  • 病院が近い
  • 商店街が生きている
  • アクセスが便利

飲食は言わずもがなですね。美味しくても、値段が高いと厳しい評価がされる。こうやって鍛えられてる大阪の飲食店はレベルが高い。お金を出せば東京ならいくらでも旨い店探せますけど、安くても旨いものとなると大阪の厚みは凄いですね。角打ち文化と言うんですかね。さっと飲む粋なお姉さんなんかいたりして、おお。うまいもん首都やなと。

季節の食材の使い方も違う。野菜の呼び名が違ったり。四季に繊細です。

物価に関しては家賃はずいぶん安い。東京での生活が長かったので、暮らしを縮小させていく計画にもあっていました。

持病があるので、病院のアクセスがいいところも助かってますね。タクシー使えば15分も掛からない。

商店街の近くに住んでるんですけど、これも便利なんですね。ジム、郵便局、コンビニ、スーパーが徒歩2分以内にある。

料理は結構しっかりしてるので、買い物が近場ですむのも便利です。魚屋、八百屋、漬物屋、乾物屋、肉屋。活気があるんですよね。歩くだけでも楽しい。

飲み屋街は徒歩5分くらいのところにある。駅までほぼドア・ツー・ドアで行ける。練習スタジオも徒歩5分くらい。部屋を街と考えるとめちゃめちゃ便利。コンビニなんか大きい冷蔵庫がわりですしね。

アクセスが便利なのも助かりました。新大阪まで家から30分ちょっと、梅田、京都も30分くらいです。関空は遠いけど、ここのところ国内出張しかないから、伊丹空港だと40分くらいで行ける。飛行機使った日帰り出張も余裕です。

サウナが近くにあると嬉しいなと思っていたんですけど、それこそ梅田やなんばに行けばいろいろありますしね。箕面温泉も近い。

家は駅から近いんですが、静か。最近、久しぶりにトランペット吹いたんですけど、練習スタジオが予約できなかったんで、散歩コースの河原まで行きました。それも部屋から10分位で行ける。本当、便利なんですよねえ。

これだけの条件を他の土地で探すのは難しい。

今後移動を増やすとしても、このアクセスの良さはなかなか変えがきかない。引っ越すとしてもできれば市内。できれば半径100メートルくらいで引っ越したいですね。

部屋はいろいろ変えたいところがある

大阪に引っ越してきた当初は、メインの仕事は外でと考えていました。家では軽い事務処理くらいできればいいだろうと。事務所も大阪で借りればいいかなくらいに思ってました。

だったんですけど、大きな仕事がなくなって、オンラインで教えることが仕事の中心となった。

スペースが狭い中で仕事も生活も音楽も一緒にすることは大変だった。

そして、仕事の内容も動画を作ったり、コンテンツを作ることが増えた。音声、音楽、動画撮影、講義、動画編集、テキスト作成まで全部です。もう、自分でも何屋なのかわからない…

現状感じている問題点は

  • スペースが狭い
  • 間取りが変
  • キッチンが使いにくい
  • 収納が少ない
  • コンセントが少ない

一番の問題は生活音なんですね。いろんな物音が気になる。一人で生活してるわけじゃないですしね。仕事があるときは食洗機を回せない。いろんな制約条件がある。

そして、寝ている人がいるところで音出すわけにもいかないですしね。スペースがあれば解決する。

引っ越したら作業しやすい程度の防音はしたい。鉄筋コンクリートの建物なんで、結構残響が気になります。RXなかったらどうしようもなかったんですが、そもそもそういう処理はできるだけしたくないです…

あと、間取りがいろいろおかしい。

寝室に風呂があります。何を言っているかわかりませんね。私もはじめは当惑しました…

寝室に壁紙を貼った。この裏に風呂がある。どうなっとるんや…

我が家は生活時間帯がぜんぜん違う。私の仕事が終わるのは深夜です。となると風呂に入るわけにはいかないから、変な時間に風呂に入らなきゃいけない。ストレスです。

別に古いのは嫌いじゃないからいいんですが、間取りはどうもならん。

キッチンは使いにくいです。まあ、でも時間を掛けて改良してきて、まあまあ使いやすくなりつつはある。間取りが変といえば、キッチンに洗濯機があるんですよ。ファンキーすぎます…

間取りが普通だったら、家具買ってすぐ使いやすく出来た。配置の制限が異常に多くて試行錯誤の連続でした…

収納が少ない。自分の服は最小限。ミニマリストでは全然ないんですけど、服は減りましたね。まあ、これは悪いことばっかりではない。

人生で初めて本棚をもたないと言うことをやったんですけど、なんとかなるもんです。ハンドアウト、論文、譜面なんかも電子化してあるので、電子化がどうしても出来ないものだけ手元に残してます。

コンセントが少ない。これは問題です。食洗機なんかタコ足になってるから危ない。寝室のコンセントも足りないです。

引っ越しすれば問題解決だと思っていたんですが、どうもそうではない。

ここ以上にいい立地がない

仕事がこれだけあっても家事をこのレベルで出来るのは、極めて買い物が便利だからなんですね。

弁当を作り、自分の分を三食作り、毎日掃除をしてとなるとよっぽど立地が良くないと出来ない。

商店街が好きなのもあります。離れがたい。本当にね。

で、今の部屋の近くのマンションを探してるんですが、間取りがいいものがないんです。

2LDKあればいいんですけど全然ない。ほとんど1LDK。今と同じです。

スペースを考えると一軒家も悪くないなと思ったんですけど、買い物にかかる時間を計算したら、スペースが増えても、ストレスも増えそうです…

では、どうするか

キッチンの問題は解決しつつあるし、コンセントは大家に頼めばつけてもらえるはず。引っ越しを伸ばしてもいい。

東京に引っ越した時も車を処分して、大阪に引っ越した時も車を処分したんですね。できるだけ生活をコンパクトにしようと思っていた。都市部に住むなら車はいらない。こう思ってきました。

でもカーシェアリングも歩いて1分以内のところにあるんですね。

引っ越し当初は使うかなと思っていたけど使わなかった。でも、使ってもいい。

風呂に入れない時間になるなら車にのって風呂に入りに行ってもいいですよね。気分転換になるし。

今後録音しにいったり、曲を作りに自分が行くなら、機材は持っていくことになる。今まで機材を選ぶ基準は機内持ち込みできるかどうかで考えてました。

5日以上の出張はiLoudMicroMonitorを運んでいた。

でも、誰かとやるときは、楽器を持っていく方が多くなる。国外に移動はもう考えない。

マイクも持っていくだろうし、ギターやベースを持っていくかもしれない。徒歩で運ぶには無理がある。田舎に住んでいる友達もいますしね。それなら車のほうが楽なわけです。

EVなんかだとそれこそ非常用電源にもなるし、モバイルスタジオとして使える。そう思ったら車って悪くないなと。楽しいですよね。キャンピングカーなんかも夢がある。レンタルできるなら、色々試してもいい。

そして、スペースの問題、仕事場を借りるのも悪くないのかもしれない。住む場所としてはいい場所ですし、仕事をしなかったら狭くても不満はそれほど感じない。

それこそ移動手段があれば徒歩で行けない距離に借りてもいいですし。

ここのところ実験していたんですけど、講義なら別にホテルでも支障なく出来るんですよね。

事務所を借りることは固定費用が一気に増えることになるから、ちょっと部屋で仕事するのがしんどいなと言うときにホテルに泊まって仕事してもいい。

出来ないのは音を出す場面。でも、よく考えたら三重の家なら防音してあるし音は出せるんですよね。片道2時間もあれば着く。部屋から10分で高速に乗れますからね。そういう意味でもアクセスは本当にいいんです。

音声や音楽を集中して扱う必要があるときは移動するのも手なんですよね。

ちょっと調べたら簡易的ですけど、配信に使えるようなスタジオも近くにあった。大阪市内まで出たらいくらでもある。

街の範囲を拡張すれば、もっと楽しめるのでは?

部屋は寝室。そう考えるとキッチンもついてる寝室とはなんと豪華なことでしょう!

移動に時間が掛かる?こう考えたらどうでしょう。領主が馬に乗って所領を回るみたいなイメージ。楽しくなってきますね。

すぐ引っ越すのではなくて、近くに希望の物件で空きが出るまで待ってもいい。使い物にならないテーブルは捨てる。ベッドも入れ替える。ソファを置く。

気に入ったものを集める期間と考えたら楽しめる。生活を変えて、移動を増やすなら、本拠地の設備を充実させつつ、移動の実験をする。移動を前提としてものを買うのはずっと考えたしやって来た。

でも、電車、飛行機、そのあとはタクシーか徒歩しか考えていなかった。基本的に自分が持ち運べる範囲で考えていた。でも、車を使うなら違いますね。

再び動き回るために、実験していこうと思います…

コメント

タイトルとURLをコピーしました