暮らしやすい土地を探す 大阪はファンク度数が高めで暮らしやすそう



暮らしやすい土地を探す 大阪はファンク度数が高めで暮らしやすそう

大阪での仕事の話が来た。

暮らしやすい土地を探す まずは大阪

その仕事を受けるかどうかは全くの未定だが、とりあえず代打としてしばらく大阪に行くことは増える事となった。

暮らしやすい土地を考える

暮らしやすい土地については今までも考えてきた。

大阪には年の3分の1くらいは仕事の都合でいたのだが、ホテルに泊まっていたし、仕事先から宿舎の往復で全く土地勘がない。

無理なく音楽を続けるのが残された自分の人生の中で最も優先順位が高い。

そのための条件はなにか。

極言すれば条件は一つしかない。

コストを下げることだ。

コストから見た大阪

面接の前に、時間があったので、難波をぶらついた。2年間、週に2日大阪にいたのに全く大阪のことを知らない。

現在の居住地からは近鉄でアクセスするのが早い、以前は新幹線で新大阪で降りて千里中央に向かっていたので全く大阪の中心部には行かなかったのだ。

いままで行かなかった難波に足をのばしたので、不動産屋を見てみたが、東京で住んでいたマンションに比べると30%くらいは安い。

難波でそうなのだから、自分が居住するとしたら千里中央周辺。となると、さらに安くなるのではないか。

継続的に調査する。

千里中央は、セルシーが閉まっていた。宿舎に戻る前に買い物したりしたところだったので、一抹の寂しさはあった。

固定費用を押さえれば、労働時間は減らせる。

東京に比べれば安い。働く時間を減らせることは可処分時間が増えること。寿命が伸びたのと同じことだ。

病院

自分の場合は、持病があるので、病院にすぐかかれるかどうかは大きい。千里中央なら阪大病院も近い。

持病の専門家もいることもわかっている。

ミネアポリスと同様、大阪はファンキータウンであり、医療関連の企業も多い。自分にとってはかなり大きい要素だが、大阪はクリア。

そういう視点で考えたことはなかったが、大阪はそういう点でも自分にとっては暮らしやすい街だと言える。

アクセス

残務処理が片付いたら、どうするかにもよるが、自分の仕事をどうするか考える必要がある。

この仕事をやるか、やらないかにかかわらず移動が難しい場所に住むことは現実的ではないだろう。

収入が一番ある仕事になると、移動が楽な場所が好ましいのはわかっている。

伊丹空港、大阪国際空港と飛行機のアクセスが容易、かつ、新幹線も乗れる。

国内移動なら30分で空港と新幹線にアクセスできるのは大きい。条件を満たすのは、やはり、福岡、大阪か。もちろん名古屋もそうなのだが、地元に近いのでそれほど新鮮味もない。

音楽

PUSHを置いてあるところに突撃しようと思ったのだが、面接までの時間には開いてなかった。

大阪なら音楽を聞ける場所もやる場所もいくらでもあるだろう。これは大きい。

人間関係

もし、仕事をするなら、旧チームの何人かがいるから働きやすい環境ではある。

友人はいないが、そもそも移動が多かったから、その度毎に人間関係は更新されてきた。

体調が良ければそれなりに会社以外でも交流はするだろう。

そう考えると、PUSH勉強会を大阪に行く度に行うのも一つの方法かもしれない。

酒、飯

読書、音楽、酒位しか無聊を慰めるものがないので、この2つは重要。

飯は最高。酒も最高。

石橋で飲んできたのだが、関西の立ちのみ文化は洗練されているなと思った。

どれもレベルが高い。

ちょっと1杯飲んで会話して他の店に移る。大人の飲み方が出来ている街だ。

「鱧の季節やな」と面接のときに言われて、食材で季節を感じるのは鋭敏な感覚だなと驚いた。

呉春はうまかった。箕面ビールといい、酒が好きな人間にとっては文句なし。

終電を逃して朝まで飲むしかないかと思ったが、腐るほど店はあった。そして朝までどころか、朝から飲める店もあった。

ファンキーすぎるやろ。大阪。

100点満点で1000点。

太陽の塔

面接のときに、「大阪と言ったら太陽の塔やろ、うりなみさん。ニューヨークもパリも自由の女神はいるかもしれんけど、太陽の塔はない。太陽の塔のほうが強い。二体かかってきても倒せる。パリは小さいし。」という熱弁を振るわれた。

強いとか弱いじゃないでしょう…

仕事の条件の話が15分で終わって、「うりなみさん、久しぶりの大阪やから太陽の塔みやんとな。」となとの超論理で太陽の塔に。

ファンク度数が高すぎる…

あとは太陽の塔を見つつ飲み、そしてその後もずっと飲んでました。

この会社大丈夫なんかと思ったが、確かに太陽の塔が近くにあるところで働けるならいいんではないかという気分になった(洗脳されてますかね…)

モノレールから見えてきたらテンション上がりましたね。

こんなの見て育ったら、江戸には太陽の塔はないやろくらいの気分になりますね。

いろいろどうでも良くなりますよね…

子供は大きくなったら、「僕、太陽の塔になるで!」位言う。自分なら言うね。

昔、大阪にいた時にプロジェクションマッピングしてるのを太陽の塔を見た事がある。仕事が終わって、千里中央に向かう途中で見えたときにはこの世の終わりかと目を疑ったものだった。

サイケデリックな太陽の塔に、大音量で流れる音楽。微笑む人々。どうみても邪神とその信者。

多分2段階くらい強化されると思います。最終形態は飛ぶね。絶対。やばすぎるやろ…

大阪人はいい意味で狂ってるなと好感度が爆上がり。だれか止めなかったんですかね…

税金使ってやるのはファンキーすぎます…

社長から面接に来てくれたお土産だといって太陽の塔のフィギュアをもらいました。

それ、お土産のチョイスとしてありなんか…

次回は太陽の塔内部の見学が確定しました。おかしい、仕事の話しなくてええんか…

人生苦しくても、太陽の塔がすべてを滅ぼしてくれるなら、それはそれでいいかという気持ちになった大阪への移動でした。

自分の生きる苦しみとか太陽の塔をみたらどうでも良くなりますね。あれ、洗脳されてますかね…

大阪は超ファンキーな都市なので、候補としてはやっぱり上位。ちょっと気持ちが明るくなりました!

 

 

 

 

 

 











2 件のコメント

  • 大阪在住のものです。
    大阪市淀川区(東三国、西中島)あたりも、家賃も安いし千里中央へのアクセス良いですよ〜。

    • ケンタロウさん、ありがとうごさいます!
      淀川区、全く考えていなかったのですが、大阪在住の方の意見、参考になります。今度、大阪に行く時ぶらぶらしてみますね。情報提供助かります…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です