野方 らーめんくまくら 期間限定の煮干しつけ麺は濃厚だがツルツル行ける



野方 らーめん くまくら 期間限定の煮干しつけ麺は濃厚だがツルツル行ける

暑い。口を開けば暑いとしか言っていない。

完全な夏バテである。

今日は何をしても集中できそうにないので、外で食べることにする。食べて回復しないと。

ちょっと前にポスティングがあったラーメン屋に行ってみよう。彼女とラーメンを食べに行くことにした。

「くまくら」である。野方はラーメン激戦区北口にも南口にも多くのラーメン屋が軒を連ねているが、それぞれ個性がある。

このくまくらは、塩トンコツが売りなようである。

なのだが…

季節限定煮干しつけ麺というのがあるので試してみることにした。

追加のトッピングはチャーシュー。

店内ではスカが掛かっていた。木がふんだんに使われており、清潔感がある。

厚めのチャーシュー。

麺はモチモチしている。中太麺。光沢が美しい。

つけ汁には、コクと甘みを出すためか玉ねぎが入っている。これがなかなかにうまかった。玉ねぎ油をいれる塩ラーメンはどこかで食べたことがあったが、その応用だろうか。

スープを口に含むと一気に煮干しの味が広がるが、濃厚すぎることはない。

厚切りのチャーシューはそのまま食べてもいける。味がしっかり入っている。

うまいなあ。

期間限定のメニューでこれだけ完成度が高いのはよく研究しているのだろう。濃厚だが、くど過ぎないというのは非常に難しいバランスだと思うのだ。

彼女は塩ラーメンを注文。

互いにどんぶりを交換して食べる。

塩トンコツというのもあまり多くないと思うが、匂いも気にならず、濃厚だが、雑味がなくすっきりした後味。

つけ麺とラーメンという違いもあるし、トンコツと煮干しという材料の違いもあるのだが、作り手の主張がはっきりあると感じた。

濃厚だが雑味がなく、すっきりとは矛盾する表現だ。

これは、非常に難しい事をやっている。

長所はおうおうにして欠点でもある。

几帳面であることは、細かすぎるということに繋がる。

おおらかであるという事は、無神経であるところに繋がるかもしれない。

それぞれの素材を活かしながら、長所だけを引き立てようと言うのは、至難の技だろう。

実際には、短所をマスキングするための確かな技術がある。

つけ麺の場合だと、玉ねぎがそれだろう。煮干しも行きすぎるとえぐみがあるので、それを玉ねぎと合わせる事で感じさせない。

長所を伸ばして欠点をなくすのは、良いところを殺してしまう事が多い。

殺すのではなくて、組み合わせる事で調和させる。

それがうまくできれば、もっと良い仕事ができるはず。よいヒントになった。

ごちそうさまでした。また、来ます。

らーめん くまくらラーメン / 野方駅都立家政駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

クーポンはこちら











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です