野方 味噌麺処 花道 口一杯に広がる海老と味噌の味 奥行きのある味噌ラーメンはどれも絶品!



 

さ、今日は花道に行こう。

最近は煮干しラーメンを色々食べているけれど、味噌ラーメンが食べたくなった。

となると、花道である。

花道はかなり行っているのだが、記事にしたことがなかった。

野方を代表するラーメン屋というだけではなくて、東京を代表する味噌ラーメンの店というのは、食べたらなるほどと唸らさせられる。

全部がハイレベルなんである。

太麺と味噌、シャキシャキのモヤシに適度に脂が乗ったチャーシューという基本形があまりにハイレベルなので、ここにくるたびに味噌ラーメンしか頼んでなかった。

だって、確実にうまいのわかってるんだから、あえてほかの物頼もうとはなかなか思わないですよ。

知人に聞くと、むしろ辛味噌ラーメンやチャーハンに持ち味があるとの事だが、どれもうまいことは間違いないだろう。

今回は、海老味噌ラーメンを注文。チャーシューのトッピングありである。乳化したスープの色も美しい。

野菜は大盛りにしますかと聞かれる。大盛りにした方が美味しく食べられると思う。

スープの濃厚さは野菜と合わせて調整してあるように思えるからだ。

スープを口に含むと、味噌の味が来て次に海老の旨味が感じられる。ニンニクもかなり入っていて、パンチもあるし、奥行きがある味である。

海老が強すぎず、味噌ラーメンのベースは崩していない。味噌に海老が加わったうまいバランスである。

海老ラーメンだと、とにかく海老の味が突出しているものも多い。花道の場合は、基本の味噌が圧倒的にうまいので、ちょっと変化をつけるだけで、味噌のうまさも更に感じられるのだ。

ニンニクも強く、濃厚なスープ。力強いけれど、大味ではない。

チャーシューは厚切り。適度に脂が乗っているので食べ応えがある。チャーハンもうまいんだろうな。でも、ここに来たら味噌ばっかり食べてしまうんだよな。

麺は太麺。油通ししたのだろうシャキシャキのモヤシと食べると濃厚なのだが食べられてしまう。

スープがとにかく濃厚なので、それに負けない麺となるとこの食べ応えのある太麺になったのだろう。

スープと絡んでうまい。

メンマも太いタイプ。花道のメンマはかなりしっかり味が入っていて、野菜と合わせてもいける。

柔らかいチャーシュー、しっかり味の入ったのあるメンマ、シャキシャキのモヤシ、食べ応えのある太麺に奥行きのある濃厚なスープ。

凄いもの食べちゃったな…

麺の量もかなりあってお腹いっぱいである。

基礎がしっかりしてるのはこんなに強いのかと嘆息する。

どんなことでも、基礎が大事と言われる。

基礎が大事なのは適用範囲が広いからだ。

基礎がなくて奇をてらっても、単に珍奇なものになるか、自己満足になるだけだ。

逆に言えば、基礎さえしっかりしていれば、遊ぶことも外すことも出来る。

でも、基礎をしっかりすることは言うほど簡単なことではない。

そこをすっ飛ばして上手くできている人って見たことないよな。できてるつもりの人はたくさんいるけど。

自分も基礎が不足しているなと、ラーメンで反省させられるのである。

うまいものは、そこに作り手の哲学が見える。それが食べ歩くことの魅力の一つだ。

ごちそうさまでした。また、来ます。

関連ランキング:ラーメン | 野方駅都立家政駅

食べログ グルメブログランキング











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です