阿佐ヶ谷散歩でかき氷 とらや椿山 パンケーキではなくてホットケーキ ふわふわで懐かしい味



阿佐ヶ谷散歩でかき氷 とらや椿山 パンケーキではなくてホットケーキ ふわふわで懐かしい味

梅雨が明けた。いきなり夏がやってきてしまった。

こんなに暑くならなくても良いだろうに、やけくそな暑さである。

カレーの作りおきがあるのだが、とても食べる気にならない。彼女が遊びにきていて、なにか涼し気なものを食べたいというので、出かけることになった。

中杉通りを通って、駅前に出る。中杉通りなら木陰があるので涼しい。

パールセンターに行けば、アーケードがあるのでちょっとはマシだろうという目論見である。

だったんだけど、暑くて死にそうでした…

ほうほうの体でパールセンターへ。パールセンターは食べ歩きには悪くない。

巴庵もあるし、いろいろ楽しめる店が多い。阿佐ヶ谷から高円寺は高架下を通って歩けるし、パールセンターはアーケードがあるから歩くのはしんどくない。

南阿佐ヶ谷の方に歩いていくと目当ての店はある。

和菓子のお店である。甘いものはそれほど得意ではないのだけれど、和菓子なら食べられる。

私は宇治金時を注文。抹茶の緑が美しい。スプーンの

彼女はホットケーキを。ザ・ホットケーキといった見た目だ。

「涼し気なもの食べるんじゃなかったの?」

「美味しそうだから」

あなた、すぐ言ってること変わるよね…

「シェアしよう」

「いや、シェアって君が食べたいもの食べるだけのことでしょ。まあ、いいけどね…」

「分かち合う心がないのは貧しいよ。わかっとらんね」

論理がわかっとらんのは君だろう…

だが、指摘しても怒るだけなのは学習済みなのである。

宇治金時は小豆が美味い。抹茶の爽やかさな渋さと、小豆の甘みが調和している。ふわふわの氷が口の中で解ける食感も楽しい。

彼女が皿を入れ替える。君、遠慮ないよね…

ホットケーキは懐かしい味。今風のパンケーキと呼ばれるものと違ってふわふわだが、しっかり小麦と卵の味がする。店の雰囲気も懐かしい感じ。バターとメイプルシロップもくどくない甘さ。

ハワイ風のパンケーキは甘党ではない男性にはヘヴィすぎるが、これなら食べられる。

小倉ホットケーキというもあるらしい。

それ、どら焼きでは…

とつっこみたくなるが、和菓子屋さんが炊いた小倉あんならうまかろう。

内装も昭和の甘味処。水墨画があったり、象嵌が施されたテーブルだったり、懐かしい雰囲気。

地元の人がのんびりとかき氷を口に運んだり、家族連れでホットケーキをつついている。

のんびり時間が流れる。夕飯はどうするか、出張から帰ってきたらどうするかなど話す。まあ、よく喋るね。そんなしゃべる人だとは知らなかったよ。

「もうちょっと散歩しようか」

「暑いよ」

わかっとらんね。もうちょっと君と歩いていたいんだよ。君だって、スニーカーはいてきたでしょ。

「でも、ま、いっか」彼女が笑った。

ごちそうさまでした。また、来ます。

とらや椿山和菓子 / 南阿佐ケ谷駅阿佐ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

食べログ グルメブログランキング











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です