絶望の賞味期限



ここのところ連日、病院に行っているので、仕事は進まないが、ブログは進む。

疲れていると、食事が疎かになる。

いかんなと思いつつ、飯を作ろうかと思ったら、ヨーグルトの賞味期限が切れていた。

仕方ないので残っていたバーボンを流し込んだ。

タンドリーチキンを作ろうと思ったんだが…

ふと、絶望に賞味期限はあるのかなと思った。

あるのだろうな。

どうしても得たいものがあった。

他のどんなものと引き換えにしても得ようとしたものがあった。

まあ、妄執だ。

思えばこの妄執こそが自分そのものだった。

それが得られないとわかった時。

可能性がゼロになった時。

確かに絶望したのだ。

ただ、その絶望ですら今は同じ強度を持っていないのだ。

苦しみは、消えはしないがずっと残っている。

絶望するほど自分にとって重要だったものが、もはやそうでないのは、かすかな悲しみがある。

悲しくないのが悲しい。ハハハ。歳を重ねてもセンチメンタルなことだ。残っているバーボンを飲みながら考える。

アルコールの残り香のような悲しみ。酔いが醒めたら消えてしまう。これだっておそらく忘れる。

悲しみや怒りがなければ一歩たりとて進めない時もあった。それだけが自分を駆り立ててきた。

絶望にすがってなかったか?

否定はできない。

絶望の賞味期限は希望の賞味期限でもあった。

冷蔵庫を片付ける。希望も絶望も手放して生きていく。そう自分は選択したのだ。

主体的に生きる。

俺は希望の奴隷にも絶望の奴隷にもならない。先に何が待っていたとしても。何もなくても。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です