Music Software Bundles from Pluginboutique.com

大阪難波 なにわ麺次郎 たっぷりの鰹節と香り高い醤油



大阪難波 なにわ麺次郎 たっぷりの鰹節と香り高い醤油

大阪への移動が多くなった。

今までは新幹線で大阪に来ることが多かったのだが、近鉄に乗って大阪に行くことが多くなった。

なんとか仕事も終わって自宅にもどろうとするが、小腹がすいた。特急までの時間はまだある。

弁当を買って食べながら帰ってもいいのだが、うまいものを食って電車で眠って帰りたい。

冷え込んでも来た。温かいものを胃に入れたい。調べると近鉄の改札内にラーメン屋があるようだ。では、向かおう。

近鉄の改札を通ったところにある。立地が悪いのに人がいる。期待大である。

黄金貝ラーメンと言うのも気になったが、追い鰹ラーメンを注文。

店内は清潔で、椅子も余裕がある。重い荷物を担いで移動してきた人間にはありがたい。

メンマ、ゆず、ストレートの細麺、三つ葉、メンマ、卵、チャーシュー、海苔。そしてたっぷりの鰹節。チャーシューはレアなものと、炙ったもの。

醤油と鰹節が香り高い。スープを口に含むと見えなかった柚の爽やかさが広がる。

淡麗だがしみじみ美味い。柚を使ったラーメンで抜群にうまかったのは、高円寺の賢太郎だったが、この麺次郎も実にうまい。

高円寺 麺屋 賢太郎 ゆず醤油麺の深い味わい 完成度の高さに唸った

麺は細めのストレート麺。しっかりとした小麦の甘さもある。スープと相まってつるつる行ける。

チャーシューはジューシーで今風なものと炙ったバラのチャーシュで2つの味が楽しめる。

淡麗だが深い味わい。醤油の風味とゆずが香り立つ。

柚子と三つ葉が味の奥行きを作っていて、海苔を食べればバランスが変わり、チャーシューを食べれば、また旨さの質感も変わるのだ。

そして大量の鰹節。鶏ベースなのだろうが、鰹節と調和している。

思わずスープも飲み干してしまった。

なんだろう。何かに似ているような気がするが…

ああ、うどんだと思い至った。

大阪によく来るようになって、関西の出汁文化と言うのは奥が深いなと感じさせられる。

ラーメンとうどんではまた違うわけだが、出汁に対するこだわりは共通してるのだろう。

出汁がまずい店に当たったことが今のところ一軒もない。

これは、ある種の美学だよな。

とてつもないよなと嘆息する。

自分に寄せて考えると、どんなことにでも重要と思っていることはなんだろうか。

出来るだけシンプルにということかな。

シンプルであればあるほど、一つに投入できる時間や技術は向上できる。

ここのところ、ちょっと複雑にしすぎていたかもしれない。

うまいものを食うと学ぶことばっかりだよなあ。

今度は、黄金貝ラーメンにも挑戦してみたい。

うまかった。仕事の後にうまいもの食うと電車でゆっくり眠れる。

ごちそうさまでした。また、来ます。

なにわ 麺次郎ラーメン / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)JR難波駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です