簡単に料理をうまくする便利調味料など 自炊初心者、在宅で仕事している人には特にオススメ



くるくるー(もちもち)さん(@KinchakTw)、寺本さん(@Piroshi_x )、マークさん(@makunouchi4mark )は私の中で、自炊フレンズなのだ。

在宅での仕事は体力的には楽だが、精神的にはキツイこともある。

今の住居はワンルームマンション。自分の仕事はPCに向かいっぱなしで、仕事部屋と生活空間が同じ。気分転換が更に難しくなった。仕事が終わらない時は本当に家にいるときつい。アイデアがでたら早いけれど、出なかったら永遠に終わらないタイプの仕事は特に。

外で作業するのも有効な方法で、近場にいくつか作業できる場所を持っておくと楽。いいカフェがあると気持ちが切り替わったことはなんどもあった。

阿佐ヶ谷 ペンギンカフェ スッキリした苦味のアイスコーヒーと落ち着いた空間

ただ、仕事も納期がきつかったりすると、家から何日か出られないことも多い。外食もできないし。

こういう時は自炊である。調味料と調理器具にはお金をかけてもいいと思っている。毎日必ずやることの質が上がったり、短時間でできたらQOLは上がるのだから。今回は、自分が使った中で、よかったものを。

作るのが簡単になるもの、普段の料理が簡単に美味しくなるものを選んだ。そのため、普段使いの砂糖、塩などは書いていない。

最近、一人暮らしで自炊を始めたんだけれど、どうもうまくできないと言う話を聞いた。自分の答えはシンプル。調味料をバージョンアップすればいいだけだ。

あとは道具だ。簡単に効率を上げることができる調理器具があれば楽になる。包丁の技術を向上させるのは時間がかかっても、ピーラーなら買ったらすぐだ。その時間で休む時間も増やせるかもしれない。

時間を買うことができる。

忙しいときは、カット野菜でも、顆粒だしでもなんでも使えばいいと思う。

自分で作っていくうちにコツも覚える。

めんつゆ結構じゃないですか。

ちょっと高く思えるかもしれないけれど、調味料一つで驚くほどうまくなる。自炊初心者ほど調味料に頼っていい。

 

めんつゆ論争がちょっと前にあったが、時間がないときには出汁は取らない。油揚げの青菜の煮浸しや、うどんにも使える。普通のめんつゆでもいいのだけれど、ちょっと煮物に使っても簡単にレベルアップできる。最近はがんもどきの煮物に使った。

これもヒット商品。

ピクルスやマリネを作る時に、普通の酢だと味が尖っていて砂糖を使いすぎてしまうことがあるけれど、これは幾つも酢をまぜたもので味が尖っていない。

中華スープやあんかけなどに掛けても美味しい。〆鯖つくるならもうちょっと強い酢があったほうがいいと思うけれど、そんなにつくるものでもないし。ドレッシングも買うより作ったほうが楽しい。バルサミコ酢はあれば使うけど、使用頻度が低いですね。

前にも紹介したが、簡単にレベルアップできる一品。豚汁にいれてよし、中華に使ってよし。
生で食べるタイプもいいのだけど、普通の調理でも得っっこう使う。ゆで野菜にごま油、ガラスープをあえるだけでもうまい。激しくおすすめです。

オリーブオイルも好みがわかれるものだと思いますが、自分が選ぶ時の基準は生で美味しいか。
カプレーゼに使うのもいいし、マリネにつかってもいい。ドレッシングを作る時に油と酢はいいものがあると、ちょっと作ることが出来ていいいですね。

パンにつけてもいい。今のマンションは狭いんで、油は3種類。普段使う油はこれです。

最近Amazonで買った。煮物を淡い色にしたいときは薄口醤油。
関西風のうどんを作るときには薄口醤油があるといいですね。こいくちは近くのスーパーで買ったものを使ってますが、不満はないです。

寺本さんもオススメのオイルソース。
鷹の爪もニンニクも常備してあるのだが、どうしても納期が厳しくてニンニクを刻んだり鷹の爪を刻んだりするのが面倒くさいこともある。ネットスーパーでとりあえず材料だけ頼んで、これで炒めればまずくならない。

ニンニク、鷹の爪は殆どの料理のベースになるので、時短にもなる。

忙しい時用。そばにも使うし、色が濃い煮物を作る時に使う。きんぴらとか。
忙しいとそばを食べることが多い。あると便利。すき焼きにつかっても美味しいし、煮玉子などつけるにつかっても美味しい。

めんつゆで気軽に作るのもいいと思う。自炊初心者や忙しい人は手を抜けるところは抜いて調理することになれると楽しくなるかと。

安定のほんだし。小袋ではなく、大袋で購入してキャニスターに入れてある。白あえなどにも使うし、さっと作って食べたいときには便利。白だしは塩が入っているので、そうでない目的の時に使ったりする。
牛丼とかも簡単でいいですね。白だしが高いと感じるなら、顆粒だしをなんにでも使って料理を覚えるのも悪くない。

あごだしはあると、バリエーションがあって楽しい。うどん、そうめんにちょっと加えると味が深くなるし、煮物にほんの少し加えても一気に引き立つ。
最近はフキの煮物に使って美味かった。ドンコとアゴ出汁を加えてめんつゆを作るのが個人的なブーム。

味覇でも創味シャンタンでも好みのものがあれば良い。中華料理で味をまとめるのにあって困ることはない。チャーハン、炒め物のレベルアップに。
自分はガラスープをキャニスターに入れてすぐ使えるようにしているが、どれか一つなら味覇かな。無水に近い形で調理することが多いので、顆粒のものは重宝する。一人でそんなに調理しないならチューブタイプもいいかも。

顆粒のほうが使いやすいならこちら。味覇や創味シャンタンに比べるとマイルドでくせがなく使いやすい。私はまあまあ中華料理を使うので両方持っている。どちらか一つはあってもいい。

オイスターソースは炒めもの、煮物につかえる。私は中華丼や焼きそばに使う以外にもコクを足すのにつかう。単純に動物系のだしにひとつ魚介類が加わることで味が深くなる。
カレーにいれることもあるし、麻婆豆腐などに加えても大きい。中華のどんこ的な存在だと勝手に思っている。

麻婆豆腐の素を買うなら、豆板醤とニンニク、ガラスープ、片栗粉があればもっとうまいものを作れる。
回鍋肉にも使えるし、もやしのナムルなどにも。

これは自分の中で飛び道具系味噌との位置づけ。これねえ。凄いんですよ。普通、味噌汁って煮立たせないようにいいますよね。風味飛ぶから。
この赤だし系統はめっちゃ濃い味噌なので煮ても味が飛ばない。名古屋で味噌煮込みがあるのがよくわかりました。

甜麺醤なんか、いつも使うわけじゃないので、赤だしに砂糖入れたりしてそれ風にしてもつかってます。赤だしはなめこの味噌汁とかにすると美味しいですね。出汁の味を濃くすると、美味しいのわかってきて、最近お気に入り。

コンソメ。あると便利。カレーにもポトフにも。ピラフにも使います。私は顆粒で買ってキャニスターに入れてあります。

ソテーの下味を付けるときにも使えるしドレッシングに使う時にあっても良い。面倒くさいときにはこれを掛ければなんとかなるという安心感は大きい。

これもねえ。本当に美味しいですよ。みりんって料理しない人にはあんまりよくわからないものだと思うんですけど、鶏の照り焼きとかみりんを加えると一気に美味しくなります。

みりんの機能はあまみと照り。酒があるので、全体の味が馴染みます。私は砂糖よりみりんをつかいますね。煮物にも使うし、最近だと肉豆腐にもみりんを使った。みりん風じゃなくて、みりんだと簡単にうまくなります。

酒は万能調味料ですね。あとみりん干しを最近やって感動した。
みりんはなかなかなに出来るやつです。

カレー粉は超有能です。ヨーグルト、ニンニク、生姜、はちみつ、ケチャップでタンドリーチキンも作れるし、まぶしてフライにしてもいい。余り物でドライカレーを作ってもいい。カレーもルーじゃなくて作るのはなかなかに楽しいですよ。バターチキンカレーなんか簡単ですしね。

思いつくままにあげてみました。

普通に調理が好きな人にも勧められます。個人的には調理が苦手な人ほど調味料にお金を掛けるといいと思います。

めんつゆ、コンソメ、ガラスープ、顆粒だし。自炊初心者ならまずこの4つあれば大丈夫。

これがあれば変なことにはならない。それで慣れたらどんどん作っていけばいろいろ作れるようになると思います。

懐が寂しい時も、調味料揃っていれば、安くて美味しいご飯作れますよ。簡単に美味しくできるということは、時間を買うことができるということでもありますもんね。

一日3回食べるなら、そのたびごとに楽しいことがあると生活の質が上がりますからね。

特に在宅で仕事してると、とんでもない時間まで仕事してしまうことってありませんか?

仕事終わるまで食べる気にならない。コンビニ飯を食べるのもちょっとわびしいしと言う時に調味料があれば、材料さえ買ってあればなんとかなります。

在宅で仕事している人は調理が息抜きにもなりますしね。いい調味料があったら教えてください。

あとは、一人暮らしを始めたばっかりの人。スーパーで材料買い物さえしてあれば簡単にできますよ。

疲れたときに、簡単なものでも家で作れるとホッとしますし、お財布にも優しいですしね。

料理も楽しいですね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です