阿佐ヶ谷散歩でコッペパン パンの田島



 

まだまだ花粉はあるのだが、杉の花粉のピークは過ぎたようだ。

ここのところ外出を最小限にして、ジムと買い物だけにしていたが、久しぶりに長めの散歩に出かけることにした。

中杉通りは八重桜も満開。新緑も美しい。

曇りだったのだが、気持ちは明るい。

松山通りにも新しい店が出来ていたようだ。

ちょっとみていきたいが、パールセンターをぶらぶらしよう。磯丸水産が鳥良商店になってたな。

阿佐ヶ谷はパールセンターで適当に食べ物を買って散歩しつつ、疲れたら店に入るということも出来る。阿佐ヶ谷は昼間からでも飲めるし、飲み屋街は早くから空いている店もあって、休日をダラダラ過ごすにはまことにいい街なのである。

この居心地の良さは、同じ中央線沿線の高円寺ともまた違う。高円寺も住んでいて愛着のある街だ。中央線沿線の駅一つ一つに個性があって面白い。

ともえ庵からもいい匂いがする。でも、ちょっと座ってのんびりしたい。

阿佐ヶ谷散歩で酒粕たい焼き

久しぶりの散歩なので、ちょっと疲れた。「焼きたて 揚げたて 作りたて」なかなか良い惹句である。

はいってみましょうか。

ドトール系列なのかな?

コッペパン専門店との事である。様々なメニューがあるが、見事にすべてコッペパンである。コッペパン、普段は食べないな。

カツサンドにしよう。カツコッペパンか。

給食がコンセプトのようだ。黒板が設置してあったり、遊び心がある。2Fのイートインに向かう。

カツは揚げたて。しっかりした旨味。

サクッと揚がっている。ソースもくどくなく、上手く調和している。

揚げたてという言葉に偽りなし。カツ、ソース、キャベツ、パン。渾然となった旨味である。

パンはほのかな甘味がある。パンだけでも充分美味い。シンプルだけにごまかしがきかない。

阿佐ヶ谷は食べ歩きも楽しいのだ。

パールセンターで食べ歩きしつつ、裏道にはいっても楽しい。えっというところにカフェや飲み屋があったりするのだ。

南阿佐ヶ谷までいってから高円寺に向かうのも面白い。飲み屋街もとても開拓しきれない。

一人でも楽しいだろうし、誰かと散歩しても楽しいだろう。

松山通りの古本屋で梅崎春生の本を買って、ペンギンカフェで読んでから部屋に戻ろう。大好きなパン屋のROADまで足を伸ばしても良い。

気が向いたら途中で飲んでいってもいい。

ただ、街の光景を愛でるのも悪くないもんですよ。

ごちそうさまでした。また、来ます。

関連ランキング:パン | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

食べログ グルメブログランキング











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です