Ableton LIVEの信号の流れ



Ableton Liveの信号の流れ

ミックスをしたりする時に、Ableton Liveの信号の流れをわかっておくと楽になるよね。

たとえば、Ableton Analogで演奏したものをオーディオトラックで録音したいとするよ。

その場合、MIDIトラックからの信号をオーディオトラックで録音しようとすると、こういうものが出てくるよね。

録音したいわけだから、新規にオーディオトラックを作る。そして、どこからの音を録音するか指定する必要があるね。

この場合は、Analogのトラックの音を録音したいから、Audio FromをAnalogというトラック名から選ぶ。ここまでは簡単だよね。

で、問題はその下に出てくるやつね。

  • Pre FX
  • Post FX
  • Post Mixer

という謎のメニューが出てくる。

信号の流れを選択するものなんだけれど、アナログミキサーを使ったことがない人にとっては、PreとかPostとか言われても困るよね。

初心者には用語が宇宙語過ぎて辛い…

でも大丈夫やよ。慌てずに見ていこう。

Pre FXとは

これ、Ableton Liveのインストゥルメント立ち上げてあるわけだけど、Preって「前」ってことだよね。FXはエフェクターを意味するから、エフェクター掛ける前の音が、Ableton Liveのトラックに流れるということだね。

パラアウトしたりする時に使うかな。

Post FXとは

POSTはあとという意味だから、エフェクター掛けてから、Ableton Liveのトラックに流れるってことだね。

Post Mixerとは

POSTは後という意味だから、エフェクター掛けて、トラック(ミキサー)に流れてからの信号ということだね。アナログミキサーだと、ポストフェーダーといったりするね。

POST MIXERってどう使うのって言うと、ボリュームの変化なんかまで含めてほしいときに使う。

ボリュームが下がると同時にリバーブの量も減ってほしいとか。アイデア次第でいろいろできるんちゃうかな。

ボリュームやパンを動かして、それをオーディオにしたりとかね。

パラアウトした場合はPreFXが基本

ドラム音源なんかをパラアウトして、Ableton Live側でPre FXにするのが基本。

なんでって?

パラアウトするというということは、Ableton Live側でボリュームやパン、エフェクトを調整したいってことだよね。そうじゃなかったら、パラアウトしなくてそのままやればいいんだからさ。

だから、Battery4とかAddictive Drums2などの外部音源をAbleton Live側でうける場合はPreFXが基本ということやね。

PUSHとBattery4を使ってパラアウトするときの注意点

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です