Live10のアップデートでAbletonPUSH2での音選びが楽勝。日本語もOK



Live10のアップデートでAbletonPUSH2での音選びが楽勝。日本語もOK

Ableton Live10がアップデートされて、TLも大賑わいですね。5年ぶりのアップグレードなので、大喜びですよね。

今回、PUSHのアップデートで嬉しかったのが、ブラウザの強化です。

音選びとか、ループ選びって時間がかかりませんか?

大幅な時間短縮

Ableton PUSH2で弱点だったのは、音を決めるのに時間が掛かるところ。ドラムの音源なんか膨大な量なので、聞いてるだけでも時間がかかりすぎますよね。

私は大体作ろうとおもってループを聞いている間に、脳筋なのでフィンガードラミング始めたり、演奏して終わってしまいます。

そんなアホな私でも前もってよく使うループや音色、エフェクトなどを登録しておけば作業効率は上がるはずです。お気に入りに登録は強力です!

実際、これ、仕事があったりする人には特に嬉しいですよね!時間がなくても、毎日音楽を続けるのに少しだけでもループやエフェクト、VSTなどを登録しておけば、いざという時すぐに使えますものね。

テンプレート登録と、お気に入りに登録しておくだけでもかなりの時短になると思います。

ショートカットキーも役に立ちますね。お気に入りの番号登録は1から6です。

Live10 新ショートカットキーです。アレンジメントビュー中心。Sonic Bloomさんの紹介と公式の紹介

また、懲りずに低品質画像をつくってみました。ローレゾ?雰囲気が伝わると良いのですが。

便利なのが日本語も使える点です。私は楽器やエフェクトにわけてますけど、いろんな使い方があると思います。

一時置き場みたいなものも作っても面白いかなと思いました。

これ、私の環境だとβ版では作動しなかったんです。製品版になって、ちゃんと動いていて感動しました。Live10はCaptureも時短になるし、Ableton PUSH2と組み合わせるとますますはかどりますね。

AbletonLive10レビュー 使ってみたらCaptureは時短の切り札とわかった。

なにか面白い使い方あったら教えてください。本当にAbleton PUSH面白いです。

Live10もAbleton PUSH2も楽しいですね!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です