PUSH勉強会49回目



PUSH勉強会49回目

PUSH勉強会の49回目をMeguさん(@CymaSonic0 )と行ったよ。

2019年37回目。

2019年の目標が50回なので、進捗率74%

あと13回で目標達成。9月までにはいろいろ片付けたい。

前回からちょっとやり方を工夫して、ファイルを共有するようにした。

エフェクトの設定とか、音域を見ていく必要も出てきたからね。楽器ごとの音域なんかはファイル共有してあれば、こっちで変化させるのも楽だしね。

MEGuさんとの前回の勉強会の記事はこちら

PUSH勉強会48回目

ノン・ダイアトニックのコードをやったから、あとは、特殊なコードとしては、ディミニッシュ。

ホールトーンに関しては超モダンな使い方もあるけど、コンテンポラリーなやつやるんじゃなかったら、さらっとやってもいいかな。

もうハーモニーとしては後半戦だね。

次回からは、分析のための方法論にはいっていくから、半年あればハーモニーとスケール、基本的な譜読み、ドラムなどの他の楽器の理解、PUSHとAbleton Liveの使い方は学べる。

Ableton PUSH2は音楽を学ぶのに向いてるな。

MEGuさんが熱心ということが一番大きい。学ぼうとする姿勢がある人はワシの仲間や。

やったこと

  • コード・トーンがベースに来る分数コード
  • コード・トーン以外がベースに来る分数コード
  • ボイス・リーディングの一環として考える
  • もとのコードに戻して考える
  • sus4系の場合、3度を弾かないミクソリディアンとして考える
  • コンプレッサーとは
  • thresholdとは
  • Ratioとは
  • Attackとは
  • releaseとは
  • サイドチェインとは
  • サイドチェイン・コンプレッサー
  • サイドチェイン専用トラックを作る意味
  • サイドチェインの設定方法
  • サイドチェイン専用のトラックのキックの音色も大事
  • 音色を作る意味でのサイドチェイン・コンプレッサーの使い方
  • ベースとキックがぶつからないようにするサイドチェインの例
  • 7連符を使った、今風のなまらせ方実例
  • 32ノートシーケンサーを使った、高速打ち込み
  • 始点を意識する
  • 打ち込み実習
  • R+5を使ったベースラインを適用
  • ノン・ダイアトニックコードがある場合のメロディのアプローチ

結構やってるね…

Ableton LIVEでサイドチェインを掛けるやり方

わかったこと

ルーティングなんかは、やっぱり実際に画面共有してやってみないとわからないし、実際の例を聞いてもらわないとわからない。

ミキサーの知識がないと、PreとかPostってずらっと並んだらわかりにくいよね。

もちろん、動画でも理解できる部分はたくさんあると思うけれど、実際に見て、聞いてもらったら理解してもらいやすい。

MEGuさんの場合は、かなりハーモニーや読譜という方向に力を入れてきたけど、どっちかだけでもバランスが良くないからね。

自分が望むのは、その人がやりたい音楽を作ることが出来るようになること。

無理なく音楽を作ることが出来る人が増えることや。

Ableton PUSHは良く出来てると思う。譜面ベースで考えることにも使えるし、もちろん、エフェクトなどサウンドデザインもできる。

譜面を読むのが難しくても、PUSHの32ノートシーケンサーやメロディック・シーケンサーを使えば、音価の理解は用意になるだろうし。

ちょっとでもAbleton PUSH使って、無理なく音楽を出来る人が増えたら嬉しいな!

created by Rinker
Ableton
¥96,800 (2019/04/24 21:09:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,132 (2019/04/25 12:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

『ギターで覚える音楽理論』は本当に良く出来てると思う。ギターで学ぶのいいけど、PUSHで学ぶのにも一番オススメできる。

ギターで覚える音楽理論 養父 貴

これも大活躍。ベースラインを検証する時にここから使ったりしている。

かっこいいコード進行108 篠田元一

今は学ぶためにすごくいいものがあるけど、おそらくそれにどうアクセスすればいいかわからないのが、音楽を続けていくコストになるんだと思う。

なんとか、ちょっとでも道筋をつけられたら嬉しい。どこまで出来るかわからんけど、頑張るわ。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です