押して覚えるコードとスケール

スポンサーリンク
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール ブルースピアノ的奏法

押して覚えるコードとスケール ブルースピアノ的奏法 自分はブルース大好きなんやよね。 プロフェッサー・ロングヘアはアイドルやし、オーティス・スパン、メンフィス・スリムという人たちも大好き。 タッツ・ワシントンも大好きや。アイク...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 一発もののファンクの7thコード上でアドリブする時のアイデア

押して覚えるコードとスケール 一発もののファンクの7thコード上でアドリブする時のアイデア 今回はコンビネーション・オブ・ディミニッシュスケールとノートリピートを活用して、ベーシストがソロを取る場面を想定してやってみた。パッドフレンズの中...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 9thコードのフォーム

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 9thコードのフォーム 俯瞰撮影できるスタンドを買ったので、喋ってみたよ。 まあ、まず動画を2つ見てもらおうかな。 ベースはMODO BASS,ギターはS...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 コードをオクターブで弾く

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 コードをオクターブで弾く みんな元気? 今はお盆休みでちょっと時間があるパッドフレンズもいると思うから、ちょっと練習しておくといいこと書いておくね。 凄く単純なん...
Ableton

Ableton PushとMaschine JAMのコードブック 

Ableton PushとMaschine JAMのコードブック 今回は資料編。ルートはCに統一したよ。ダイアグラムは度数で書いたので、コードの作り方もわかるんちゃうかな。 このコードのダイアグラムは、4度のクロマチックで書い...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 実践編 パラディドル奏法

押して覚えるコードとスケール 実践編 パラディドル奏法 暑いな。みんな、元気? 今日はちょっとだけでも体を動かそうと思ってジムに行こうとしたら、駅につくまでに脱水症状を起こしそうになってこの世とおさらばじゃないかと思ったよ… ...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール Isomorphic modeと4度のクロマチックのメリットとデメリット

押して覚えるコードとスケール Isomorphic modeと4度のクロマチックのメリットとデメリット 暑いな。ちょっと仕事が落ち着くはずやったんやけど、出張がまた入ってエライわ。まあ新幹線の移動やからガンガン記事は書けるからええといえば...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 動画について

押して覚えるコードとスケール 動画について ようやく録画できる体制が出来たので、今後はブログだけではわかりにくいところや、操作を実際に示したほうがわかりやすいものはどんどん動画に撮っていくことにするわ。 で、いろいろ考えたんやけど一...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール PUSH2の運指ルール

PUSH2の運指ルール さ、前回は度数の考え方を説明した。今回はクロマチックの運指方法を考えよう。これを理解することでPUSHでメロディ、コードを弾く時のポジション選択が体系的にできるようになる では、見ていこう。 こ...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 度数で覚える意味と練習の仕方

度数で覚える意味 度数で覚える意味はなにか説明しておいたほうがええよね。簡単に言えば応用がきくということやよね。 これは例えばCのトライアドをGトライアドに変えたらどうなるか。 音名で覚えていたら、C,E,Gが、G,B,Dにな...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 度数の視覚的な覚え方とフィンガリング

PUSHのクロマチックの配列と度数の視覚的な覚え方 さ、ではとにかくフィンガーボードの音名を覚えていくことがAbleton PUSH2を楽器として使うことが第一段階やな。 この講座ではクロマチックモードの4度の配列でやっていくわけや...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 番外編 今まで練習してきたことを整理

書くべきことの膨大さと今までの資料の多さみてちょっとどうしたものかと思っとんやけど、まず書けるところから書いていくね。 今日はとりあえず、自分が考えてきたことを書いてみるね。多分、考えたことない人にはこれだけでも時間短縮できると思う...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 第2回 4度のクロマチックモードを使う理由

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックモードを使う理由 これ、一番PUSHで面白いと思うんやけど、意外に使ってる人いないんだよね。 JNTHN STEINさん(@JNTHNSTEIN)や、日本だと瀬戸さん(@egur...
押して覚えるコードとスケール

押して覚える コードとスケール PUSHとMaschine Jamでコードを弾こう

新コーナー。「叩いて覚える」シリーズに引き続いて、「押して覚えるコードとスケール」シリーズや。 押して覚えるコードとスケールシリーズは、Ableton PUSHとMaschine Jamを対象にしてやってく。配列はどっちでもつかえるよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました