押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 押して覚えるコードとスケール

スケールやコードの理解は、64パッドなら簡単です。
コードの弾き方、コード進行などの記事も。
64パッドのLaunchPad,AKAI FORCE,Maschine JAMでも考え方は使えます。

こちらに、コードを覚えるときの動画などをまとめてあります。

スポンサーリンク
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール ダイアトニックの4和音以外のコード

押して覚えるコードとスケール ダイアトニックの4和音以外のコード 今回は、メジャー、マイナーのダイアトニック以外のコードを取り上げるね。 ダイアトニック・コードはそのスケールの中だけで出来たコード。 コードというのはスケールを...
押して覚えるコードとスケール

コードチェンジを描くメロディ 7度から3度に解決

コードチェンジを描くメロディ 7度から3度に解決 今回の記事はMEGuさん、それと、クニチアさん、カバさん、マルさん、コメントくださったBahonaさんやろうか。Takeshi Can't Stop Samplingさんにも役に立つかな。...
押して覚えるコードとスケール

パッシングコードを使って遊ぼう 

パッシングコードを使って遊ぼう 今回の記事は、カバさんとMEGuさんに向けた記事だね。 パッシングコードというのは、コードとコードを繋げるために使うコードのこと。 例えば、C-Fというコード進行があったとする。それに、コードを...
押して覚えるコードとスケール

R+3度にトライアドを加えてテンションコードを作ろう

R+3度にトライアドを加えてテンションコードを作ろう PUSHフレンドのクニチアさん向けた記事第2段。 PUSHで基本的なコードを弾くときの考え方であるんで、コードって難しくて弾くのも大変と思っている人には役に立つはずや。 ト...
押して覚えるコードとスケール

1-7-3,1-3-7パターンから作るボイシング 基本形

173 137パターンから作るボイシング 今回の記事は、PUSHフレンドのクニチアさんへの記事やな… これ、テンションコードを弾くときや、ボイス・リーディングを考えるときにも役に立つのでまとめました。実際、今までの記事の中でもとりあ...
押して覚えるコードとスケール

転回形を覚えるメリット

転回形を覚えるメリット 転回形を覚えるメリットはいろいろある。といってもなかなかイメージできないよね。 なので動画を作っておいたよ。またあとでアップするね… Ableton PUSH2で弾くのが難しい物でも転回形を使えば演...
押して覚えるコードとスケール

コードを分解して覚える重要性 全音下のハーフディミニッシュを使おう

コードを分解して覚える重要性 全音下のハーフディミニッシュを使おう 前回の記事と考え方は同じ。 動画みてもらったらわかると思う。 Ⅱm7(b5)-V7(b9,b13)-Im7 今回は、マイナーの場合のボイシングを...
押して覚えるコードとスケール

コードを分解して覚える重要性 ドミナント7thのテンションを全音下の4和音の組み合わせで作る

コードを分解して覚える重要性 ドミナント7thのテンションを全音下の4和音の組み合わせで作る 勉強会やってきて、ちょっとコードワークの整理もしておいたほうが良いと思ったので書いておく。 インプロの基礎にもなるところだし、さっとテンシ...
押して覚えるコードとスケール

PUSHでコードを分解して覚える重要性 

PUSHでコードを分解して覚える重要性 PUSH勉強会では『ギターで覚える音楽理論』を使ってコードやスケールを勉強している。 Ableton PUSH2でコードを弾くときは、特に、コードを分解して覚える必要があるという話。 右手と...
押して覚えるコードとスケール

Scalerを使ってAbletonPUSHでコードを覚える方法

Scalerを使ってAbletonPUSHでコードを覚える方法 ScalerはPlugin Boutiqueから出ているコード進行やスケールの支援ソフト。 イメージとしてはMaschineのコードセットみたいなものと思えばえ...
押して覚えるコードとスケール

Ableton PUSHでアボイドノートを把握するのは楽勝

Ableton PUSHならアボイドノードを把握するのは楽勝 アボイド・ノートは、避けるべき音という意味で、実際にはアボイド・ノートでも積極的に活用しているのは、実際例だとたくさんある。 ブルージーなアプローチするケニー・バレルとか...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドの第2転回形を弾こう

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドの第2転回形を弾こう 今回は第2転回形。 前回ちょっと動画で上げたように、ゴスペルやソウルみたいなのはものすごくたくさんのトライアドが入っていたりするんやね。 様々な...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドの第一転回形を弾こう

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドの第一転回形を弾こう パッドフレンドMEGuさんに、コードを弾けるように好きな曲をいろいろ弾いて覚えてくださいと言ったんだけど、分数コードが出てきて、戸惑ったみたいやな。 ...
押して覚えるコードとスケール

それでも4度のクロマチックモードを勧める理由

それでも4度のクロマチックモードを勧める理由 LaunchPadやMaschine Jam、AKAI FORCEと言った64パッドで4度のクロマチックモードが使えることが浸透してきたのかな。 AKAI FORCEはギターモードっての...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックで4和音を弾こう

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックで4和音を弾こう MEGuさんの勉強会の進度に合わせて、4度のクロマチックのコードやスケールについてきっちりまとめておこうと思う気持ちが強くなった。 まあ、いろいろ意図があるかも...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドを弾こう 

押して覚えるコードとスケール 4度のクロマチックでトライアドを弾こう ここのところMEGuさんとPUSH勉強会やっていて、やっぱり4度のクロマチックのコードブックはしっかり作っておくかと思った。 PUSHのコードについて、一つのポジ...
押して覚えるコードとスケール

ディミニッシュ7thから、さまざまなコードを導き出す方法

ディミニッシュ7thから、さまざまなコードを導き出す方法 今日はアドリブの基礎となるコードの把握やポジション把握に役立つ方法についてはなすね。 言ってることはかなり高度なことだけど、これ1ヶ月掛けて完璧にマスターしたら、いろいろ広が...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール ブルースピアノ的奏法

押して覚えるコードとスケール ブルースピアノ的奏法 自分はブルース大好きなんやよね。 プロフェッサー・ロングヘアはアイドルやし、オーティス・スパン、メンフィス・スリムという人たちも大好き。 タッツ・ワシントンも大好きや。アイク...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 一発もののファンクの7thコード上でアドリブする時のアイデア

押して覚えるコードとスケール 一発もののファンクの7thコード上でアドリブする時のアイデア 今回はコンビネーション・オブ・ディミニッシュスケールとノートリピートを活用して、ベーシストがソロを取る場面を想定してやってみた。パッドフレンズの中...
押して覚えるコードとスケール

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 9thコードのフォーム

押して覚えるコードとスケール 両手を使って演奏するための考え方 9thコードのフォーム 俯瞰撮影できるスタンドを買ったので、喋ってみたよ。 まあ、まず動画を2つ見てもらおうかな。 ベースはMODO BASS,ギターはS...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました